FANDOM


Dddfaa95.png

ルドウィッグ (Ludwig von Koopa) は、任天堂が発売したコンピュータゲームソフトのシリーズ、マリオシリーズに出てくる架空のキャラクター。クッパの子供、コクッパ7人衆の一人。

概要 編集

青いロングヘアーで出っ歯が1本あるのが特徴。甲羅の色は緑色(『スーパーマリオワールド』では黄色New スーパーマリオブラザーズ Wii』では青色)。長男であるらしい。コクッパ7人衆のリーダー的存在で、コクッパ中最強と言われている。ただし、『ヨッシーのロードハンティング』を見る限りメカの操縦は苦手らしい。正々堂々と勝負を挑んでくることが多く、対戦ステージにはこれといった悪質な仕掛けをしていないことが多い。ややナマイキな性格でもあるらしく、『New スーパーマリオブラザーズ Wii』ではマリオたちを見るや嘲笑 (含み笑い?) をしてくる。

スーパーマリオブラザーズ3』(1988年)では、ワールド7、土管の国のボス。ロイと同様、ジャンプの着地時に地震を起こしてマリオの動きを止め、その隙にビームで攻撃するというパターンだった。『スーパーマリオワールド』(1990年)では4面「せんべい山」のボスとして登場。炎を4回吐くかマリオに踏まれると甲羅に入った状態になり、その後大きくジャンプし、再び炎を吐く。「ワールド」のコクッパは、イギーラリーのように、同じ戦法をとるコクッパがいる中、唯一ルドウィッグは被っていない。『ヨッシーのロードハンティング』(1993年)では、2面「キノココース」のボスとして登場。最初は亀型ロボットで襲い掛かってくるが、攻撃は弾のみ。次に人型に変形し、ロケットパンチをしてくる。

久しぶりに登場する『マリオ&ルイージRPG』(2003年)では、クッパ城の中ボスで、コクッパの4番手として登場。まずは、彼の甲羅アタックを避けるミニゲームをする。その後、戦闘となる。技はイギーと同じ回転攻撃・炎・甲羅アタック。炎と回転攻撃はイギー同様。甲羅アタックは。ブーメラン状に戻ってくるものと、横から攻撃してくるパターンがある。これを2~3回繰り返して攻撃してくる。

New スーパーマリオブラザーズ Wii』(2009年)ではW7の砦と城のボスとして登場。砦のときは杖からマリオを追跡する弾を放ってくる。また、ヨッシーのようにふんばりジャンプをし、しばらくして急降下するが着地時の地震攻撃はなくなった(ワールドでも地震はない)。城のときはカメックの魔力により足場がブロック床から3つのリフトに変わり、ここでもふんばりジャンプを使う。杖から放つ弾も一気に四つになり、扇状に広がる。踏むたびに使ってくる甲羅アタックは別のリフトに乗り換えられれば怖くない。

フェイントを仕掛ける、バック宙をする、ふんばりジャンプをするなど、コクッパの中ではレミーと同党か、それ以上に身軽である。

米アニメでは、Kooky Von Koopa(クーキー・ヴォン・クッパ)の名で登場。名前の通り声がおかしく、マッドサイエンティストである。

登場作品 編集

テンプレート:Video-game-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki