FANDOM


ラリー (Larry Koopa) は、任天堂が発売したコンピュータゲームソフトのシリーズ、マリオシリーズに出てくる架空のキャラクター。クッパの子供、コクッパ7人衆の一人。

概要 編集

青いモヒカンに、緑の甲羅。が4本あるのが特徴(New スーパーマリオブラザーズ Wiiでは2本)。七人の中で末っ子らしい。怒りっぽい性格らしく、NewスーパーマリオブラザーズWiiの砦で出会った時やマリオ&ルイージRPGのテニスで負けた時にそのような感情表現がある。

スーパーマリオブラザーズ3』(1988年)に初登場。ワールド1、草原の国の王様をに(SFC版、GBA版ではコブラ)変えていた。マリオとは、飛行船で対決する。しかし、1面のボスのためなのか弱く、攻撃はビームとジャンプのみ。甲羅から頭を出しているときに3回踏むと逃走する。『スーパーマリオワールド』(1990年)では、一気に7面「魔王クッパの谷」のボスに昇格。溶岩から、バブルが3匹も出てくるので危険。しかし、ラリーの攻撃は1面のイギーと同様のため、ほぼ同じ方法で倒すことができる。

久しぶりに登場する『マリオ&ルイージRPG』(2003年)では、クッパ城の中ボスでコクッパの7番手として登場。最初はミニゲームでたるに入れられたルイージとテニスをする。その後戦闘。体力が無いが、防御力は高い。攻撃はイギーに似てるが、炎攻撃が速いのと遅いのがあり、遅いのはラリーもラケットを使って何回か打ち返してくる(彼の名前 (Larry) とテニスのラリー (rally) をかけた駄洒落)。また、この戦いでは時限ボムが仕掛けられており、8ターン以内に倒さないとゲームオーバーになってしまう。他にイギーとルドウィッグ同様の回転攻撃をしてくる。

New スーパーマリオブラザーズ Wii』(2009年)では、W1の砦及び城のボス。『マリオ3』と同じく杖を使って攻撃するほか、甲羅に潜って体当たり攻撃をする。城では、カメックの魔法によって、足場が動く状態で戦う。

米アニメでは、Cheatsy Koopa(チーツィ・クッパ)の名で登場。

登場作品 編集

テンプレート:Video-game-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki