FANDOM


レミー (Lemmy Koopa) は、任天堂が発売したコンピュータゲームソフトのシリーズ、マリオシリーズに出てくる架空のキャラクター。クッパの子供、コクッパ7人衆の一人。

概要 編集

レインボーなモヒカンと青い甲羅(スーパーマリオワールドでは黄色)が特徴。一番小柄なコクッパ。外見はイギーに似ているが、斜視の焦点が合っていない。運動神経がいいらしく、『スーパーマリオブラザーズ3』では、玉に乗りながら攻撃を仕掛けてくる。ひょうきん者で、毎回独特な方法で戦いを挑んでくる。『New スーパーマリオブラザーズ Wii』の砦で出会う時、高めの声で「はぁっ!?」と聞こえる奇声を発し、すぐに玉の上で片手立ちなどを披露する。倒した後も、他のコクッパと違い、負けているにも関わらず高めのテンションで退場する。

スーパーマリオブラザーズ3』(1988年)で初登場。ワールド6、氷の国のボス。前述のように玉乗りをしており、ジャンプは一切しない。また、杖からビームを出してくることもない。そのかわり、大きくバウンドする玉を最大3つ放出してくる。その玉は踏むことはできるが、レミーを倒すまで消えることはない。3つの玉をかわしながら、時々突進してくるレミーと戦うこととなる。 『スーパーマリオワールド』(1990年)では3面「バニラドーム」のボスとして登場。7個の土管があり、そのうち3つの土管からランダムにレミーが登場する。本物は1体だけで、他の2つから出たものは偽者である。本物を3回踏めば勝ちとなる。フィールド上にはバブルに似た火の玉が浮遊している(動きはランダムではなく、直線的に動き、天井や壁にぶつかると光が反射するように折り返して進む)。『ヨッシーのロードハンティング』(1993年)では、1面「草原コース」のボス。レミー自身の姿を模したロボットで襲い掛かってくる。攻撃は弾のみ。

久しぶりに登場する『マリオ&ルイージRPG』(2003年)では、クッパ城の中ボスで、コクッパの3番手として登場。まずは、レミーが4体に分身して、本物を当てるミニゲームをする。本物を当てると泣きだし、戦闘開始。技はモートンより近い位置からの炎と分身。分身はさっきのミニゲーム同様4体分身する。その中に、1匹だけ動きがずれているのが本体(偽者はクリボー)。攻撃技が一つしかないので、大して強敵ではない。感情表現はあるが、セリフはない。

New スーパーマリオブラザーズ Wii』(2009年)では、W3の砦と城のボス。やはり玉に乗っている。レミー自身に触れない限りダメージを受けることはないが、玉によって両端の穴に落とされる。城の時は、乗っている玉がカメックによって巨大化し、レミーの出す玉に乗らないと踏むことができない。何かに乗って高く飛ぶという初心者には少し難しいテクニックを求められ、人によってはW7のルドウィッグよりも強敵とされる。

米アニメでは、Hip Koopa(ヒップ・クッパ)の名で登場。Hop Koopa(イギー)とは双子で、コクッパ兄弟の中では下のほうである。ちなみに、このアニメのレミーは目の焦点は合っている。『スーパースコープ6』にゲスト出演しており、ロケットに乗って、マリオを追いかけている。

登場作品 編集

モートン同様、『マリオ イズ ミッシング!』(日本未発売)には登場してない。

テンプレート:Video-game-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki