FANDOM


ドンキーコングシリーズ > コングファミリー > ドンキーコング (ゲームキャラクター・2代目)
マリオシリーズ > キャラクター > コングファミリー > ドンキーコング (ゲームキャラクター・2代目)

テンプレート:コンピュータゲームキャラクター


2代目ドンキーコングは、任天堂コンピュータゲームに登場する架空のキャラクター。現在のドンキーコングといえば彼のことを指す。

概要 編集

当時では最先端の3DCGレンダリングでデザインされたゴリラ。初期の作品に登場していた先代ドンキーコング(クランキーコング)息子であり、それまでのドンキーコングのイメージを残しつつ、極力本物の動物に近づけた設計がなされた、全く新しいキャラクター。頭のトンガリと「DK」というマーク("Donky Kong"のイニシャル)のネクタイがトレードマークである。

なお、2代目ドンキーは初代ドンキー(クランキー)の孫に当たるため、クランキーの息子であるドンキーコングJr.(ただし、Jr.と現・2代目ドンキーの関係は公式には発表されたことは無いため、父親なのか、それとも伯父(叔父)なのかは不明)が2代目であり、実際は3代目となるはずだが、現在の「2代目ドンキーコング」とはこのドンキーコングを指す言葉となっている。

声優は、アニメ版『ドンキーコング』と一部のコマーシャルでは山寺宏一ドンキーコングシリーズとしては『ドンキーコングジャングルビート』、マリオシリーズとしては『マリオテニスGC』以降の作品で長嶝高士が担当している(『大乱闘スマッシュブラザーズ』など一部作品はその後もサウンドエフェクトを使用)。それ以前のゲーム作品では、サウンドエフェクトや開発スタッフの音声が使用されている。

人物編集

一人称はアニメ版及び『スーパードンキーコング』『ドンキーコング64』では「ボク」、『マリオパーティ3』『ドンキーコンガ3』やGBA版『スーパードンキーコング』シリーズでは「オイラ」それ以外の作品では「オレ」になっている(一部の作品、漫画では「オレ」あるいは「わし」の場合もある)。

現役時代は暴れることが多かったクランキーコングと違い、ヒーローらしく気は優しくて力持ちという言葉が当てはまる。ただし『スーパードンキーコング』のストーリーでディディーコングにバナナの見張りを押し付けたり、先代のイメージも継承している『マリオvs.ドンキーコング』シリーズでは玩具の「ミニマリオ」を工場から盗み出す・玩具が手に入らずかんしゃくを起こすなど、多少短気で強引なところがあるが、それは単に幼稚な面があるだけで本人は悪気はない。

「ドンキー(まぬけ)」という名前のとおり、ドジで頼りないところもあるため、よくクランキーコングからは説教されており、デビュー作『スーパードンキー』のオープニングではクランキーを怒らせてTNTバレル(要は爆弾)を投げつけられるなど、初期からこのような扱いだった。また同時に、過去に数回クレムリン軍団に誘拐されているというヒーローらしくない経歴を持つ。ただ、『大乱闘スマッシュブラザーズX』のアドベンチャーモード『亜空の使者』ではクッパの攻撃から自分を犠牲にディディーを助け、代わりに自身は戦闘不能になってしまうという2代目ドンキーらしい優しさを見せた。また、シリーズで活躍が増えるにつれ、近年の作品ではクランキーに褒められることの方が多くなってきている。

バナナが大好物で、あきれるほどのバナナ好きと言われており、実際にもバナナを大量に貯蔵していたり、奪われると怒るなど、バナナへの思い入れはこの上なく強い。また、力比べや勝負事が好きで『スーパーマリオスタジアム ミラクルベースボール』では自らのパワーを誇示していたり、『いただきストリートDS』では『ドラゴンクエストVI 幻の大地』のキャラクターであるハッサンと力比べをしたりしていた。『ドンキーコング64』のオープニングでは、ラジオの音楽に合わせながら片腕や足を浮かせながらの腕立て伏せを披露している。音楽はロックが好きらしく、ラジオから流す音楽は決まってロックやラップである。

マヌケなキャラクターと扱われることも多いが一方で、発想力や技術力に優れた面もある。『マリオvs.ドンキーコング』では、戦闘用ロボット(木製だが)を建造し操縦するなどしている。

体格編集

初登場の『スーパードンキーコング (1-3) 』や『マリオパーティ (1-4) 』ではディディーやディクシー程度の小柄な体格であり、『マリオカート64』以降(マリオパーティ (1-4) を除く)は大柄な体格になった(クッパよりやや小さい)。ただ、『ぶらぶらドンキー』や『ドンキーコング ジャングルクライマー』などでは、公式画像では大柄であるがゲーム上では2Dグラフィックの関係で小柄な体格に見える。

周囲との関係編集

クランキーにしかられたり、ワガママさやのん気さで周囲をあきれさせることがある一方、実力や仲間想いさもあってコングファミリー内でリーダーとして認められている。特に相棒であるディディーコングとは仲が良い。ファミリーの一人であり同じゴリラ仲間のキャンディーコングのことが好きとされるが、近年は人間のポリーンがその対象となって彼女をさらうなどしている。

『マリオシリーズ』においてのドンキーは多くの作品で味方サイドの扱いであり、大抵の場合マリオの味方についている。後述のように『マリオパーティ』シリーズでは『5』以降、クッパに対する「正義のヒーロー」という位置づけでマリオたちに味方している。ただし、『マリオシリーズ』においては基本的にバライティ作品にしか登場しておらず、マリオ以外のマリオファミリーとの詳細な関係はあまり描写されていない。

一方、先述したようにクランキーからの影響や、『大乱闘スマッシュブラザーズX』でのスネークとオタコンの会話でライバル視しているという会話があったりと敵対関係とされる場合もあり、『マリオvs.ドンキーコング』シリーズでは敵対するものの、実際のところはマリオも彼が悪気があってやっているわけではないことを知っているので、マリオと一緒にミニマリオやミニDKを作ったりどの作品でも最終的に誤解を解いたり、ミニマリオやミニポリーンなど彼が欲しがっているのをプレゼントして仲直りするなど、基本的には仲が良い。ポリーンもドンキーのことを理解しているため嫌いではなく、むしろ非常に好意的であり、ドンキーも彼女が好きなのでさらう以上の危害は加えず紳士に接している。

歴史編集

テンプレート:雑多な内容の箇条書き 各作品の項も参照の事

1994年、それまでの初代ドンキーの孫として『スーパードンキーコング』に初登場し、主役となった。
キングクルール率いるバナナ泥棒団クレムリンを相手に、ジャングルのヒーローとして冒険を繰り広げた。地面に両手を打ち付ける「ハンドスラップ」という技で小規模な地震を起こせる程の力を持ち、地面に埋まったアイテムを見つけることもできる。その一方でジャンプ力、素早さもまずまずで、ヒーローとして申し分ない能力を持つキャラクターだった。
『スーパードンキーコング』の驚異的売り上げにより、一気に人気キャラクターとなったドンキーだが、続編である『スーパードンキーコング2』『スーパードンキーコング3』では、クルールに捕まり、助けをひたすら待つという、2度にもわたって非常に情けない役割となった。それでも『2』では彼がラスボスにとどめをさしてはいるが『3』ではディディーと共に捕まったうえ、その理由も明らかにされてない。
それとは逆に、1996年には『マリオカート64』でマリオシリーズに初登場し、続いて1998年には『マリオパーティ』に参戦する。体格を生かしたパワフルなプレイで、以降のマリオシリーズになくてはならない定番キャラクターとなっていった。
その後も1999年には『マリオゴルフ64』、2000年には『マリオテニス64』といった他のシリーズにも登場し始め、本格的に2代目もマリオファミリーのメインキャラクターの一人として出世街道を歩く事になる(だが逆に初代やドンキーコングJrはマリオシリーズに登場しなくなった)。『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズにも出演しており、ゲーム界を代表するキャラクターにまで成長したと言っても過言では無い。ただし、『マリオパーティ』シリーズにおいては当初はプレイヤーキャラクター扱いだったが、5作目(2003年)以降は司会、進行などのサブキャラクターに格下げとなってしまった(敵としては登場しない)。
1999年では、ついに本家レア作品である『ドンキーコング64』の主役になる。多彩な技と強力な武器が与えられ、以前にも増して力強く、頼れるリーダーキャラクターとなった。ただ、「パワー」という点においては、より力強いチャンキーコングの登場により発揮する機会が少なかった。ちなみにこの作品では常時二足歩行。
2002年、レア社がマイクロソフトへ買収される。しかし、ドンキーとその仲間であるコングファミリーは任天堂が版権を所有し、引き続き活躍を続ける(クルール達クレムリン軍団も同じく登場している)。2003年の『マリオゴルフファミリーツアー』でマリオシリーズに初出演した相棒のディディーとの共演を果たし、以降も『マリオカート ダブルダッシュ!!』や『マリオテニスGC』などで彼と出演するようになる。
2004年発売の『ドンキーコングジャングルビート』では、の中の王を目指すという理由で旅立つ。パンチやキック、宙返りや壁ジャンプを繰り広げ、パワーや身軽さを存分に活かしている(特にドンキーシリーズの作品の中では)。また、拍手することによって手から音波を発する新たな技を見せている。この作品の辺りから、ドンキーに与えられる台詞は極端に無くなってきている。『マリオvs.ドンキーコング』ではマリオとは初めて敵対関係となり、以降のシリーズではかつての祖父のようにマリオと闘う機械が多くなった。
2005年、『ぶらぶらドンキー』では、キングクルールに盗まれたウィナーメダルを取り戻すために旅立つ。対戦ミニゲームが含まれているゲームの主人公であるためか、ミニゲームでは誰でも扱いやすいバランスキャラとなっている。
2006年には『ヨッシーアイランドDS』ではベビィDKが登場し、2代目との関連性は明らかになっていないが、見た目は2代目に似ている。なお、このベビィDKは他にも2008年の『スーパーマリオスタジアム ファミリーベースボール』にも出演している。
2007年、『ドンキーコングたるジェットレース』では、彼専用の装備ネオジェット(全性能が最高値のマシン)が与えられるなど、主人公らしい扱いを受けている。また、『ドンキーコング ジャングルクライマー』では、キングクルールから宇宙を救うという大役を果たしており、バナナ人が住まうバナナ星の英雄になっている。『マリオvs.ドンキーコング2 ミニミニ大行進!』では人間のポリーンに一目惚れをし、彼女のことが好きになるが、勘違いから彼女をさらってしまうが彼女に対しては優しい態度をとる。以降のシリーズ化では彼女をさらってマリオと対決し、真のエンディングで仲直りするというパターンになっている。
余談だが、レア作品では、高度な建築物(工場や砦)も多数登場していたが、任天堂ではドンキーのステージは、大抵がジャングルを模した造りをしている(例:『マリオテニスGC』のジャングルコートなど)。ファンタジー性を重視するレアと、イメージを大切にする任天堂の志向の差が現れる事例と言える。但し、『ドンキーコング たるジェットレース』や『ドンキーコングジャングル クライマー』など、マリオから独立したドンキーシリーズではその限りではない。
なお、『マリオ&ソニック AT 北京オリンピック』ではマリオ側の隠れキャラとして登場する予定だったが、取り消された(ただしデータとしては収録されている)が2009年、『マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック』ではマリオ側の新キャラとして登場することになった。
2010年、『ドンキーコングリターンズ』では、『スーパードンキーコング』シリーズにとっては16年振りのWii専用ソフト。「ドンキーコングアイランド」に訪れた危機。謎の魔物「ティキ族」によってバナナを奪われてしまう。怪しい楽器を使って動物達を催眠術で操ることが出来る。ただし、何故か二代目のドンキーコングでは、催眠術で操ることが出来ないらしい。特別なゴリラらしい。

パロディ 編集

スーパーマリオRPG』ではドソキーユングというドンキーコングそっくりの敵キャラクターが登場した。ちなみに本物はゲーム中に一切登場しない。英語版ではゴリラをもじった「ゲリラ」という名前である。

『マリオ&ルイージRPG』では、幽霊船でのタルを使ったミニゲームに、ドンキーコングの骸骨のようなキャラクターであるビィンキーが登場した。

登場作品 編集

ドンキーコングシリーズ 編集

マリオシリーズ 編集

その他・ゲスト出演 編集

1999年・2001年・2008年

2005年

  • 役満DS※Wi-Fi対応版にも登場。

2007年

2009年

テンプレート:Link FA

ar:دونكي كونج (شخصية خيالية) ca:Donkey Konghu:Donkey Kongko:동키 콩 nl:Donkey Kong (personage) nn:Donkey Kongpt:Donkey Kongsimple:Donkey Kong sv:Donkey Kong uk:Донкі Конг zh:大金刚

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki