FANDOM


ディディーコングは、任天堂テレビゲームドンキーコングシリーズマリオシリーズに登場するキャラクター。開発はレア社だが、現在は任天堂に所属している。

概要 編集

赤色のベスト(1995年以降は黄色い五芒星マークが入る)と帽子2003年の『マリオゴルフファミリーツアー』以降は、キャラクターの版権をレア社から買い取ったので「Nintendo」のロゴが入るようになった)を身に付けたオスチンパンジー(ただし、アマダから発売されたトレーディングカードでは種族が「ゴリラ」とされていた)。通常、チンパンジーやゴリラといった類人猿には尻尾は無いのだが、何故か長い尻尾がある(尻尾でフックにぶら下がる事もできる)。2代目ドンキーコング(以下ドンキー)の弟分であり、共に行動する事も多い。ガールフレンドにディクシーコングがいる。

一人称はゲーム、アニメ共に「オイラ」。

外見で分かる通り、非常に身軽で動きはドンキーよりも俊敏。また、自在に操れる長いを持ち、自身の体重程度の重さなら楽に支えられる。年齢は人間でいう10代中盤位(サルでいう1歳前後?)。

足もかなり速く、『スーパーマリオスタジアム ミラクルベースボール』では、走塁力がヨッシーに次いでメインキャラ中2位であったが、パワーはメインキャラ中最下位であった。

他キャラに比べると性格設定に不明確な部分が多く、「ドンキーに比べてしっかり者」という事位しか分かっていない。

やはりドンキーと仲が良いらしく、『マリオパーティDS』ではドンキー宛てだった手紙を読んでおり、彼と共に行動する機会が非常に多かった。

声優は、アニメ版『ドンキーコング』では林原めぐみ、ゲーム版はドンキーコングシリーズでは『ドンキーコングたるジェットレース』、マリオシリーズでは『マリオテニスGC』以降鈴木勝美が彼の声を担当している。

歴史 編集

1994年の『スーパードンキーコング』で初登場。ドンキーの相棒として、キングクルールに盗まれたバナナを取り返しに向かった。当時からドンキーとは対照的な設定が成されており、「身軽だが多少非力なキャラ」として現在まで引き継がれている。尚、当初から2人1組で行動する事を前提に開発された為、ディディーでは倒せない敵やクリア出来ないトラップも存在していた。

尚、このゲームを新規に始めた場合、ディディーはタルに詰められた状態で発見出来る。これは、バナナ倉庫(ドンキーの家の真下)の番をしていた所をクレムリン軍によって閉じ込められ、彼らが撤収する際にそのまま捨てていった為である。

続編の『スーパードンキーコング2』(1995年)では、ドンキーが拉致され、ディディーが率先して救出しに向かった。相棒はディクシーとなり、2人共スピード重視のキャラだった為にパワー系の敵には苦戦したが、新たにチームアップ(相棒を肩車し、投げる技)を編み出し、全体的なパワーの低さを補った。また、リメイク版では単独でのタイムアタック、「ディディーのダッシュ」というモードも追加されている。

ディディーとディクシーの基本的な行動は同じであるが、物の投げ方が異なり、ディディーは体前から、ディクシーは体の上から(これは前作のドンキーも同じ)投げる。その為、物を運んでいる際の守備範囲も異なっていた。また、ダッシュやジャンプも俊敏であった。 初代の声がディクシーと似ているためか、2では声が低くなった。

3作目『スーパードンキーコング3』(1996年)ではドンキーと共にクレミス島の探検に向かったが、途中でバロンクルールに捕まり、殺猿(?)ロボット「カオス」の体内に2匹共々幽閉された。最終的にディクシーらの活躍によって助けられたが、登場した際には「バナナの山の夢を見ていた」と訳の分からない事を口にするだけで、結局いつどこで捕まったのかは判明せずに終わった。

1997年には、それまでと異なり、友人のティンバー(トラ)から誘われる形で、ティンバーアイランドを占拠していたウィズピッグ(ブタ?)を倒しにへ遠征している。この作品は、『ディディーコングレーシング』とディディーの名こそ付いているものの、主役は実質的にティンバーであり、他の出演者と同等に扱われていた。また、この作品には軽いキャラが多いため、平均体重がディディーと同じ位になっている。

ドンキーとは、1999年の『ドンキーコング64』で再共演。しかし、ゲームシステム上、共に行動する事は無かった。その分、単独での技は多彩になり、空を飛ぶ「バレルジェット」、ピーナッツを発射する「ピーナッツ・ポップガン」、周囲の敵を一掃する「エレキ・ショッカー」など独自の技も多数生まれている。

その後、2002年にレアがマイクロソフトに吸収合併され、出演が決まっていた『ディディーコングパイロット』等の作品は凍結された。またDS版の『ディディーコングレーシングDS』も2010年10月未だに日本では発売されていない。

しかし、既に世界的に有名なゲームキャラクターとなっていたディディーは、マリオシリーズに初登場したキャメロット製作の『マリオゴルフファミリーツアー』やナムコ開発の『ドンキーコンガ』(共に2003年)にも出演しており、以前よりはむしろ目立った活躍が多く見られるようになった。

なお、任天堂が直接開発した『マリオカート ダブルダッシュ!!』(2003年)ではレーサーとして参戦しているが、反面『ディディーコングパイロット』はバンジョーを主人公にした『バンジョーパイロット』に内容が変更されている。

マリオテニスGC』(2004年)に至っては形状こそ異なるもののバレルジェットも登場している。しかし、スピードを売りにしたキャラとしてはヨッシーがおり、差別化の為にサルっぽさを強調(以前は行動面でかなり擬人化して描かれていた)する事を余儀なくされている。

2005年、『ぶらぶらドンキー』では、彼が単独で冒険するモードが存在する。攻撃力が少し弱いが、ジャンプ力が高い。説明書には、ジャングルピックの優勝候補ナンバーワンと書かれている。

ドンキーコング ジャングルクライマー』(2007年)では、久々にドンキーとコンビを組んで冒険している。ただし、『スーパードンキーコング』のようにタッチによる交代で彼を直接操作できるわけではなく、ドンキーのアクションを増やす形でついて行く。だが、投げ飛ばされることによって通常では取れないアイテムを取ったり、ボス戦で有利になれるなど貴重な役割をしている。会話中では、宇宙に逃げそうになったキングクルールに追いつく手段をとっさに発見し、しっかり者という性格を表している。

大乱闘スマッシュブラザーズX』では新たなプレイヤーキャラクターとして参戦した。近年の傾向のようにサルらしいアクロバティックな動きが特徴で、ピーナッツポップガンとバレルジェットも使用する。
アドベンチャーモード『亜空の使者』では自分を逃がす形で戦闘不能となり敵に捕らわれてしまったドンキーを助けるべく、冒険の道中で出会ったフォックスファルコを半ば無理矢理連れて行く。この事から、『スマブラ』においてはやや強引な性格とされていることがうかがえる。
2008年2月29日ファミ通増刊号の「直撃!!桜井政博さんインタビュー 新規参戦キャラクターについて聞く後編」のディディーのインタビューにて、実は開発当初は『スーパードンキーコング2』のようにディクシーコングとペアで出す予定で、タッチする事で2人を入れ替えるはずだったが、製作の事情によりカットになったと語っている。

アニメでの設定は『ドンキーコング (アニメ)』の項を参照。

登場作品 編集

ドンキーコングシリーズ 編集

マリオシリーズ 編集

ゲスト出演 編集

2005年

2006年に発売のWi-Fi対応版にも登場。

2008年

プレイヤーキャラとして参戦。
nl:Diddy Kong

nn:Diddy Kong sv:Diddy Kong

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki