FANDOM


テンプレート:コンピュータゲームの新製品

マリオシリーズ > スーパーマリオ3Dランド
スーパーマリオ 3Dランド
Super Mario 3D Land
ジャンル 3Dアクション
対応機種 ニンテンドー3DS
開発元 任天堂
発売元 任天堂
人数 1人[1]
メディア ニンテンドー3DS専用カード
発売日 Flag of Japan2011年11月3日[1]
アメリカ合衆国の旗[[image:テンプレート:Country flag alias CAN|border|25x20px|テンプレート:Country alias CANの旗]]2011年11月13日[2]
[[image:テンプレート:Country flag alias EUR|border|25x20px|テンプレート:Country alias EURの旗]]2011年11月18日[3]
[[image:テンプレート:Country flag alias AUS|border|25x20px|テンプレート:Country alias AUSの旗]]2011年11月24日
価格 Flag of Japan4,800円(税込)[1]
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)</br>ESRB:E
その他 すれちがい通信対応[1]
  

スーパーマリオ 3Dランド』(スーパーマリオ スリーディーランド)は任天堂より2011年11月3日発売予定のニンテンドー3DSゲームソフト。

概要 編集

マリオシリーズ初のニンテンドー3DS用ソフト。3Dアクションだが、Bダッシュ[4]、ゴール地点のポールや旗、ちびマリオの存在など、要素・ゲーム性ともに2Dアクションのマリオシリーズにより近づいた内容になっており、各コースには時間制限がある。このことについて、製作者は「2Dマリオの感覚で遊べる3Dマリオ」と表現している。なお、タイトルの「3Dランド」は2Dマリオや『マリオランド』へのオマージュであるとのこと。また、『スーパーマリオブラザーズ3』のような「進化した(3D)アクションゲーム」を目指して作られているらしく、要素自体もタヌキマリオやブンブン、ちくわブロックなど、『3』を意識したものが多い。[5]

「転がる」などの新アクションや、プロペラボックスといった本作初登場の新アイテム、新パワーアップが追加されており、ほかにも、立体視を用いた騙し絵のような仕掛けや、ゲーム機本体を傾けて操作する望遠鏡など、ニンテンドー3DSの機能を活かした要素も数多くある。さらに、『New スーパーマリオブラザーズ』のように下画面にアイテムをストックすることが可能[1]

今作では最大残機が王冠3つ(1110)になっている。

例.

1000~1099=王冠1つ(百の位)+00~99

1100~1109=王冠2つ(百・十の位)+0~9

今作はタヌキマリオだけでなく、クッパやクリボー、テレサやキラーなど多くの敵にタヌキのしっぽが付いており、ロゴにもしっぽが組み込まれているなど、作品の一つの象徴になっているようである。

2011年3月に行われたGame Developers Conference(GDC)にて、任天堂社長の岩田聡により、マリオシリーズの新作がニンテンドー3DSで開発されていることが明らかにされた。『スーパーマリオギャラクシー』及び『スーパーマリオギャラクシー2』と同じチームが開発しているという[6]。 2011年6月のE3で映像が公開され[7]、プレイアブル出展された。北米では2011年の年末商戦期に発売予定と発表された[4]。 2011年7月28日、3DSの値下げの発表と共に正式タイトル『スーパーマリオ3Dランド』が発表され、あわせて発売時期が2011年11月に決定。その後、2011年9月13日のニンテンドー3DSカンファレンス2011にて正確な発売日が決まった。

ストーリー 編集

キノコ王国にある一本の木。それは特別な葉をつけ、しっぽのような形の枝がついており、“しっぽの木”と呼ばれ親しまれていた。ある夜、キノコ王国に大嵐が吹き荒れ、しっぽの木の様子を見に行ったピーチ姫がいつまで経っても帰ってこない。嵐が明けた朝、しっぽの木には葉が一つ残らず無くなっており、そこには一通の封筒が残されていた。封筒の中には、クッパに捕まったピーチ姫の写真が。こうして、ピーチ姫を救うためマリオの冒険が始まるのであった。

キャラクター 編集

マリオ
おなじみのヒーロー。
ピーチ姫
キノコ王国の姫。今作もいつものように、クッパにさらわれてしまう。
キノピオ
キノコ王国の臣下。コースのいたるところで登場し、望遠鏡で発見するとスターメダルをくれたり、コースのどこかにあるキノピオの家ではパワーアップアイテムなどをくれる。
クッパ
カメ族の首領。やはりピーチ姫をさらっていく。今作では通常のクッパだけでなく、しっぽがタヌキのものになっているしっぽクッパも登場する。
ルイージ
マリオの弟。エンディング後で遊べるスペシャルステージで登場し、プレイヤーキャラとして使用可能。マリオよりジャンプ力が高い反面、滑りやすいという点は『スーパーマリオギャラクシー』と同じであるが、今作で遊べるように調整されてやりやすくなっている。

アイテム 編集

今までシリーズの3Dマリオでの変身はコース内でしか変身出来なかったが、今作では2Dマリオと同じように変身した能力を引き継いで次のコースへ持ち越し出来るようになった。

スーパーキノコ
取るとスーパーマリオに変身できる。レンガブロックを壊せるようになる。ダメージを受けるとちびマリオに戻る。
ファイアフラワー
取るとファイアマリオに変身できる。ファイアボールを出せるようになる。今までシリーズでは投げたファイアボールは壁などに当たると消滅していたが、今作では壁などに当たっても反射して戻ってくるようになった。ダメージを受けるとスーパーマリオに戻る。
スーパーこのは
取るとタヌキマリオに変身できる。しっぽで攻撃したり、ジャンプ中にしっぽを振ってゆっくり降下できたり、地蔵になって敵をやり過ごす[8]ことが出来る。『スーパーマリオブラザーズ3』とは違ってしっぽマリオ・タヌキマリオにあった空をとぶアクションはできない模様。『3』ではタヌキマリオはタヌキスーツを取ると変身していたが、今作ではスーパーこのはを取ると変身するようになっていて、しっぽマリオに変身することはない。ダメージを受けるとスーパーマリオに戻る。
スーパースター
取ると一定時間無敵状態になる。
ハテナボックス
外見はハテナブロックとまるで変わらない。かぶっている限り、ジャンプするたびにコインを得られるようになる。
プロペラボックス
かぶると、『New スーパーマリオブラザーズ Wii』のプロペラブロックのようにジャンプ中に1回だけプロペラで回転して上昇できるようになって、飛んだあと落下速度がゆっくりになる箱。他のパワーアップアイテムと違い、手に入れたコースでしか使えず、下画面にストックしたりもできない。
ブーメランフラワー
取るとブーメランマリオに変身できる。ブーメランを投げることが出来るようになり、投げたブーメランで敵を倒したり離れたアイテムを取ることが出来る。投げたブーメランはマリオが取るまではマリオに向かってくるように動き続ける。武器でブーメランが使用できるのは、『スーパーマリオアドバンス4(「カードeリーダー+」が必要)』以来2度目である。ダメージを受けるとスーパーマリオに戻る。
無敵このは
同じコースで5回ミスすると出現するアシストブロックを叩くと手に入る。取るとタヌキマリオの能力とスーパースターの無敵効果を同時に得られる無敵のタヌキマリオに変身する。無敵効果はスーパースターとは違い時間制限無しで、落下ミスや時間切れによるミスをしない限り効果は継続する。
パタパタの羽
同じコースで10回ミスすると出現するアシストブロックを叩くと手に入る。取るとゴールポールの手前までワープしてくれる。『3』の同名のアイテムとは効果が異なる。
スターメダル
各コースに3つずつ存在するメダル。
1UPキノコ
取ると残り人数が1人増える。

仕掛け 編集

ハテナブロック
「?」が描かれた、中に何かが入っているブロック。今作では、横長で多くのコインを得られるハテナブロックも登場。
レンガブロック
レンガでできたブロック。
アシストブロック
プレイしているコースで5回、あるいは10回ミスをすると現れる。ブロックを叩くと、中からコースを有利に進むことができるアイテムが出現する。「無敵このは」や「パタパタの羽」など、無制限に無敵になれるものやゴールまでワープできるものが出てくる。
ビックリブロック
叩くたびに横から足場となるブロックが出現していくブロック。出現したブロックは時間が経つと消えていってしまう。
ムーブブロック
矢印が書かれたブロックで、叩いた回数分だけ矢印の方向に移動していく。
ちくわブロック
乗り続けていると落下してしまうブロック。
音符ブロック
音符が書かれたブロックで、乗ると弾んで高くジャンプできる。七色に光る音符ブロックに乗ると、大ジャンプしてボーナスステージに行くことができる。
レッドブルーパネル
スーパーマリオギャラクシー2』にも登場した仕掛け。マリオがジャンプするたびに赤のパネルと青のパネルが切り替わる。
シーソートロッコ
前後に矢印がついたトロッコ。マリオの立ち位置によって進行方向が変化する。
ワープボックス
入ると別の位置にある同じ色のワープボックスのところまでワープできる箱。
木箱
中に様々なものが入っている。ファイアボールなどで破壊可能。
望遠鏡
ニンテンドー3DS本体を傾けて動かし、遠くにあるものを探せる。
大砲
ニンテンドー3DS本体を傾けて動かす大砲。
中間ポイント
今作でも『スーパーマリオギャラクシー2』のように、3Dマリオながら中間ポイントが存在する。

脚注 編集

テンプレート:脚注ヘルプ

外部リンク 編集

テンプレート:Video-game-stub

ca:Super Mario 3D Landpt:Super Mario 3D Landsv:Super Mario 3D Land

zh:超級瑪利歐3D樂園

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki