FANDOM


スーパーマリオ
不思議のころころパーティ2
ジャンル メダルゲーム
開発元 カプコン
発売元 カプコン
人数 8~16人
稼働時期 2005年10月
  

 スーパーマリオ 不思議のころころパーティ2(スーパーマリオ ふしぎのころころパーティ2)は、カプコンより発売された大型メダルゲームであり、スーパーマリオ 不思議のころころパーティの後継機である。

概要 編集

前作と同様に、最大6人まで遊べる大型のプッシャーゲームである。ただし、前作に比べると、「ころころ」(ボールを転がす)の印象が薄めで、パーティ(楽しく遊ぶ)の印象を強くしたようなゲームとなっている。

前作との基本的な違い 編集

  • 前作では、クリスタルチャンス突入抽選に使用されていたクリスタルが、本作ではすごろくを進めるためのサイコロ出目抽選となった。これに伴い、さまざまなイベントゲームが用意されている。
  • クリスタルチャンスもすごろくのなかの特定の場所に停止することで発生するイベントゲーム式に変更された。なお、前作と比べるとクリスタルチャンス突入率は下がっている。
  • クリスタルチャンス突入率が低い代わりに救済措置も取り付けられた。「GO!」チャッカーにメダルが一定回数入賞することでクリスタルチャンス突入時のSJPチャンス期待度が上がるシステムとなっている。
  • クリスタルチャンスにおけるアタリクリスタルとハズレクリスタルの概念や、アタリクリスタルの数等についても大幅な変更あり。前作では当たりであった緑クリスタルがはずれ扱い(40枚払い出し)となり、赤クリスタルは100枚払い出しがなくなった。また、投入されるクリスタルの数が5個となり、アタリクリスタルである赤の個数は1~3個となる。
  • スーパージャックポットチャンスのルールは前作と基本的に同じ。ただし、前作ではSJPであったピーチ姫は300枚払い出しに降格されている。

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki