FANDOM


ボスパックン (Petey Piranha) は、任天堂が発売したコンピュータゲームソフトのシリーズ、マリオシリーズに出てくる架空のキャラクター。

テンプレート:ネタバレ

概要 編集

パックンフラワーの突然変異種。クッパより大きい体格、物を持ったりのように使い飛行できるまでに発達したひまわりのような花びら、ビキニパンツを思わせる水玉模様等インパクトの強い姿をしている。また、捕虫器官の人間で言うにあたる部分は通常のパックンフラワーと違い緑色となっている。基本的に自立歩行できるがをはることも可能らしい。パックンフラワーと同様の奇声を上げ、あらゆるスポーツで奇抜なフォームになっているなど、今までのマリオファミリーより非常に個性の強いキャラクターとして定着している。なお、ストーリー性を持ったゲームではクッパに加担しているが、クッパ軍団の軍団員であるかどうかは未だに不明。『スーパーマリオサンシャイン』で初登場してからは破竹の勢いでマリオファミリーとして定着した。開発中は花びらの色が違った。

クッパ以上の巨体を持つ為、「それまでの作品で最重量キャラだったクッパよりも更にワンランク上の重量パワーキャラだがクッパより足が遅い」という立ち位置を与えられることが多い(ゆえに隠れキャラとして登場する事が多い)。

登場作品における位置づけ 編集

スーパーマリオサンシャイン2002年
初登場作品。最初に訪れるステージ『ビアンコヒルズ』の大風車の頂上に陣取り、ドロを吐いて住民を困らせていた。マリオが登場し大声威嚇するがその衝撃で足場を壊して転落してしまい、ボスパックンとの対戦前のムービーを見る限り、ギャグキャラ(イロモノキャラ)としての路線はすでに決まっていたようだ。植物のくせに水に弱く(ある程度の耐性はある模様)、泥を吐こうとして口をあけたところに目いっぱい放水すると、飲み込んだ水で満腹になって倒れる。そこにヒップドロップを3回当てれば倒せる。この後再戦することになるが、野外ということもあって飛行する、竜巻を起こすなど少しだけ手強くなっている。ちなみに、彼と再戦する前には昼寝をしている。
マリオゴルフ ファミリーツアー2003年
隠しキャラとして登場。プレイヤーキャラとしてはこの作品が最初。ドンキーコング以上に奇妙な片手打ちをし、説明書にはクッパが一番の飛距離を出すと書かれているがそれは初期キャラの範囲。本当に全キャラ中最高の飛距離を叩き出すのはボスパックン。スターキャラになると恐ろしい飛距離のショットを打つ。応援メッセージを見る限り、割とラフな言葉遣いをするようだ。なお、説明書には掲載ミスなのかクッパJr.、テレサ、ニセマリオ、ボスパックンの隠しキャラ4人が表記されている。この作品からマリオシリーズに頻繁に登場するようになった。
マリオカート ダブルダッシュ!!(2003年)
隠しキャラとしてキングテレサとともに参戦。当たりに非常に強いフラワードッカンを駆る。すべてのスペシャルアイテムを使用出来る。グランプリでは優勝候補として上位争いに絡んでくることが多い。
マリオテニスGC2004年/2009年
隠しキャラとして登場。ハナチャンとダブルスを組んでいる。相手を後ずさりさせるパワーと非常に長いリーチを持つ反面、走るのが非常に遅く、また打った後に大きな隙が出来るといった欠点を持つ。スペシャルショットでは吐いた泥から生み出すドロドロパックンに代わりに打ってもらうという反則スレスレ(というか反則)な技を使う。ただし、ロブなどの高い打球は打ち返せない事も。
スーパーマリオボール(2004年)
草原ステージのボスとして登場。スーパーマリオサンシャインと似たような状況でのバトルとなるが、地面に根を下ろしている状態でマリオと戦う。
スーパーマリオスタジアム ミラクルベースボール2005年
隠しキャラ。ワリオグレーツに所属している。あろうことか一切野球道具を使用せず、バット代わりに葉(手)、グローブ代わりに捕虫器官(口)を使っている。メインキャラでないのにもかかわらず、パワー・肩力共に全キャラクターで1,2を争う実力で、愛用する人は多い。ボールを吐き出して投げるのでわかりにくいが左利きである(初期設定であり変更可)。相性の良いキャラクターはキングテレサドンキーキャサリンである。
役満DS(2005年)
隠し対戦相手として登場。いかにも頭が悪そうにみえるのだが、麻雀の腕はキノじい、クッパに次いで3位とかなりのもの。
スーパープリンセスピーチ(2005年)
ボスキャラクターとして登場。口をあけたところに大量の涙を流し込んで倒れたところを踏んで倒す。今作ではプチパックンを生み出してくる。
マリオ&ルイージRPG2(2005年)
ボスキャラクターとして過去の世界に登場するが泥は吐かない。現代のボスパックンの泥はクッパ Jr.のマジックブラシと同じ効果を持つため、マジックブラシの力を借りているのかもしれない。ほかにも地面にもぐり、ジャンプを無効化してくる。
NEW スーパーマリオブラザーズ2006年
ワールド5のボスとして登場。泥は吐かないが飛行能力を存分に駆使してくる。足場が氷で滑りやすくなっているので、苦戦を強いられる。
マリオバスケ 3on3(2006年)
デイジーガーデンでゴールの代わりをしている。起きている間はダンクを阻止してくるなど少し迷惑。なぜか二匹存在している。
マリオストライカーズ チャージド2007年
プレイヤーキャラクターとして登場。やはり隠しキャラ。本作ではマリオキャラクターは相手を威嚇したり等通常よりハードな描写がなされているが(普段は穏やかなドンキーコングでさえカメラを破壊したりとかなりアグレッシブ)、もともとふてぶてしいボスパックンはあまり変わっていない。とりあえずパワーがやけに高いのは確か。メガストライクの時花粉らしきものを出している。
スーパーマリオギャラクシー(2007年)
巨大な恐竜のような体を持った「ディノパックン」というボスパックンによく似たモンスターが登場する。詳しくはパックンフラワー#個別を参照。
大乱闘スマッシュブラザーズX2008年
アドベンチャーモード「亜空の使者」にボスとして登場。詳細は、亜空軍を参照。
マリオカートWii(2008年)
パックンカート(重量級カート)」という本人そっくりのマシンが登場する。重さが非常に高く、最高速もある反面、その他の能力が平均以下という特徴を持つ。ファンキーコングでこのカートに乗るとボスパックンカラー(赤)になる。なお、『ダブルダッシュ!!』でペアを組んでいたキングテレサがプレイヤーとして引き続き登場しているのに対し、彼がプレイヤーにならなかった理由は諸説あるが真相は不明。一説には「バイクに乗る時、足が短くて届かないから」がある。
スーパーマリオスタジアム ファミリーベースボール(2008年)
前作『ミラクルベースボール』に引き続き登場。相変わらずのパワーを誇る。なお、最初から選べるキャラクターとして登場しており、ボスパックンが初期キャラクターとして登場したゲームは本作が初めてである。
スーパーマリオギャラクシー2(2010年)
前作『スーパーマリオギャラクシー』のディノパックンの幼体で、やはりボスパックンにそっくりの「ディノパックンJr.」が登場。また、ディノパックン自体も再び登場する。
マリオスポーツミックス(2010年)
本競技の『デイジーガーデン』に登場する。また、パーティーゲーム『ハラペコボスパックン』のゴールとしても登場する。

その他 編集

非常に大きな体格をしており、対戦型ゲームでは彼が邪魔になってゲーム画面が見づらい、ということがしばしば起きる。(特に『マリオカート ダブルダッシュ!!』では彼を選択した場合のみ通常より視点が遠く設定されるが、それでも邪魔である。)

関連項目 編集

テンプレート:Video-game-stubnl:Petey Piranha

pt:Anexo:Lista de personagens da série Mario#Petey Piranha

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki