FANDOM


テンプレート:ネタバレ

マリオパーティ
ジャンル パーティーゲーム
対応機種 NINTENDO64
開発元 ハドソン
シーエイプロダクション
発売元 任天堂
人数 1 - 4人
メディア ロムカセット
発売日 日本の旗1998年12月18日
アメリカ合衆国の旗1999年2月8日
[[image:テンプレート:Country flag alias EU|border|25x20px|テンプレート:Country alias EUの旗]]1999年3月9日
価格 6,090円(税込)
売上本数 82万本
  

マリオパーティ(MARIO PARTY)は、任天堂1998年12月18日NINTENDO64用に発売したゲームソフト。価格は税込6,090円。発売は任天堂が担当だが、開発はハドソンシーエイプロダクションが担当している。略称は「マリパ1」。「初代」とも呼ばれることもある。

BGMはゲームミュージック作曲家として有名な光田康典が全曲作曲している。

概要 編集

「マリオパーティ」はスゴロク式のボードマップとミニゲームが合体した、最大4人で遊べる対戦ゲーム。すべてのマリオパーティシリーズに共通している下記のシステムが作られた、マリオパーティシリーズの第1弾となる作品である。

  • 「サイコロブロック」をたたき出た目だけ進行方向に従ってマスを進む。なお、サイコロブロックの出る目は通常1~10の間。
  • 止まったマスに応じてイベントが発生する。
  • プレイヤー全員が止まったマスの色により、ターンの最後に始まるミニゲームの種類が決まる。
  • マップ上にテレサ等、通過すると発生するイベントがある(但し、今作ではテレサノコノコはオプションやボードマップの状況等によりあり・なしの設定ができる。これについては後述)。
  • マップ上のスターの場所に行き、貯まったコインでスターと交換する。

ただし、「移動中にアイテムを購入する」「移動する前にアイテムを使用する」と言った、ボードマップ上でアイテムを使うというシステムはまだ無かった(アイテムはキノコショップで売っている物をボードマップ内で集めたコインで買う)。その他、マップ上でクッパと遭遇するとクッパイベントが発生したり、スタート地点にノコノコがいて通過時にコインが貰えるなどといった、今作だけのルールもある。他に課題をクリアしながらゴールを目指す1人用ゲーム「ミニゲームアイランド」や、スター獲得のルールがなくひたすらミニゲームで戦い、集めたコインの数を競う「ミニゲームスタジアム」もある。

ストーリー 編集

「誰が1番のスーパースターか」を決めるためにキノコ村を舞台に8つのマップで戦う。

キャラクター 編集

プレイヤー 編集

本作を含みこのシリーズには、他のマリオシリーズ大乱闘スマッシュブラザーズシリーズなどによく見られるキャラクターの性能差は存在しない。キャラクターについての詳細は該当事項を参照。

ガイド・イベントキャラ 編集

キノピオ
キノコむらの案内・ボードゲームの設定・スターとコインの交換・ミニゲームの説明など、様々な場面で登場する。
ノコノコ
各マップのガイド役として登場する。ただし「えいえんのスター」では、クッパに弾き飛ばされてしまうので登場しない。しかし、結果発表時にはなぜか何事もなかったかのように定位置にいる。
テレサ
ボードマップ中に登場し、他のプレイヤーからコインやスターを奪ってきてくれる。スターは50コインで奪ってきてくれるが、今作のみコインは無料で奪ってきてくれる(マリオパーティ2からは5コイン必要)。
クッパ
ボードマップ中や、「クッパマス」に止まったときに登場し、プレイヤー達の邪魔をしてくる。
ミニクッパ
クッパの分身。「えいえんのスター」で登場し、スターの交換などをしてくれる。
キノバーグ
頭部が赤色で、白色の斑点が付いているおばあさんのキノピオ。「ミニゲームハウス」で、ミニゲームを売ってくれる。
キノスター
頭部が黄土色で若干太り気味のキノピオで、斑点の代わりにスターの模様が付いているものとコインの模様が付いているものの2人がいる。2人とも「キノコバンク」におり、キノコショップで購入したアイテムと、ボードゲームで集めたスター・コインを保管している。
キノルド
頭部が緑色で、白色の斑点が付いているキノピオ。「オプションハウス」におり、セーブデータを消去してくれる。
バッタン
「ドンキーのジャングルアドベンチャー」で登場し、分岐点の道をふさぐ。
クリボー
「ピーチのバースデーケーキ」で登場し、コインを払うと「イチゴ」の種を植えてくれる。
パックンフラワー
「ピーチのバースデーケーキ」で「イチゴ」として登場する。
ドッスン
「ヨッシーのトロピカルアイランド」で登場し、橋をふさぐ。
プクプク
「ヨッシーのトロピカルアイランド」で登場し、キノピオとクッパの位置を入れ換える。
ボムへい
「ワリオのバトルキャニオン」で登場し、赤軍と黒軍に分かれて戦争をしている。
プロペラヘイホー
「ワリオのバトルキャニオン」で登場し、クッパのいるエリアまで連れて行ってくれる。
ピスドン
「ルイージのエンジンルーム」で登場し、20コインで壁の開け閉めをしてもらえる。
ヒューヒュー
「マリオのレインボーキャッスル」で城の近くに登場する。
ジュゲム
「マリオのレインボーキャッスル」で登場し、スタート地点まで運んでくれる。
ズター
「マリオのレインボーキャッスル」で、スターの偽物としてクッパから40コインで押し売りされる。

その他 編集

バッタブロック
4人用ミニゲーム「ブロックやまくずし」で登場する箱のキャラクター。壊そうとすると飛び跳ねる。
かいぞくヘイホー
4人用ミニゲーム「はたあげヘイホー」で登場する。
トゲロー
4人用ミニゲーム「キー!KEY!キープ!」で登場する。
ガスボステレサ
4人用ミニゲーム「てらせ!テレサのやかた」で登場する巨大なガス状のテレサ。コースの後ろから襲ってくる。
ボブル
4人用ミニゲーム「なわなわピョンピョン」で登場する。
ハンマーブロス
4人用ミニゲーム「ぎぶみーハンマーブロス」で登場する。
ヤリホー
1vs3ミニゲーム「マリオボート」で登場する。

ゲームモード 編集

はじめに「キノコむら」でプレイするゲームを選択する。以下の施設から遊びたいものを選ぶ。

ワープドカン
1人~4人でボードゲームをプレイできる。ルールの説明も見ることができる。
ミニゲームハウス
ボードゲームでプレイしたことのあるミニゲームを、コインを払って購入できる。購入したミニゲームはここで自由にプレイができる。また、集めたコイン数を競うボードゲーム「ミニゲームスタジアム」もプレイできる。
ミニゲームアイランド
イカダを選ぶと行くことができる、1人用のモード。指定された条件でミニゲームをクリアしていき、ゴールを目指す。
キノコショップ
コインを払っていろいろなアイテムを購入できる。アイテムについては後述。
キノコバンク
これまで集めたスター・コイン・アイテムが保管されている銀行。ボードゲームで使われるアイテムは、ここで使用するかしないかの設定ができる。
オプションハウス
ステレオ・モノラルの切り替えやBGMの試聴などができる。

アイテム 編集

アイテムはこの作品だけ、キノコむらの「キノコショップ」で売られている物をボードゲームで集めたコインで購入する。購入したアイテムは一部を除き、自動的にキノコバンクに保管される。また、キノコむらやその建物内でスタートボタンを押すと、購入したアイテムの一覧が確認できる(キノコバンクにしまわれているものは黒字、ボードマップで使用中のものは指のアイコンが付く)。一部のアイテムは、ある条件をクリアしないと購入できない。

ボードゲーム用 編集

ボードゲーム中に効果が出る。キノコバンク内で、ボードゲームで各アイテムを使用するかしないかを設定できる。

  • プラスブロック - 200コイン
    青色のサイコロブロック。最初から購入可能。設定を使うにすると、サイコロブロックを叩く時にたまに出現し、出た目と同じ数のコインがもらえる。
  • マイナスブロック - 100コイン
    赤色のサイコロブロック。最初から購入可能。設定を使うにすると、サイコロブロックを叩く時にたまに出現し、出た目と同じ数のコインが取られる。
  • スピードブロック - 200コイン
    緑色のサイコロブロック。最初から購入可能。設定を使うにすると、サイコロブロックを叩く時にたまに出現し、8~10しか出ないサイコロブロックを1回叩ける。
  • スローブロック - 100コイン
    黄色のサイコロブロック。最初から購入可能。設定を使うにすると、サイコロブロックを叩く時にたまに出現し、1~3しか出ないサイコロブロックを1回叩ける。
  • ワープブロック - 200コイン
    各面に「?」と書かれた虹色のブロック。最初から購入可能。設定を使うにすると、サイコロブロックを叩く時にたまに出現し、他のキャラクターと場所が入れ替わる。入れ替わった後は行動できない。
  • よびだしブロック - 200コイン
    各面に「?」と書かれた茶色いブロック。最初から購入可能。マスに止まった後にたまに出現し、テレサ・ノコノコ・クッパのいずれかがランダムで現れる。ノコノコが現れると20コインのボーナスだが、クッパが出現すると20コインマイナス(19枚以下の時はある分だけ)となる。
  • ノコノコいらず - 500コイン
    ある条件をクリアすると購入できるようになる。
    設定を使うにすると、マップにノコノコが現れなくなり、『マリオパーティ2』以降のボードゲームのルールとほぼ同じ互換性が再現できる。ただし、「えいえんのスター」では元々出てこないので効果はない。
  • テレサいらず - 500コイン
    ある条件をクリアすると購入できるようになる。
    設定を使うにすると、マップにテレサが現れなくなる。ただし、「ピーチのバースデーケーキ」では元々出てこないので効果はない。

その他 編集

  • ぜんまいヘイホー - 100コイン
    最初から購入可能。買うとミニゲームハウスに設置され、使うと10秒間の3Dスティックの回転数を測ることができる。なお、任天堂公式記録は「68回転」。コントローラーに強い負担がかかり、故障の原因となることも多い。
  • レコード - 50コイン
    最初から購入可能。買うとオプションハウスに設置され、ゲームに使われているBGMを試聴することができる。
  • ものまねオウム - 50コイン
    最初から購入可能。買うとオプションハウスに設置され、ゲームに使われているキャラクターボイスをランダムで試聴することができる。
  • ラッキーボックス - 400コイン
    最初から購入可能。ボードゲーム終了時にもらえるコインの枚数が10%分多くなる。
  • カジノボックス - 300コイン
    最初から購入可能。ボードゲーム終了時、ルーレットでもらえるコインの枚数が2倍、そのまま、半分のいずれかに変化する。

※貯金箱は、コインボックス・ラッキーボックス・カジノボックスのいずれか1つしか使用できない。

  • ゲームカプセル - 300コイン
    ミニゲームを30個以上購入すると購入できるようになる。ミニゲームを全て集めると現れなくなる。
    未購入のミニゲームをランダムで取得することができる。
  • マグママウンテン - 980コイン
    ある条件をクリアすると購入できるようになる。
    隠しマップの「クッパのマグママウンテン」がプレイできるようになる。
  • スタッフロール - 100コイン
    ある条件をクリアすると、購入できるようになる。
    スタッフロールが見られるようになる。

ボードゲーム 編集

キノコむらの「ワープドカン」を選ぶとボードゲームをプレイすることができる。ワープドカン内で「参加人数」「使用するキャラ」「COMプレイヤーの強さ」「プレイするボードマップ」「ターン数(20・35・50のいずれか)」を設定する。ボードマップに着くとノコノコからガイドを受けて、全員でサイコロブロックを叩き出た目の大きい順でターンの順番を決める。その後、ノコノコから10コインをもらいスターの位置を確認してからゲームスタートとなる。

ゲームのながれ 編集

4人のプレイヤーが順番に1~10の目が出る「サイコロブロック」を叩き、出た目だけマップの進行方向に従ってマスを進む。移動が終わると止まったマスに応じてイベントが発生する。なお、サイコロブロックを叩く前にBボタンで拡大マップ、Rボタンでマップ全体を確認することができる。4人全員の移動が終わるとミニゲームが始まり、ミニゲームで勝利するとコインがもらえたり、場合によっては負けたプレイヤーからコインを奪うことができる。プレイするミニゲームの種類は「プレイヤーパネル」の色(止まったマスの色)によって決まり、「?マス」に止まった場合はランダムで青か赤に色が変わる。

この「4人が移動してミニゲームが終了する」までの流れを「1ターン」とし、設定したターン数だけゲームが続く。また、残り5ターンになると途中経過をノコノコが発表し、その後以下のようなルールが追加される。

  • 「青マス」「赤マス」のコインの増減が2倍になる。
  • ノコノコからもらえるボーナスのコインが2倍(20コイン)になる。

3賞・結果発表 編集

設定したターン数が全て終了すると結果発表の前に「3賞」が発表され、各賞に受賞するとスターを1個もらえる。3賞の内容は以下の通り。

ミニゲームスター
ミニゲームでコインを一番多く稼いだプレイヤー。
コインスター
コインを一番多く持っていた時のコイン数が、一番多いプレイヤー。
ハプニングスター
「?マス」に一番多く止まったプレイヤー。

そして、最後にスターを一番多く持っていたプレイヤーが1位となり「スーパースター」が決定する(スターの数が同じプレイヤーがいた場合は、コインの数が多い方が上の順位となる。スターもコインも同じ数の場合は、そのプレイヤー同士でサイコロブロックを同時に叩き、大きい目を出したプレイヤーが上の順位となる)。

最終結果の画面でSTARTボタンを押すと、各プレイヤーのスターの数・コインの数・ミニゲームでのコイン獲得数・最大コイン所持数・各マスの止まった回数などの詳しい成績を見ることができる。その後、貯金箱にゲーム中に集めたスター・コインが回収される。ただし、COMプレイヤーが集めたものは貯金箱には回収されない。なお、貯金箱に回収されたコインはキノコむらの「ミニゲームハウス」や「キノコショップ」で、ミニゲームやアイテムの購入に使用することができる。

マス 編集

ボードマップには以下のようなマスが配置されている。止まったマスに応じてイベントが起こる。

青マス
止まると3コインもらえる青いマス。各マップで一番多く存在する。
赤マス
止まると3コイン取られる赤いマス。
ミニゲームマス(ミニゲーム青マス)
止まると「1人用ミニゲーム」が発生する。
!マス(!青マス)
止まると「チャンスゲーム」が発生する。
?マス
止まるとボードマップごとに色々なイベントが発生する、緑色のマス。
クッパマス(クッパ赤マス)
止まるとクッパが出現し、「クッパイベント」が発生する。コインを1枚以上持っている場合は、次のどれかのイベントがルーレットで選ばれ発生する。
クッパへコインわたし
クッパにコインを奪われてしまう。奪われるコイン数はそのときのターン数によって次のように決まっている。
1~5ターン目:10コイン、6~15ターン目:20コイン、16~30ターン目:30コイン、31~45ターン目:40コイン、46~50ターン目:50コイン。
クッパのチャンスタイム
「チャンスゲーム」が始まる。ただし、「!マス」のイベントとは異なり右側のブロックが固定されていて、誰かがクッパにコインを払うようになっている。
クッパかくめい
4人全員の持っているコインが平均化され、全員同じ枚数にされてしまう。コインの少ない人にとってはお得。
クッパのきもち
クッパマスに止まったプレイヤーが1人側になって、1vs3ミニゲーム「クッパのきもち」をプレイする。しかし、1人側から出たコインは全てクッパが奪うため、3人側は出たコインを取ることはできない。また、1人側がミニゲームでコインを全く奪われなかった場合は、クッパがそのプレイヤーから15コインを奪う。
クッパひゃくめんそう
4人用ミニゲーム「クッパひゃくめんそう」をプレイし、評価点が90点未満になったプレイヤー全員はクッパにコインを奪われる。奪われるコイン数は「クッパへコインわたし」の枚数と同じ。ただし、全員が90点以上となった場合は「クッパマス」に止まったプレイヤーがコインを奪われる。
クッパのつなひき
クッパマスに止まったプレイヤーが1人側になって、1vs3ミニゲーム「つなひきデンジャラス」をプレイし、負けたプレイヤーはクッパにコインを奪われる。奪われるコイン数は「クッパへコインわたし」の枚数と同じ。
クッパふうせん
4人用ミニゲーム「クッパふうせん」をプレイし、負けたプレイヤー3人がクッパにコインを奪われる。奪われるコイン数は「クッパへコインわたし」の枚数と同じ。
100スタープレゼント
1000コインあげる
スターつかみどり
上記の3つのイベントはルーレットで選ばれることは決して無い。いわゆる「うそイベント」である。
ただし、コインを全く持っていないがスターを持っている場合は上記のようなイベントは発生せず、代わりに強制的に手持ちのスター1つを10コインに交換させられてしまう。また、スター・コインを共に全く持っていない場合は、20コインもらえる。
クッパのイベントで全員クリアした際にはクッパマスを踏んだプレイヤーがコインを失うことになる。
クッパミニゲーム後にミニゲームハウスに行くとルールが変わるという小ネタがある。
キノコマス(キノコ青マス)
ルーレットが現れ、「キノコ」が出ると、サイコロブロックが現れもう1回進むことができる。ただし、「毒キノコ」が出た場合次のターンは1回休みとなり、サイコロブロックでの移動ができなくなる(ミニゲームには参加できる)。

マップ上のイベント 編集

マップ上には、以下のような通過するときに発生するイベントも用意されている。これらのイベントが起こる場所を通過しても、残りの移動するマス数はカウントされることは無い。ここでは主なものを記す。

分岐点
ルートの分かれ道。行きたい方向を選び進むことができる。ただし、マップによっては行きたい方向を自由に選べない場合もある。
スター(キノピオ)
通過するときに20コインとスターを交換することができる、ゲームの目的地である。「えいえんのスター」ではミニクッパがスターのやり取りを行う。スターとコインを交換すると、マップによっては別の場所にキノピオが移動することもある。
ノコノコ
スタート地点におり、通過するときに10コインをくれる。「えいえんのスター」には登場しない。
テレサ
通過するときに指定したライバルからスターかコインを奪ってくれる。コインを奪う場合は無料だが、スターを奪う場合は50コインが必要となる。「ピーチのバースデーケーキ」には登場しない。
クッパ
通過しようとしたプレイヤーに、役にたたないモノを押し売りするなど様々な悪行をする。悪行の内容はマップによって異なる。

ボードマップ 編集

ボードマップは全部で8種類あるが、「クッパのマグママウンテン」と「えいえんのスター」は、ある条件をクリアしないとプレイできない。

ドンキーのジャングルアドベンチャー 編集

ジャングルの遺跡のボードマップ。ジャングルの遺跡に隠された秘宝を手に入れることが目的。このマップのキノピオは、誰かが20コインとスターを交換するたびに別の場所に移動する。

  • このボードマップには分岐点が5か所あり、そのうちの3か所の分岐点ではバッタンがどちらかの道をふさいでいる。ふさいでいない道を通った場合、プレイヤーが通った後にその道をバッタンがふさぐ。バッタンがふさいでいる道は、10コイン支払わないと通してもらえない。また、残りの2か所の分岐点では、20コイン以上持っていないと開かないとびらがある。
  • 「?マス」に止まると、マップの右側からが転がってきて、マップ中央で壁にぶつかり、下の方向へ転がっていく。岩の転がるルート上にいるプレイヤーは、マップの下側まで強制的に移動させられてしまう。ただし、ルート上に誰もいない場合は何も起こらない。
  • このボードマップだけ、テレサが2匹いる。また、最短18マスでマップを周回することができ、スタート地点のノコノコからコインをもらうことができるので、コインを稼ぎやすい。
  • クッパに出会うと、何の価値もない「きんメッキのクッパぞう」を10コインで買わされてしまう。コインが足りない場合は全て没収される。ただし、クッパがいる道は、キノピオがいる時だけ通る必要のある道で、普段は出会うことはない。
  • エンディングでは、マップ左上にある遺跡をスターが見つけて、遺跡が開いて秘宝「黄金のバナナ」が手に入る。最下位のプレイヤーは転がる岩に追いかけられる。

ピーチのバースデーケーキ 編集

大きなバースデーケーキのボードマップ。大きなケーキにデコレーションをするのが目的。このマップのキノピオは場所が固定されており、20コインとスターを交換しても場所は変わらない。

  • このマップでは、分岐点は1か所しかない。また、このマップにはテレサは登場しない。
  • コース途中の唯一の分岐点でクリボーに出会い、10コインを払って「フラワーくじ」を引くことになる。1/4の確率で「アタリ」が出て、クッパのいるプリンのケーキを一周するはめになるが、「ハズレ」(確率3/4)が出れば、キノピオのいる方へ進むことができる。また、プリンのケーキから帰って来たときも、もう一度「フラワーくじ」を引かなければならない。
  • 「?マス」に止まるとクリボーが出現し、30コイン支払うとパックンフラワー(クリボーいわく「イチゴ」)を植えてもらえる(30コイン以上持っていない場合は止まっても何も起こらない)。そのマスにライバルが止まると、そのライバルの持つスター1つをパックンフラワーが奪ってきてくれ、自分のものにすることができる。
  • クッパに出会うと、食べられない「クッパケーキ」を20コインで買わされてしまう。コインが足りない場合は全て没収される。
  • エンディングではケーキにろうそくが追加され、立派な誕生日ケーキとなる。最下位のプレイヤーはパックンフラワーに噛み付かれる。
  • ちなみに、このマップのBGMは『スーパーマリオブラザーズ』の地上面の曲のリメイクである。

ヨッシーのトロピカルアイランド 編集

南の島が舞台のボードマップ。渦潮で引き裂かれた恋人同士のヨッシーを助けるのが目的。このマップのキノピオは20コインとスターを交換しても場所は変わらない。

  • ステージが右側のスイカと、左側のメロンの島に分かれている。左側の島にキノピオとノコノコ、右側の島にクッパとテレサがいる。ただし「?マス」に止まると、プクプクがキノピオとクッパの位置を入れ替えてしまう。そのため、どちらに会えるのかを予想することは難しい。
  • ふたつの島を行き来するには中央に架かるを渡る必要がある。ただし、ドッスンが橋をふさいでおり、コインを払わないと通してもらえない。必要なコイン数は、「前のプレイヤーが払ったコイン数より1枚以上多い枚数」となっており、そのため誰かが橋を渡るたびに段々と値上がっていく。
  • クッパに出会うと、使い物にならない「クッパうきわ」を30コインで買わされてしまう。コインが足りない場合は全て没収される。
  • エンディングでは渦潮が消滅し、スターの橋が架かり、ヨッシーのカップルは再び一緒になる。最下位のプレイヤーはプクプクに食べられてしまう。

ワリオのバトルキャニオン 編集

ボムへいの戦場のボードマップ。赤ボムへい対黒ボムへいの戦争を止めるのが目的。このマップのキノピオは、誰かが20コインとスターを交換するたびに別の場所に移動する。

  • このマップは大きく分けて5つの陣地で構成されており、クッパのいる陣地を除く各陣地にいるボムへいに出会うと、大砲として敵の陣地へ強制的に飛ばされる。落下地点のマスはルーレットでランダムに決定され、それぞれ、左下・右下・左上・右上の陣地の順で、大砲で移動をしていく。なお、左下の陣地にはノコノコ、左上の陣地にはテレサ、右上の陣地にはプロペラヘイホー、中央の陣地にはクッパがいる。
  • プロペラヘイホーに10コインを払うと、クッパがいる中央の陣地に連れて行ってくれる(クッパの陣地への移動手段はこの方法のみ)。また、プロペラヘイホーに10コインを払って、他のプレイヤーをプロペラヘイホーのいる場所まで連れてくることもできる。
  • 「?マス」に止まると各陣地の大砲の向きが変わり、陣地の移動順序が逆になる。
  • クッパに出会うと、「ウルトラクッパほう」で別の陣地にランダムで飛ばされ、大砲の使用料として20コインを奪われる。
  • エンディングでは大砲から花火が撃たれ、戦争が終結する。最下位のプレイヤーはウルトラクッパほうで飛ばされる。

ルイージのエンジンルーム 編集

何かの機関室が舞台のボードマップ。エンジンエネルギー不足で動かなくなったため、新たなエネルギーを探し、再び動かすのが目的。このマップのキノピオは、誰かが20コインとスターを交換するたびに別の場所に移動する。

  • マップの5か所の分岐点では、赤と青のトビラがどちらかの道をふさいでおり、1ターン毎にトビラの開閉状態が入れ替わる。
  • マップに2つある「ピスドン」というキャラクターに20コイン支払えば、その場ですべてのトビラの開閉状態を入れ替えてもらう事が出来る。
  • 「?マス」に止まると、すべてのトビラの開閉状態が入れ替わる。しかし、マップ左奥にある「?マス」に止まると、蒸気により奥のルートのマスへ吹き飛ばされてしまう。
  • このマップのテレサは、マップを周回するときに必ず出会う位置にいる。
  • クッパに出会うと、クッパが作り出した「コインせいぞうき」の実験に付き合わされる。実験は成功し、製造機で出来上がったコイン1枚をプレイヤーにくれる…が、製造機の使用料として20コイン奪われてしまう。1コインもらって20コイン奪われるので、厳密には19コイン奪われることになる。
  • エンディングではエンジンが起動。エンジンの正体は大空へ飛んでいく飛行船だった。最下位のプレイヤーはクッパに何度も蒸気で吹き飛ばされる。

マリオのレインボーキャッスル 編集

天空の城が舞台のボードマップ。天空のにスターの力を使ってをかけるのが目的。このマップのキノピオはマップの終点の虹の城にいる。

  • このボードマップは、終点である虹の城までほぼ1本道で構成されており、虹の城でのイベントが終わると、ジュゲムにスタート地点にまで連れていってもらえる。
  • キノピオとクッパのうち、どちらかが虹の城におり、プレイヤーの誰かが出会う度にキノピオとクッパが入れ替わる。また、誰かが「?マス」に止まった時も、キノピオとクッパが入れ替わる。
  • クッパに出会った場合、スターの偽物で何の価値もない「ズター」を40コインで買わされてしまう。コインが足りない場合は全て没収される。
  • エンディングでは虹がかかり、虹の城が復活する。最下位のプレイヤーは虹の橋を渡れずに滑り落ちてしまう。
  • このマップのゲーム中の難易度の表示は「★☆☆」(最も易しい)で、イベントや仕掛けは少ないものの、マップの最後まで進まないとスターにありつけず、辿り着いてもキノピオかクッパのどちらに会えるかはほとんど運任せであるため、スターを入手するのは難しい。

クッパのマグママウンテン 編集

キノコショップで「マグママウンテン」を購入するとプレイできるようになる、火山のボードマップ。火山の下にいるクッパを倒すのが目的。このマップのキノピオは、誰かが20コインとスターを交換するたびに別の場所に移動する。

  • コースの途中の4か所の分岐点で、「クッパいわ」がいる方向を選ぶと近道が可能である。ただし、通るには10コインが必要で、さらにルーレットで「スター」の目を出す必要がある。「クッパ」の目が出て失敗した場合は、もう片方の道へ進むことになり、払ったコインは戻ってこない。
  • クッパがいる場所の直前の分岐点にもクッパいわがあり、ここではクッパのいる方向かテレサのいる方向か、進行方向を強制的にルーレットで決めることになる。なお、このクッパいわだけは10コインを払う必要はない。
  • 「?マス」に止まると、クッパがいる火山噴火して、2ターンの間全ての「あおマス」が「あかマス」に変化してしまう。
  • クッパに出会うと、20コインかスター1個のどちらかを奪われてしまう。どちらを奪われるかはルーレットで決定。
  • エンディングではスターがクッパに直撃し、クッパを撃破する。このマップでは、最下位のプレイヤーには、なにも起こらない。
  • このマップのBGMは一部分に『スーパーマリオRPG』のクッパ城の曲のアレンジが使われている。

えいえんのスター 編集

ある条件を満たすとプレイできるようになる、巨大なスターの上のボードマップ。なお、条件を満たしてこのマップをはじめてプレイできるようになった時に限り、一度このマップをプレイしないと他のマップを選ぶ事ができなくなる。クッパに乗っ取られ、バラバラになったスターを元に戻すのが目的。

  • このマップでは、最初にクッパがノコノコをはじき飛ばしてしまうので、マップのスタート地点にノコノコは存在しない。また、キノピオも登場しない。
  • このマップではキノピオの代わりに、マップ上の7体のミニクッパからスターを購入する。ただし20コイン支払った後、サイコロ勝負で勝たなければいけない(ミニクッパは1~10、プレイヤーは8~10しか出ないサイコロブロックを使用する)。サイコロ勝負で負けると逆に自分が持っているスターを1つ奪われてしまう。
  • マップは「ワープそうち」で移動する。ワープの行き先のパターンは3通りある。
  • 「?マス」に止まると、プレイヤー全員がスタート地点に戻されてしまう。
  • クッパに出会うと、スターを1個奪われてしまう。スターを持っていない場合は、20コインを奪われる。その後スタートに戻され、ワープそうちの行き先のパターンが変更されてしまう。
  • エンディングではミニクッパとクッパが吹き飛ばされ、スターは元に戻る。このマップでは、最下位のプレイヤーには、なにも起こらない。

ミニゲーム 編集

ボードゲームでは毎ターン終了後にミニゲームが発生する。プレーヤーが停止したマスの色(プレイヤーパネル)によりミニゲームの種類が決定する。なお、「?マス」に止まりプレイヤーパネルが緑色になった場合には、色がランダムで青か赤に変化する。

特徴としては、ミニゲームの操作自体はさほど難しくはないが、いわゆる「成功・失敗」タイプのミニゲームでは失敗すると持っているコインが減らされたり、1vs3ミニゲームの場合はミニゲームの内容によりどちらかが有利・不利になる不公平なルール・システムが使用されていること等が挙げられる。従って、特に初心者が上級者に相手する場合には明らかに苦戦しがちな状態に陥りやすい。この影響からか続編の『マリオパーティ2』以降ではルールが少し改定され、前述に対する問題はある程度抑えられている。

本作に限り、コントローラーの3Dスティックを回転させるゲームも存在したが、手のひらに肉離れを引き起こす健康上の問題や、スティックの位置が元に戻らなくなる製品上の問題が発生した影響で、『マリオパーティ2』以降ではこのような操作のミニゲームは廃止された。

その他、以下のような点が挙げられる。

  • ミニゲームハウスにある「うでだめしのつぼ」では、ミニゲームでコインを稼ぐことが目的の「ミニゲームスタジアム」をプレイすることができる。ルールはボードゲームとほぼ同じだが、スターは登場せず、青マス・赤マスに止まってもコインの増減はなく、ゲーム終了時に持っているコインの数が最も多いプレイヤーが勝利となる。終了後、集めたコインは貯金箱に貯金される。また、プレイヤーごとに10・20・30・40・50コインのハンデをつけることができる。ハンデコインも、問題なく貯金されるため、とてもコインが稼ぎやすい。
  • プレイするミニゲームが決まる「ミニゲームルーレット」の場面で、緑色の文字で表示されるミニゲームは、原則として勝敗に関係が無い「ボーナスゲーム」であるが、着色されていないミニゲームでも内容によってはボーナスゲーム同様の場合もある。
  • ミニゲーム中に登場するコイン袋は通常のコイン5枚分、宝箱は通常のコイン10枚分に相当する。

今作のミニゲームは隠しミニゲームを含めると、全部で52種類ある(4人用ミニゲーム「スロットルレーシング」のS・Lを区別した場合は53種類)。以下では、ミニゲームハウスでミニゲームを購入するときに表示されるリストの順に記載する。なお、3Dスティックを回す必要があるミニゲームはタイトル名の横に☆印を表記する(64コントローラーの生産及び修理依頼はすでに終了しているため、プレイする場合は自己責任で)。また、ミニゲーム名の横のカッコ内はミニゲームアイランドのコース番号を示す。

4人用ミニゲーム 編集

4人で競ったり、協力してクリアを目指すミニゲーム。ボードマップで全員が同じ色のマスに止まった場合に発生する。全部で24種類ある(「スロットルレーシング」のS・Lを区別した場合は25種類)。なお、勝利したプレイヤーがもらえるコイン数について、特に明記されていないものについては、勝利したプレイヤーが10コインもらえるミニゲームである。

あなほりマリオ(3-2)
地面をAボタン連打で掘り進み、どこかに隠れている宝箱を見つけるミニゲーム。途中でヒントの矢印が出てくることもある。の部分は固く、なかなか掘り進めない。制限時間は60秒で、一番先に宝箱を見つけたプレイヤーの勝ち。
すもぐりマリオ(5-4)
海底に潜り、約10個の沈んでいる宝箱を海上まで運ぶミニゲーム。宝箱は3つのサイズがあり、それぞれ1・3・5コイン入っている。また、海に泳いでいるサメイカにぶつかると持っている宝箱を放し、少しの間動けなくなる。また、長い間息継ぎをせず水中に潜っていると、30秒後に途中で溺れてタイムロスになる(溺れる5秒前にカウントダウンが表示される)。制限時間は90秒で、勝ち負けはなく、手に入れたコインがそのままもらえる。
ボムへいわたし(6-4)
ボムへいを他のプレイヤーと渡しあうミニゲーム。ボムへいは時間が経つと色が赤く変わっていき、最後には爆発する。制限時間はなく、爆発したときにボムへいを持っていたプレイヤーが負けとなり、負けたプレイヤーは他のプレイヤーに5コインずつ支払う。
キノコ!1ばんのり!!(2-4)
真ん中のキノコの上にある宝箱を一番先に取るミニゲーム。いわゆる「いす取りゲーム」のようなルールになっており、始めはBGMが流れている間キノコの周りを自動で移動し、BGMが止まると自由に移動ができるようになる。制限時間はBGMが止まってから30秒で、一番先に宝箱を下から叩いたプレイヤーの勝ち。
はっくつ!ハッスル!!(3-1)
地面の線に沿ってドリルで線を掘り、化石になったキャラクターを発掘するミニゲーム。化石になっているキャラクターは、ボムへい・テレサクリボーのいずれかであり、ドリルで輪を描くと(一度引いた線にドリルが触れると)自動的に掘り終わる。全員が掘り終わるか、制限時間の30秒が過ぎた後に上手に掘れたかが100点満点で評価され(制限時間内に掘りきれなかったプレイヤーは「0点」となる)、80点以上を出したプレイヤー全員の勝ちとなる。
クッパひゃくめんそう(8-5)
画面の中央に表示されているお手本どおりにクッパの顔を引っ張って変形させるミニゲーム。顔は、左の眉毛・右の眉毛・の左側・唇の右側・唇の下側の6か所の部分を引っ張ることができる。制限時間は30秒で、100点満点で判定され、一番点数の高いプレイヤーの勝ち。クッパマスのイベントで行われることもあり、その場合は90点未満のプレイヤー全員がクッパにコインを奪われる。また、ミニゲームアイランドでは90点以上がクリア条件となっている。
クッパふうせん(8-4)
クッパの風船ポンプで膨らませて、一番先に風船を破裂させるミニゲーム。制限時間は30秒で、一番先に風船を割ったプレイヤーの勝ち。クッパマスのイベントで行われることもあり、その場合は負けたプレイヤー3人がクッパにコインを奪われる。
10カウントコイン(1-1)
9個あるブロックを下から叩いてコインを手に入れるミニゲーム。コインが入っている枚数はブロックごとに異なる。ボードゲームでプレイする場合は2回叩くと1コイン手に入る。制限時間は60秒で、勝ち負けはなく、手に入れたコインがそのままもらえる。
くずれるゆかをかけろ!(4-2)
マグマの上にある床をスケートボードで競走するミニゲーム。床は後ろから崩れていき、床から転落するとリタイアとなる。途中には障害物としてドッスンが何匹かいる。また、途中にコイン袋がいくつかあり、ジャンプすると入手できる。一番先にゴールに着いたプレイヤーの勝ち。
ブロックやまくずし(6-1)
ブロックを壊して、中のコインを手に入れるミニゲーム。ブロックは空のものと1コインが入っているものがある。また、バッタブロックもいくつか混じっていて、壊すと飛ばされるが、そのブロックの中にコイン袋やコインが入っている場合もある。制限時間は30秒で、手に入れたコインがそのままもらえる。
プレートわたり(9-5)
天空にあるプレートを渡り、ゴールを目指すミニゲーム。プレートは時間が経つと落下し、転落するとリタイアとなる。プレートの上には障害物がある他、コイン袋(5コイン分)と2枚のコインが設置されている。一番先にゴールに着いたプレイヤーの勝ち。
いろいろキノコ(5-7)
の上にある7色のキノコの上で、キノピオがあげたの色のキノコの上に移動するミニゲーム。旗を上げてから少し時間が経つと、別の色のキノコは水中に沈み、乗り遅れたプレイヤーはリタイアとなる。ゲームのテンポは時間とともに早くなっていく。最後まで生き残ったプレイヤーの勝ち。
ガッポリよこどりコイン(8-2)
自分の全コインが入ったリュックを4人がそれぞれ背負い、他人のコインを奪い合うミニゲーム。相手のリュックの前でBボタンを連打すると1コインを奪うことができるが、奪う側の連打数が多いとコイン袋を奪えるときもある。捕まれた場合でも、Bボタンを多く連打するとふりほどけることもある。制限時間は59秒。
のっかれボール(5-3)
ボールの上に乗って玉乗りしながら、ライバルを体当たりでステージから弾き落とすミニゲーム。制限時間は60秒で、最後の1人になったプレイヤーの勝ち。なお、制限時間が過ぎても2人以上のプレイヤーが残っている場合は、引き分けとなる。
ノコノコころころ(6-3)
絵を傾けてノコノコのコウラを転がし、5×5マスのパネルをめくるミニゲーム。パネルの上をコウラが触れるとパネルをめくることができる。制限時間は30秒で、一番先に全てのパネルをめくったプレイヤーの勝ち。
ぷかぷかアイランド(5-5)
沖にいる船の砲撃に注意して、浮き島の上から落ちないように生き残るミニゲーム。大砲から発射されるが浮き島の周辺に落ちると島が揺れ、玉が島に直撃すると島が振動する。島に弾が直撃したときにジャンプしていないと気絶して、少しの間動けなくなる。海に落ちたり、弾に当たってしまうとリタイアとなり、30秒の制限時間生き残ったプレイヤー全員の勝ち。また、途中で3人がリタイアした場合は、最後に生き残ったプレイヤーが勝ちとなる。
マリオオーケストラ(7-6)
3人は楽譜通りに楽器ドラムバイオリンラッパの3つ)を演奏し、残りの1人が指揮をとり、上手に演奏するミニゲーム。楽器を演奏するプレイヤーは画面下の楽譜に合わせてタイミング良くボタンを押して演奏し、指揮をするプレイヤーはタイミング良く3Dスティックを傾けて指揮棒を動かす。間違えると観客席からモノを投げられる。演奏間違いが一番少なかったプレイヤーの勝ち。
はたあげヘイホー(5-2)
手前にいるかいぞくヘイホーがあげた旗と同じ色の旗をあげるミニゲーム。違う色の旗を上げたり、旗を上げなかった場合はを切られ、大海原へ流されリタイアとなる。また、回数を重ねる度に旗を上げるスピードが早くなっていき、時々ヘイホーが両方の旗を上げてすぐにどちらかの旗を下げるといった、いわゆるフェイントもしてくる。最後まで生き残ったプレイヤーの勝ち。ちなみに、『マリオパーティ8』にて、このミニゲームのリメイクである「ニューはたあげヘイホー」が収録されている。
おたからフィッシング(5-1)☆
に流れるコイン・コイン袋・宝箱を釣竿で釣り上げるミニゲーム。制限時間は60秒で、勝ち負けはなく、手に入れたコインがそのままもらえる(掴んでいても引っ張っている途中のものは手に入らない)。
キー!KEY!キープ!(8-3)
4人で協力してをパスしながら、鍵を持った者が鍵穴の前に移動して扉を開けるミニゲーム。ステージには5匹のトゲローがおり、トゲローに鍵を奪われるとミスとなる。また、鍵を持っているプレイヤーがトゲローに触れると鍵を手放してしまう。制限時間は30秒で、扉を開けられればクリアとなり、プレイヤー全員が10コインを獲得できる。鍵をトゲローに取られてしまうとミスとなり、ペナルティとして全員が5コインを失う。
てらせ!テレサのやかた(8-1)
4人で協力し、電球をゴールまで運ぶミニゲーム。ステージにはテレサがおり、パンチで攻撃すると追い払えるが、テレサに取り付かれてしまうとそのプレイヤーは青色になり、他のプレイヤーにパンチをして助けてもらえるまで操作不能になる。また、ドッスンも途中に何匹かいて、潰されると少しの間動けなくなる。また、ステージの後ろにいるガスボステレサに吸い込まれると、そのプレイヤーはリタイアとなる。なお、画面は自動でスクロールするため、ステージは一定の範囲しか自由に動けない。ゴールまで電球を運べるとクリアとなり、生き残っているプレイヤー全員が10コインをもらえる。電球を持ったプレイヤーがガスボステレサに吸い込まれるとミスとなり、全員が5コインを失う。
なわなわピョンピョン(6-6)
連なったボブル縄跳びをするミニゲーム。回転する速度は4段階あり、5回飛ぶごとに早くなっていく。全員が「20回」跳べればクリアとなり、プレイヤー全員が10コイン獲得できる。誰かが失敗した場合、そのプレイヤーが他のプレイヤー3人に5コインずつ払わなければならない。ミニゲームアイランドではクリア条件が「40回」に増え、BGMも差し替えられている。
ぎぶみーハンマーブロス(9-1)
ハンマーブロスが投げてくるコインとコイン袋を取るミニゲーム。コインに混じって投げられるハンマーに当たると少しの間動けなくなる。また、1度ステージから落ちてしまうとリタイアとなる。制限時間は30秒で、勝ち負けはなく、手に入れたコインがそのままもらえる。
スロットルレーシング(9-2がS、ゴールがL)
任天堂公式記録 S : 0'20"76 / L : 0'27"90
ミニカーに乗っていち早くコースを4周するミニゲーム。カーブではスピードを出しすぎるとケムリがたち、減速しないとスピンしてしまいタイムロスとなる。一番先に4周したプレイヤーの勝ち。制限時間は2分で、1分50秒経過すると残り10秒からのカウントダウンが表示される。なお、1周遅れで後ろから抜かされると、ステージ外へ跳ばされてリタイアとなる。また、コースは「S(ショート)」と「L(ロング)」の2バージョンがある。

1vs3ミニゲーム 編集

1人側と3人側に分かれてプレイするミニゲーム。ボードマップで1人だけが違う色のマスに止まった場合に発生する。全部で10種類ある。なお、勝利した方や負けた方の持っているコインの増減について、特に明記されていないものについては、次のようになっている。

  • 1人側が勝利した場合、1人側は15コインをもらい、3人側は全員が5コインずつ失う。
  • 3人側が勝利した場合、1人側は15コインを失い、3人側は全員が5コインずつもらえる。
ドキドキあみだドカン(7-3)
あみだくじのような形をした4本のドカンのいずれかに1人側が宝箱を落とすミニゲーム。4つのドカンの各出口にプレイヤーが立っており、最初に土管の構造が早いスクロールで表示された後、1人側がドカンの上の4つの入り口のうち1つに宝箱を落とす。落とした宝箱はあみだくじのようにドカンを進み、宝箱が流れ着いた先のドカンの出口に立っていたプレイヤーが10コイン獲得できる。3人側は操作をする権利は一切無く、1人側の方が有利である。宝箱を落とす土管を選ぶ制限時間は30秒。
ボーリングGO!GO!(7-4)
1人側はボウリングのようにノコノコの甲羅を投げ、3人側はピンになり、ジャンプで移動しながら甲羅をかわすミニゲーム。1人側は甲羅を投げた後は甲羅の操作ができ、コースの縁に当たるとガターとなりミスとなる。また、3人側のピンのほかに別の黄色のピンが3本立っている。甲羅で3人側のピンを倒すと、倒したピンのプレイヤーからそれぞれ5コインずつ奪え、黄色のピンを倒すと1つにつき1コインもらえる。甲羅を投げる制限時間は30秒で、このミニゲームでは3人側はコインを得る事はできないため、1人側の方が有利である。なお、このミニゲームで行うのは「ボリング」だが、このミニゲームのタイトルは「ボリングGO!GO!」と表記されている。
ハンマーコイン(1-2)
ステージに9個あるブロックを壊して、中に隠れているコインを手に入れるミニゲーム。ブロックはジャンプ10回またはハンマーで1回叩くと壊せる。最初は1人側がハンマーを持っているが、3人側のプレイヤーからパンチを受けると、ハンマーを手放してしまう。落ちたハンマーは拾うとそのプレイヤーが使用することができる。制限時間は60秒で、勝ち負けはなく、手に入れたコインがそのままもらえる。
くれくれ!クレーン(7-2)
1人側がクレーンゲームで、コイン・コイン袋・宝箱・ぬいぐるみになった3人側プレイヤーのどれか1つを運んでドカンに落とすミニゲーム。Aボタンの連打でぬいぐるみやコインなどを掴むことができるが、掴むチャンスは1回しかなく、連打が少ないと掴んだものを落としてしまい失敗となる。また、3人側のプレイヤーは掴まれた時にAボタンの連打で暴れると脱出することができる。制限時間は30秒で、3人側のプレイヤーをドカンへ落とした場合、そのプレイヤーの持っているコインの1/3(端数切り捨て)を奪える。なお、このミニゲームでは3人側はコインを得る事はできず、一方的な操作が可能な1人側の方が有利である。
ハッピーふらわー(1-3)
1人側は大きなの上で落ちてくるコインを集め、3人側は1人側が取りこぼして周りのに落ちたコインを手に入れるミニゲーム。1人側が乗っている花はプレイヤーが乗っている位置によって傾いていく。ちなみに、コインは全部で43枚落ちてくる。制限時間は30秒で、勝ち負けは無く、手に入れたコインがそのままもらえる。ミニゲームアイランドでは1人で20コイン以上獲得がクリア条件となる。
クッパのきもち(8-6)
1人側はクッパのコスプレをしてひたすら逃げ、3人側プレイヤーは逃げる1人側をハンマーで叩くミニゲーム。1人側は叩かれるとコイン袋(持っていたコインが5コイン未満の場合は1コイン)を落としてしまい、飛び出したコイン袋は早いもの勝ちで拾った者のものとなる(1人側が拾うこともできる)。制限時間は30秒で、このミニゲームでは1人側はコインを得る事はできない。クッパマスのイベントで行われることもあり、この場合はマスに止まったプレイヤーが1人側になる。また、落としたコインはクッパがもらうため、3人側がコインを得られることはない。また、コインを全く奪われなかった場合は、クッパが1人側から15コインを奪う。いずれにせよ、1人側のほうが不利なミニゲームである。
オットット!つなわたり(5-8)
1人側は綱の上を渡ってゴールを目指し、3人側は船に乗り大砲から弾を撃って邪魔をするミニゲーム。1人側は大砲の玉に直接当たると、少しの間動けなくなる。制限時間は60秒で、1人側がゴールすれば1人側の勝ち、1人側が綱から落ちたり、制限時間が過ぎると3人側の勝ち。
ジュラシックパックン(2-5)
1人側はスケートボードに乗って、後ろから追ってくるパックンフラワーから逃げ、3人側はの上でヒップドロップをして、を降らしてパックンフラワーを成長させ、パワーアップさせるミニゲーム。コースには途中で倒れている木や石などの障害物がある。1人側がゴールまで逃げ切れれば1人側の勝ち、1人側がパックンフラワーに追いつかれると3人側の勝ちとなる。
つなひきデンジャラス(3-4)☆
1人側と3人側に分かれて綱引きするミニゲーム。3Dスティックを回転させて綱を引き、相手側を引いて中央の谷にいるパックンフラワーの口の中へ引きずり落とすと勝ちとなる。クッパマスのイベントで行われることもあり、その場合はクッパマスに止まったプレイヤーが1人側となり、負けた方はコインを失う。
マリオボート(1-4)☆
1隻のボートに全員で乗り、1人側は左側、3人側は右側に分かれてボートで川くだりをするミニゲーム。相手側より多くオールを漕ぐと相手側を岸に近づけることができ、岸に近づけられるとヤリホーに攻撃され相手側にコインを奪われてしまう。ヤリホーに1回攻撃される度に、1人側は3コインを失い3人側が1コインずつもらえ、3人側が攻撃されると1コインずつ失って1人側は3コインをもらえる。ゴールまで下ると、終了となる。ミニゲームアイランドでは1人で15コイン以上獲得がクリア条件となる。

2vs2ミニゲーム 編集

2人1組に分かれプレイするミニゲーム。ボードマップで2人が違う色のマスに止まった場合に発生し、同じ色のプレイヤー同士でチームを組んでプレイする。全部で5種類ある。なお、勝利した方や負けた方の持っているコインの増減について、特に明記されていないものについては、勝利した方のペアは1人10コインずつもらい、負けた方のペアは1人10コインずつ失うミニゲームである。

スライダーボブスレー(4-1)
任天堂公式記録 : 0'57"06
ペアでボブスレーに乗って、競走をするミニゲーム。コースの途中にはジャンプ台や矢印のパネルがあり、矢印のパネルの上を通ると少しの間スピードが上がる。また、コースには柵のない部分もあり、落ちるとリタイアとなる。制限時間は5分で(4分経過すると60秒前からのカウントダウンが表示される)、先にゴールに着いたチームの勝ち。
ムカデGO!GO!(3-3)
両足を固定してムカデ競走をするミニゲーム。2人のタイミングが合わないとつまづいてタイムロスになる。また、途中にドッスンがいて、踏み潰されるとしばらく動けなくなる。制限時間はなく、先にゴールに着いたチームの勝ち。
ボムへいバスケット(6-5)
ボムへいを使ってバスケットボールの1本勝負をするミニゲーム。ボムへいを持っていないチームのプレイヤーは、ボムへいを持っているプレイヤーの前でBボタンを押すと、ボムへいを奪うことができる。なお、ボムへいを持っているチームのプレイヤーにはスポットライトが当たる。制限時間は60秒で、先にゴールにボムへいを入れた方のチームの勝ち。
トロッコレース(4-3)
任天堂公式記録 : 0'34"06
Aボタンの連打でトロッコを運転し、競走をするミニゲーム。コースの途中には急なカーブが何か所かあり、Bボタンを押して減速して重心を傾ける必要がある。また、カーブを曲がりきれずに脱線(コースアウト)してしまうとそのチームはリタイアとなり、両チームが脱線すると引き分けとなる。制限時間は5分で(4分経過すると60秒前からのカウントダウンが表示される)、先にゴールに着いたチームの勝ち。
マリオブルー(5-6)
チームで協力して、1人のプレイヤーは海に潜って宝箱を取り、もう1人のプレイヤーは船の上から潜っているプレイヤーとつながっている糸を引き上げるミニゲーム。水中の宝箱は、1コイン入っているものが2つ、2コイン入っているものが2つ、5コイン入っているものが2つ、10コイン入っているものが1つあり、コインが多く入っているものほど深いところにある。宝箱を掴むと、船にいるプレイヤーが糸を引かないと宝箱を掴んでいるプレイヤーは水上の方向に進めない。また、長い間息継ぎをせず水中に潜っていると、25秒後に途中で溺れてしまい(溺れる5秒前にカウントが表示される)、この場合は船にいるプレイヤーが糸を引かないと溺れているプレイヤーは水上へ戻れない。制限時間は90秒で、勝ち負けはなく、手に入れたコインがそのままもらえる。

1人用ミニゲーム 編集

ボードマップの「ミニゲーム青マス」に止まった場合に発生する、1人でプレイするミニゲーム。隠しミニゲームはミニゲームハウスでのみプレイできる。全部で13種類ある。

えあわせパネル(2-1)
9枚のパネルをヒップドロップでめくり、神経衰弱のように同じ絵柄のパネルを見つけるミニゲーム。ステージには、キノコ1UPキノコ・ノコノコのコウラ・ファイアフラワーのパネルがそれぞれ2枚、クッパのパネルが1枚あり、クッパのパネルをめくると気絶し少しの間動けなくなる。制限時間は45秒で、パネル8枚を全部めくれると10コイン獲得となり、制限時間が過ぎた場合は、めくった枚数分のコインを得られる。
ソロッタマシーン(7-1)
スロットを回し、3つの絵柄を揃えるミニゲーム。絵柄によってもらえるコイン数が決まっており、コインは1コイン、甲羅は3コイン、コイン袋は5コイン、キノコは6コイン、ファイアフラワーは8コイン、宝箱は10コイン、マリオの帽子は20コインとなっている。揃えられなかった場合は何ももらえない。なお、スロットを止めずにしばらく待っていると、約10秒後に自動的に止まるようになっている。
ノコノコたまてばこ(9-3)
宝箱を持っているノコノコ4体のうち、コインが入っている宝箱を持っている者を当てるミニゲーム。4匹のノコノコが回転・移動してシャッフルされた後、コインが入った宝箱を持っているノコノコを攻撃すると10コイン獲得となるが、コインの入っていない宝箱を持っているノコノコを選んだり、制限時間が過ぎるとミスとなり、5コイン失う。ノコノコを選ぶ制限時間は10秒。
リーダーはだれだ?(4-4)
プレイヤーの周りを囲む8匹のテレサの中から、1匹だけいるリーダーを見つけるミニゲーム。リーダー以外のテレサは、リーダーより少し遅れて動く。また、囲んでいるテレサは段々と内側にいるプレイヤーに迫ってくる。リーダーのテレサを攻撃すると10コイン獲得となるが、リーダー以外のテレサに触れると失敗となり、5コイン失う。
ビカビカじかはつでん(6-2)☆
自転車をこいで発電し、電球を照らしてテレサを倒すミニゲーム。テレサは後ろからだんだん近づいてくる。テレサに捕まる前にテレサを倒すと10コイン獲得となり、テレサに捕まるとミスとなり、5コイン失う。
パックンたたき(7-5)
9個の土管から出てくるパックンフラワーをジャンプで踏みつけるミニゲーム。1回ごとにパックンフラワーが現れる数が1匹ずつ増え、合計で36回攻撃できる。1回攻撃するごとに1コイン獲得でき、攻撃した回数のコインを得られる。ミニゲームアイランドでは25コイン以上獲得がクリア条件となる。
ひっこめヒップドロップ(2-2)
12本ののうち、とがっていない杭5本をヒップドロップで踏みつけるミニゲーム。最初の約5秒間に杭の種類が確認できるが、その後杭の上にチョウが止まり杭の種類が判別しにくくなる。また、とがった杭にヒップドロップをすると少し動けなくなる。制限時間は30秒で、とがっていない5本の杭に全てヒップドロップできると10コイン獲得となり、制限時間が過ぎるとミスとなり、5コイン失う。
ぐらぐらタワー(3-5)
タワーを乗り継いでゴールを目指すミニゲーム。タワーはプレイヤーの立ち位置によって傾き、ゴールに着くまでに7つのタワーを乗り継いで行く。ただし、タワーは後ろ側には倒れない。また、途中にコイン袋と2枚のコインが設置されており、拾うと入手することができる。制限時間はなく、ゴールに着くと10コイン獲得となるが、落ちるとミスとなり、5コイン失う。
ビックリきばこドスン!(9-4)
積み重なっている複数の木箱と2匹のドッスンの、一番上に置かれている宝箱を入手するミニゲーム。木箱だけをパンチで全て壊すと宝箱を入手でき10コイン獲得となるが、間違えてドッスンをパンチしてしまうと、跳ねかえされてステージから落とされてしまう。制限時間は10秒で、制限時間が過ぎたりステージから転落するとミスとなり、5コイン失う。
リンボーダンス(2-3)
リンボーダンスでゴールを目指すミニゲーム。バーの高さは3段階あり、赤、黄、青の順に高さが低い。制限時間は30秒で、ゴールに着けると10コイン獲得となるが、体を曲げすぎて転んだりバーをくぐれなかったり、制限時間が過ぎるとミスとなり、5コイン失う。

隠しミニゲーム 編集

ある条件を満たすと遊べるようになる、1人用のミニゲーム。どのミニゲームも、のっかれボールと同じ操作で、玉乗りしながら海の上の細い道を進んでいき制限時間内にゴールを目指す。制限時間内にゴールできなかったり、海に落ちるとミスとなる。なお、コースは以下の3種類ある。マップが広いためプレイヤーの表示が小さい。

はしれ!のっかれボール(ミニゲームアイランドをクリアすると出現)
任天堂公式記録 : 0'25"83
他の3つのコースと比べ、道の幅が比較的に広く、距離も短い。また、途中でショートカットができる細い道がある。
いそげ!のっかれボール(ミニゲームアイランドをクリアすると出現)
任天堂公式記録 : 0'24"10
最初の部分は道の幅は広いが、ゴールに近づいていくと狭くなっていく。また、ショートカットができる道がこのコースには3か所ある。
すすめ!のっかれボール(上記の2つのミニゲームを時間内にクリアすると出現)
任天堂公式記録 : 0'29"16
カーブが多く、3つの中で一番難易度が高い。また、後半の部分は道の幅が非常に狭い。なお、このコースにはショートカットができる道はない。

その他 編集

チャンスタイム
「!マス」に止まったときに発生する1人用のミニゲーム。ブロックが3つあり、それを叩いて止めることで「だれが」「だれと」「どうする」かを決定する。結果は、「コイン10~30枚が別のプレイヤーのものになる」「スター1つが別のプレイヤーのものになる」「コイン全てが入れ替わる」「スター全てが入れ替わる」の4パターン。クッパのチャンスタイムの場合、右側のブロックがクッパで固定されており、誰かのコイン10~30枚が必ずクッパのものになる(スターが奪われることはない)。

テンプレート:ネタバレ終了

ミニゲームアイランド 編集

  • 始めからプレイできる1人用のモードで、プレイヤーとパートナーでゴールを目指す。プレイヤーはワールドごとに決められたコースのミニゲームをクリアし、全9ワールドをクリアしてゴールを目指す。クリアしていないマスは青、クリアしたマスは黄色で表示される。パートナーは「2vs2ミニゲーム」と4人用の「てらせ!テレサのやかた」と「キー!KEY!キープ!」に参加する。
  • プレイヤーの残り人数は画面の左上に表示され、ミニゲームをクリアする毎に1人増え、ミスをすると1人減る。残り人数が「0」のときにミスするとゲームオーバーとなる。最初のプレイヤーの残り人数は「3」。コイン枚数は画面の右上に表示され、ミニゲームをクリアする毎にコインがもらえ、100コイン集めると残り人数が1人増える。ゲームオーバーになったときは最後にセーブした「セーブマス」からのスタートとなり、残り人数は「3」、コイン枚数は「0」にリセットされる。
  • 各ワールドの最初に「セーブマス」がある。このマスではゲームのセーブができ、また「キノコむら」へ戻ることもできる。ゲームオーバーになったときは最後にセーブしたセーブマスからやり直さなければならない。
  • また、ゴールではプレイヤー+キノピオ+CPU2人で「スロットルレーシングL」で勝負をする。ここで勝利するとゲームクリアとなる。

余談 編集

本ゲームに64DDにて「拡張ディスク」が発売予定だったらしい。この拡張ディスクでボードマップやミニゲームを本ゲームに追加する事が出来る予定だったが、64DDの不振に加え本作品がシリーズ化された為、没になった。
小技でクッパマスでミニゲームをしてから、ミニゲームハウスでクッパのきもち等をやると内容がクッパマスのルールと同じになる。

関連項目 編集

外部リンク 編集

ko:마리오 파티

nl:Mario Party (spel)pt:Mario Party sv:Mario Party

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki