FANDOM


メカクッパ (Mecha-Koopa) は、任天堂が発売したコンピュータゲームソフトのシリーズ、マリオシリーズに出てくる架空のキャラクター。

概要 編集

スーパーマリオワールド』に登場するクッパ型のロボットゼンマイ仕掛けの簡素な造りで、踏むと一時的に動きが止まり、持ち運ぶ事が出来た。クッパ戦ではこれを使って攻撃する。

スーパーマリオRPG』に登場したときは『スーパーマリオワールド』に登場したものと比べ物にならないほど大きく、クッパが魔法「メカクッパプレス」を唱えることで戦闘に登場し、敵全体を敵を踏みつけて去っていく。近年では火炎放射機能が追加されていたり、『マリオパーティ アドバンス』にて法則(メカクッパの法則)を見つけ出すほどの高性能な頭脳を持っていたりと高性能になっている。最近のシリーズでは『スーパーマリオサンシャイン』のメカクッパとの差別化を図る為なのか、ミニメカクッパと呼ばれることもある。

派生型 編集

クッパ石像
スーパーマリオブラザーズ3』『スーパーマリオワールド』に登場するクッパの形をしたトラップ。
3ではマリオが近寄ると口からレーザーを発射し、ワールドでは口から直線状に火炎を吐くタイプと意思を持ってマリオに突っ込んでくるタイプの2種類がいる。
メタルクッパ (アイアンクッパ)

クッパ (ゲームキャラクター)#アイアンクッパ(メタルクッパ)」を参照

クッパ???
マリオストーリー』のボス「ノコブロス」が、マリオを欺く為に作ったロボット。ただし、偽者である事がバレバレなハリボテであり、攻撃も殴るだけしかできない。エンディングでは改良型も登場したが、結局ボムへい達に爆破された。中にはなぜかピーチの絵が貼り付けてあり、まわりを見回しても一切部品らしきものは見当たらない。どういう構造で動いていたのか全くの謎である。
巨大メカクッパ(クッパロボ)
『スーパーマリオサンシャイン』に登場する巨大なロボット。口から炎を吐き、胸からキラーを発射する。また、戦い方が特殊で、ジェットコースターに乗り、3周以内にボトルロケットを3発当てて倒すというものだった。ボトルロケットが命中する度に胴体がだるま落としのように落ちてしまい、かなりもろい。ちなみに気球の脱出ポッドもある。登場シーンの元ネタは『マジンガーZ』である。
マリオテニスGCのミニゲームでメカクッパと共に再登場し、ボムへいやキラー、火炎放射を使いプレイヤーと対決する。テニスボールの代わりに気弾を打ってメカクッパにダメージを与えていくが、耐久力はスーパーマリオサンシャインに登場したときよりも格段に上がっており、難易度次第では苦戦を強いられる。ただし、ボムへいとキラーは跳ね返して大ダメージを与える事が可能。

登場作品 編集

関連項目 編集

テンプレート:Video-game-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki