FANDOM


マリオシリーズ > マリオのスーパーピクロス
ピクロス (ゲームソフト) > マリオのスーパーピクロス
マリオのスーパーピクロス
ジャンル 思考型パズルゲーム
対応機種 スーパーファミコン
開発元 エイプジュピター
発売元 任天堂
人数 1〜2人
メディア ロムカセット
発売日 [SFC]1995年9月14日
[VC]2006年12月19日
価格 7,900円(税別)
  

マリオのスーパーピクロス』は、任天堂から1995年9月14日に発売されたスーパーファミコン用パズルゲーム。2006年12月19日より、Wiiバーチャルコンソールでも配信された。

概要 編集

ピクロスシリーズ初のスーパーファミコン対応ソフト。前作『マリオのピクロス』からフィールドが最大25×20マスに、総問題数が300問に拡張された。後述の各モードにはレベルが10段階で存在し、各レベルごとにA〜Lの12問が用意されており、次のレベルへ進むには現段階のレベルで提示されている12問を全て解く必要がある。絵が完成するとカラー表示になり、絵によってはアニメーションの演出が加わる。 ただし、中にはミスで答えが複数あるような数字配列になっている問題が存在する。 2人協力プレイ可能。

モード 編集

マリオのスーパーピクロス 編集

  • マリオが出題する初級、中級問題。
  • 制限時間は30分。
  • 制限時間を5分消費する代わりに、ルーレット形式で縦横各1列ずつの完全な解答を導き出す『ヒントルーレット』がある。制限時間が5分以下になると使用不可能となる。
  • 削る箇所を間違えると、ペナルティとして制限時間が大幅に減少する。制限時間が無くなる、またはギブアップの選択でゲームオーバーとなる。
  • レベル1をクリアすると、別モード『ワリオのスーパーピクロス』が出現する。
  • レベル10をクリアすると、高難易度ステージ『スペシャル』が出現する。
  • ワリオのピクロスを進めていくと、最高難易度ステージ『エクストラ』が出現する。タイトル画面と同じ画面でカーソルを動かし、両脇の12か所にあるマークを指定するとそれぞれ問題にチャレンジできる。解いた場所は通常のタイトル画面でも変化し、全てクリアするとさらにマリオの左目部分を指定することでマリオ側の最終問題に挑戦できる(計13問)。プレイ方法の詳細はワリオのピクロスの項目にて。

ワリオのスーパーピクロス 編集

  • ワリオが出題する中級、上級問題。
  • 制限時間は無制限。
  • 『ヒントルーレット』が無い代わりに、削る箇所を仮定して試し置きをする『?スタート』がある。この状態では削った場所は黄色、削らない場所は白で表示され、試し置きを終える『?エンド』を決定すると、試し置きをしていた箇所を確定したものと見なされる。
  • 削る箇所を間違えてもペナルティは発生しないが、解答が完全でなければクリアと見なされない。ギブアップの選択でのみゲームオーバーとなる。
  • 問題の答えの中に、ワリオランドからのキャラクター抜粋があるほか、一部に奇抜な問題も含まれている。
  • レベル10をクリアすると、高難易度ステージ『スペシャル』が出現する。
  • 両モードの『スペシャル』をクリアすると、さらに高い難易度のステージ『ウルトラ』がワリオ側に出現する(マリオにはない)。この『ウルトラ』のみ、提示問題数は8問。
  • 『ウルトラ』をクリアすると、問題選択項目に混じってタイトル画面を縮小したアイコンが出現。これを選択すると、マリオ側の最高難易度ステージ『エクストラ』13問(前述)に挑戦可能。これをクリアすると、さらにワリオ側にも『エクストラ』が出現する。同じ手順でタイトル風の画面から12問を選択してチャレンジし、クリア後はさらにワリオの両目と鼻部分の3か所の問題にチャレンジできる(計15問)。これが事実上の最終問題となる。

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki