FANDOM


マリオシリーズ > マリオクラッシュ
マリオクラッシュ
Mario Clash
ジャンル アクション
対応機種 バーチャルボーイ
開発元 任天堂
発売元 任天堂
人数 1人
メディア 1MBカセット
発売日 Flag of Japan1995年9月28日
アメリカ合衆国の旗1995年10月1日
価格 4,900円(税別)
対象年齢 ESRB: K-A (Kids to Adults)
  

マリオクラッシュMARIO CLASH)とは任天堂から発売されたバーチャルボーイ用のゲームソフト1995年9月28日発売で価格は4,900円(税別)。

作品概要編集

マリオがクラッシュハウスと言う高い塔にいる敵を、ノコノコのコウラで退治する。

ちなみに数あるマリオシリーズで唯一宮本茂が関っていないゲームである。ゲームボーイアドバンス用ソフト『メイド イン ワリオ』では、このゲームをモチーフにしたプチゲーム(5秒程度の短いゲーム)が登場する。

ルール編集

プレイヤーはマリオを操作して、ステージ内にいる敵を全て倒すことが目的。マリオブラザーズと似ている点が多いが、敵の倒し方が異なっている。 このゲームの敵は踏みつけても倒せないばかりか返り討ちに遭ってしまう(ノコノコを除く)。そこで、ノコノコの甲羅を他の敵に当てて倒していく。

ステージは足場が手前と奥に分かれており、別の足場へは土管を使って行き来することができる。 ステージをクリアしていくと、甲羅を横から当てても倒せない敵が多くなる。その敵は別の足場から甲羅を投げつけないといけない。

全ての敵キャラクターを倒すとステージクリアとなり、難易度が上がった次のステージが始まる。が、ある程度クリアすると難易度上昇が激しくなり、最終的に手に負えないほどの高難易度になる。

外部リンク編集

テンプレート:Video-game-stubnl:Mario Clash pt:Mario Clash sv:Mario Clash

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki