FANDOM


テンプレート:コンピュータゲームキャラクター

Peach.png

ピーチ (Princess Peach Toadstool、作品によってはピーチ姫)とは、任天堂コンピュータゲームマリオシリーズに登場する架空の人物。

概要 編集

ファミコンソフトスーパーマリオブラザーズ』で初登場。以来変わらずキノコ王国として登場する。かつて日本国外ではPrincess Toadstool毒キノコ姫)の名が付けられていたが、『スーパーマリオ64』からはPrincess Peach(ピーチ姫)に統一されている。最初にアメリカでPrincess Peachの名前が登場したのは1993年発売の『ヨッシーのロードハンティング』。

普段ピーチが暮らすキノコ城には多数のキノピオが仕えており、特にキノじいと呼ばれる老人は側近としてピーチの世話の他に、政治や外交など国家運営の上で大きな役割を担っている。人間の家臣は描写されたことがない。国民からの人望は厚い模様で、彼女自身も地方自治を認めている(ただしキノコ王国の政治について触れられた事はあまり無い)。

年齢は「不詳」「ゲーム上ではトップシークレット」となっているが、『マリオ&ルイージRPG2』で赤ん坊時代のマリオ、ルイージと同時に赤ん坊のピーチが存在しており、その際はマリオたちよりもやや年下として描写されている。

シリーズの悪役であり、キノコ王国侵略を企む大魔王クッパから好意を抱かれており、その度にクッパから何度となくさらわれる事になる。この際は毎回のようにマリオたちに助け出されており(一部例外もあり)、作品においても「よくさらわれる人物」と描写されている。

なお、『スーパーマリオブラザーズ』など初期の作品では、姿を変えられた国民を元に戻す魔法が使えるとされ、それがクッパにさらわれる要因となっていた。現在「魔法が使える」ことが強調されることは少ないものの設定そのものは残っており、『スーパーマリオRPG』では「スペシャル技」として回復技などを使用し、『大乱闘スマッシュブラザーズX』では一部の攻撃が魔法属性扱いされている。『マリオ&ルイージRPG』シリーズでも『2×2』の最終決戦時や『3!!!』のオープニングでも魔法のようなものを使用している。

性格設定は、基本的に人格者と描写されるが、作品ごとに差異が見受けられる。後述のように、初期作品はお転婆な面が描写されることが多く(現在も時折見受けられる)、『マリオパーティ4』までは「ちょっとイジワル」という性格設定がなされており、他人のアイテムを横取りする姿も見られたが、5作目以降は消滅している。これはデイジーのレギュラー化に伴い、「ピーチは上品で知的」「デイジーは元気で活発」といったキャラの棲み分けを図ったものである。近年の派生作品では、ピーチも上品というよりおてんばやマイペースに近い極端な性格描写がされることもある。

外見的特長 編集

ブロンド(金髪)のロングヘアーとピンクのドレスが特徴(初期は茶髪)。顔については作品毎に描写が異なり、幼さを感じさせる場合(『マリオストーリー』、『ペーパーマリオRPG』、『スーパーペーパーマリオ』など)もあれば、大人っぽさを感じさせる場合(『マリオカート ダブルダッシュ!!』、『マリオパーティ6』など)もある。『スーパーマリオブラザーズ2』以前の作品では画像技術の関係でゲーム内でははっきりとした顔の描写はなかった。髪型はポニーテールにしていることもある。

ドレスはいくつかバリエーションがあり、『スーパーマリオサンシャイン』で使ったノースリーブのドレス(夏服)、スポーツゲームで使うノースリーブとスパッツの運動服、『マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック』のスケート競技で使用したミニスカートの専用ドレスなどがある。また、普段愛用しているロングドレスも細部のデザインが異なる物を何着も持っている(『マリオストーリー』より)が、そのような発言が見られるだけで、実際にそれらの服を目にする事はできない。また『Dr.マリオ』では、ゲーム中には登場しないものの、ナース服を着たピーチのイメージイラストもある。

ゲーム中の役割 編集

毎度クッパにさらわれるピーチだが、初期設定ではお転婆な性格で『スーパーマリオUSA』ではプレイヤーとして初参戦。空中を数秒間フワフワと飛ぶ能力を披露している[1]。『スーパーマリオRPG』ではフライパンを、GC作品から「おしとやかな?」性格と説明されてから以降おっとりした性格になっている。ただし、『スーパーペーパーマリオ』はパラソルを武器として用い、マリオやクッパ、ルイージと共に冒険の旅も果たす。『マリオパーティ アドバンス』では住民の悩みを解決するなどややお転婆な部分は残っている。

ゲームジャンルやストーリーなどのため自活的に動く作品では活動的に描かれることがある。『ペーパーマリオ』シリーズでは、行動的であるが性格の優しさも他のシリーズより強調されているという、中間的な性格の描写がされている。また『マリオストーリー』では「もっとおしとやかと思ったらそうでもないんですね」と指摘されて非常に焦り、『スーパーペーパーマリオ』のストーリー中においては怒らせるとかなり怖い性格となっている。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ』にも、本人を模したフィギュアという設定で『大乱闘スマッシュブラザーズDX』より参戦している。派手な闘いを繰り広げ、部下のキノピオを盾にするという技「キノピオガード」の説明では「いいんです姫だから。」と書かれるなどおてんば色が強く描かれている。一方、『大乱闘スマッシュブラザーズX』では現在の設定により性格の変化に伴い、穏やかでマイペースな性格に描かれている。アドベンチャーモード『亜空の使者』では、上述の性格を強調するような演出が多い。

クッパやその他の悪役キャラクターに何回もさらわれているが、2005年に発売された『スーパープリンセスピーチ』では初の主役へ昇格。以前までと立場が逆転し、マリオやルイージ、キノピオを救出のために自らクッパへ立ち向かっている。

派生型のピーチ 編集

ベビィピーチ 編集

『マリオ&ルイージRPG2』から、ピーチの幼少版であるベビィピーチ[1]が登場した。王冠をかぶっている事やおしとやかな点はピーチと同様だが、ヘアースタイルが異なり短髪となっている。ベビィマリオ、ベビィルイージと違いおしゃぶりをしており、

『マリオ&ルイージRPG2』と『ヨッシーアイランドDS』ではベビィ服を着ていたが、『マリオカートWii』以降はピーチのドレス(ワンピース)に近いコスチュームで靴を履いて登場している。

『スーパーマリオファミリーベースボール』ではベビィデイジーと一緒にピーチリンクでかくれんぼをしている。

カゲの女王 編集

ペーパーマリオRPG』のラストボスとして登場。1000年前の世界を支配して闇に覆いつくした魔物「カゲの女王」の魂がピーチに憑依し、その身体を乗っ取ったもの。カゲの女王は魂だけの状態で封印されていたため、封印を解いた後には新たな身体を必要としており、カゲの女王を利用しようと企んでいたバツガルフがピーチに憑依させた。カゲの女王の絶大な魔力によってピーチの意識は押さえ込まれており、ピーチの自我はほとんど無い。

憑依後は服装が変化しており、漆黒のドレスをまとい、襟飾りやマントなど新たな装飾も加わっている。最初は、服装以外はピーチそのものの状態だが、時間が経ってカゲの女王が本来の力が目覚めると、カゲの女王の魂および元々の姿と思われる巨大な女性の影が発生・実体化してピーチを覆い、ピーチ本体の姿はほとんど見えなくなる。

ピーチの身体は適性が高かったようで、最初カゲの女王は強大な力を存分に振るったが、マリオたちの意思に反応したスターストーンで世界中の願いの力が集まると、ピーチの身体およびかすかに残った意識もカゲの女王に抵抗しはじめて、うまく力を使うことができなくなった。カゲの女王が完全に滅んだ後は、傷もなく元の姿に戻っていた。

関連人物 編集

マリオ
いつも彼女を助けに来てくれるヒーロー。恋仲として定着している。
ルイージ
マリオの弟。ルイージ主体でゲームを進めた場合にピーチを救う。基本的には仲が良く、マリオと同様に丁寧に接している。
一方で、多くの作品ではピーチから招待されたのがマリオだけという場合が多く、『スーパープリンセスピーチ』ではカッサーに名前で呼ばれず、『スーパーマリオギャラクシー』では助けに向かうルイージに対する手紙の宛名がマリオになっており、マリオほど信頼されていない様子が見受けられる。
クッパ
クッパ軍団を統べる大魔王。懲りもせずに毎度ピーチをさらい、時には目的がはっきりせず連れ去る事もある。先述のように、初期は自らの魔法を解くことが出来る彼女の圧倒的な魔力を恐れ誘拐していたが、途中からは好意ゆえに誘拐している。『スーパーマリオサンシャイン』では息子のクッパ Jr.を喜ばすためにピーチがJr.の母親、と嘘をついて誘拐させている。直接城に乗り込んで誘拐する、マリオとはぐれたところを誘拐する、城ごと誘拐する、等あらゆる手段でさらっていくが、ピーチ自身には至極紳士的に接し、彼女に危害を加えたことは一度もない。ピーチを我が物にしたいようだが、『スーパーペーパーマリオ』で「絶対に結ばれない」ことが発覚している。
当初のピーチは彼を嫌っていたが、近年は仲良くする事が多く少なくとも嫌いではなくなった。
キノコ族
ピーチ姫の部下であり、主に以下のような者がいる。
キノピオ
ピーチに仕えるキノコたちで、時として体を張りピーチを守る。しかし温和な性格が災いし、基本的に彼女が何者かに攫われているときには何も出来ていないことも多い。例として、『スーパーマリオギャラクシー』ではストーリーの冒頭で、ピーチがクッパに襲われた際に彼女の後ろに隠れて怖がっている描写がある。
キノじい
『スーパーマリオRPG』『マリオストーリー』ではキノコ大臣という人物が側近を務めていたが、『スーパーマリオサンシャイン』以降はこの役割を彼が取って代わり、現在に至っている。いつもピーチの身を守る様子だが、時には彼女から口煩く思われている(ピーチ曰く「カタブツ」)。
キノピコ
スーパーマリオスタジアム ミラクルベースボール』『スーパーマリオスタジアム ファミリーベースボール』において、ピーチと相性が良かったキャラの1人。キノピコにとってピーチは「頼れるお姉さん」らしい。『ファミリーベースボール』ではピーチ姫を助けるために他のキャラはクッパJr.を恐れてマリオに一緒になることを拒んでいたが「ダメと言われてもついて行くから」と自ら仲間に入れてもらうことを志願する場面があった。
デイジー
サラサ・ランドの姫。ピーチとは親友にしてライバルという関係(この関係は『マリオパーティ6』から[2]。当初は2人はライバルでは無く[3]、特に公式設定も無い、という浅い関係だった)。ゲームによってはコンビを組む事がある。2008年に発売された『スーパーマリオスタジアム ファミリーベースボール』では、ベビィピーチとベビィデイジー(小さい頃のデイジー)が仲良くかくれんぼで遊んでいる姿が見られる。
ヨッシー
スーパーマリオワールド』にて、マリオブラザーズの付添いとして、姫救出の手助けをした。『スーパーマリオ64DS』において、ピーチ救出のために旅立った。その他キノコ城に呼んであげたなどの繋がりがある。ベビィピーチの時からの知り合いで(ただし同一個体かは正確には不明)、基本的にどの作品でも仲は良い。
キャサリン
夢工場ドキドキパニック』から登場したオカマの恐竜。サテラビューで放送されたラジオドラマでは、ピーチと非常に仲が悪いと設定されて激しい口喧嘩が描写されており、ゲーム作品でも『スーパーマリオスタジアム ファミリーベースボール』などで相性が悪くなっている。
ワリオ
マリオとは犬猿の仲だが、『スーパーマリオ64DS』において、ピーチ救出のために旅立った。ピーチに対しては『マリオテニスGC』ではトーナメントでピーチが優勝した場合、ムービーで彼女の優勝に嫉妬している。『スーパーマリオ64DS』では彼女に親切な面も見せたが、マリオやクッパと違い恋愛感情は無いようである。


登場作品 編集

その他 編集

パロディ 編集

配役 編集

脚注 編集

  1. 『スーパーマリオUSA』の前身『夢工場ドキドキパニック』のプレイヤーキャラクターである「リーナ」のものであり、当初の構想には無かった能力。
  2. 『マリオパーティ6』のガイドブックで初めて2人が親友にしてライバルである事を示す節が記されている。
  3. マリオテニス64』の攻略本より。

外部リンク 編集


ar:أميرة بيتش ca:Princesa Peach da:Prinsesse Peachis:Princess Peachnl:Princess Peachpt:Princesa Peachsimple:Princess Peach sv:Prinsessan Peach tl:Princess Peach uk:Принцеса Піч ur:پیچ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki