FANDOM


ドンキーコングシリーズ > コングファミリー > ドンキーコングJr (ゲームキャラクター)
マリオシリーズ > キャラクター > コングファミリー > ドンキーコングJr (ゲームキャラクター)

ドンキーコングJr( - ジュニア)は、任天堂のゲームキャラクター。初代ドンキーコングの息子である。

概要 編集

彼の名を冠したゲーム『ドンキーコングJR.』(1982年)で主役として初登場。中肉中背で、ランニングシャツを着ているゴリラ。動きも当時としては俊敏であった。

その後、『ドンキーコングJrの算数遊び』(1983年)に登場。2Pキャラクターは彼の色違いとなっている。ゲームボーイ版の『ドンキーコング』では、ゲームの『ドンキーコングJR』を意識してかマリオと同サイズの大きさで、敵キャラクターとして登場。仕掛けのレバーを勝手に切り替える等をしてマリオの妨害を行っている。

1992年に出演した『スーパーマリオカート』では、クッパ並みの体格に成長している。

任天堂のホームページでは、2代目ドンキーコングクランキーコング(初代ドンキーコング)の孫、ドンキーコングJr.がクランキーコングの息子として紹介されているが、ドンキーコングJr.と2代目ドンキーコングの関係は明らかにされていない[1]

大乱闘スマッシュブラザーズDX』ではフィギュアとして登場する。入手条件はかなり厳しめである。

マリオカート ダブルダッシュ!!』のワルイージスタジアムでは観客として登場している。

Wiiバーチャルコンソールでは『ドンキーコングJR.』が配信されている。

登場作品 編集

脚注 編集

  1. *任天堂オンラインマガジン2000年2月号

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki