FANDOM


マリオシリーズ > マリオのふぉとぴー
マリオのふぉとぴー
ジャンル オリジナルカード作成カセット
対応機種 NINTENDO64
開発元 東京エレクトロン デバイス
発売元 ダットジャパン
人数 1人
メディア 256Mbitロムカセット
発売日 日本の旗1998年12月2日
価格 9,800円(税別)
その他 スマートメディア専用カセット 2MBのスマートメディアキット同梱
  

マリオのふぉとぴー』は、1998年12月2日ハギワラシスコムによって販売されたNINTENDO64用オリジナルカード作成ソフト。 写真を取り込むため、カセットは2つのスマートメディアスロットを備えた独特の形をしている。

ゲーム概要 編集

スマートメディアから写真や画像をソフトに取り込み、ソフト上で写真を編集することが出来るソフト。 F-DIサービスふぉとぴープリントサービス、対応プリンタでプリントすることが出来た。

専用のスマートメディアとして、「ボンバーマン」、「ひみつのアッコちゃん」、「ハローキティ」、「シルバニアファミリー」、「ヨッシーストーリー」が発売された。

ゲームシステム 編集

機能は、「アトリエ」「てんじ室」「スライド」「ゲーム」「出力センター」の五つの部屋に分かれている。

アトリエ 編集

このゲームのメイン機能である写真加工が出来る。 専用の画像集からクリップアート等を追加することも出来た。

てんじ室 編集

「アトリエ」での作品を見るほか、コピーや消去などといった管理作業が出来る。

スライド 編集

スマートメディア内の写真・画像データをスライドショーの形式で出力する機能。

ゲーム 編集

作った写真を使ったパズルが楽しめる。

出力センター 編集

ソフト内のデータをスマートメディアに出力する機能。 プリントアウトのときなどに使う。

拡張ディスク 編集

64DD用の拡張ディスクの発売が予定されていた。64DDと拡張ディスクを使えば、電子アルバムの作成や保存が可能とされていた。しかし、結局発売されなかった。

関連項目 編集

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki