FANDOM


チョロプー (Monty Mole) は、任天堂が発売したコンピュータゲームソフトのシリーズ、マリオシリーズに出てくる架空のキャラクター。

概要 編集

スーパーマリオワールド』で初登場。マリオが近づくと、突然壁や地面から飛び出し突進攻撃を仕掛けてくる。以降、主にマリオシリーズアクションゲームに登場し、パーティゲームでも度々姿を見せるようになる。前述のように元々の攻撃方法は単なる突進だけであったが、『スーパーマリオ64』や『マリオストーリー』では、石を投げて攻撃を行っていた。モグラである故、太陽の光には弱いのか、ほとんどの登場作品ではサングラスを掛けていたが、最近ではあまり掛けなくなっている。移動に関しては俊敏のようで、『スーパーマリオスタジアム ミラクルベースボール』では、スピードタイプに位置付けられている。

スーパーマリオブラザーズ3』には、このキャラの前身と思われる「プー」という敵キャラが登場している。飛行船や戦車の床から突然現れ、スパナを投げつけてくる。基本的にどんな攻撃でも倒せるが何度でも登場する。最終ステージに現れる赤いタイプは1度倒せばもう出現しない。

スーパーマリオカート』では地面にあいた穴から飛び出してきて、それに触れてしまった場合はスピンこそしないもののそのままくっつき、ミニジャンプで振りほどくまでカートのスピードを低下させるという効果があった。

スーパーマリオサンシャイン』では中ボスとして登場。砲台の中に潜み、キラーボム兵といった砲弾を使って攻撃した。

また、『New スーパーマリオブラザーズ』ではチョロプータンクという名前でワールド6のボスとして登場。

マリオストライカーズ チャージド』では、サイドキッカーとして初参戦。固有技としてスーパーシュート「ドリルアタック」が与えられているなど、パーティゲームでの出演においてはこれまでに無い待遇である。しかし、今までの出演作に比べて巨体である事、スピードの遅いパワーキャラとして扱われている事などから、名称こそチョロプーだが後述のインディの亜種でないかとも思われる。

最近ではクリボーノコノコなどと同様、敵でないチョロプーも稀に登場する。

派生型 編集

インディ
スーパーマリオワールド』に登場した巨大なモグラ。ヨッシーより明らかに大きいが食べることが出来る。また、『マリオ&ルイージRPG』では、黄色い者が何体かフィールド上に存在し、話しかけると、レアアイテムをくれる。
フラワーチョロプー
マリオストーリー』に登場した緑色のチョロプー。ハナコの花畑で悪戯をしていた。通常のチョロプーの強化版。
ニョロプー
『マリオ&ルイージRPG』に登場するザコ敵。モグラというより、うなぎのような姿をしている。地面にもぐったり、噛み付いてくる。
ゲラプー
マリオ&ルイージRPG3!!!』に登場する、ゲラコビッツの顔をしたチョロプー。岩を投げつけてきたり、飛びかかって攻撃してくる。
メタルゲラプー
『マリオ&ルイージRPG3!!!』に登場。ゲラプーの上級種。
チョロプータンク
Newスーパーマリオブラザーズ』のワールド6のボス。3段になっている戦車に乗っている[1]。砲台からキラーを発射したり、ボム兵を投げて攻撃してくる。

近種 編集

モグ兵
スーパーマリオギャラクシー』に登場したモグラ。トゲ付きのヘルメットを被っており、地面を掘り進む。モグキングというボスが存在する。また、ウォーターバズーカ、エレキバズーカにのって攻撃するものもいる。また、『スーパーマリオギャラクシー2』では、大砲つきの専用機からキラーや砲弾を撃ってくるものが存在する。

登場作品 編集

テンプレート:Video-game-stub

  1. これまでも『ブラザーズ3』などで、飛行艇などに乗っているが、その乗り物自体にチョロプーの名前がついたのは初となる。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki