FANDOM


ドンキーコングシリーズ > スーパードンキーコング
スーパードンキーコング
ジャンル アクションゲーム
対応機種 スーパーファミコン(SFC)
ゲームボーイ(GB)
ゲームボーイカラー(GBC)
ゲームボーイアドバンス(GBA)
バーチャルコンソール(VC)
開発元 レア
発売元 任天堂
人数 1 - 2人
メディア カセット
発売日

スーパーファミコン:
[[image:テンプレート:Country flag alias EU|border|25x20px|テンプレート:Country alias EUの旗]] 1994年11月24日
アメリカ合衆国の旗 1994年11月25日
Flag of Japan 1994年11月26日
ゲームボーイ:
アメリカ合衆国の旗 1995年6月
Flag of Japan 1995年7月27日
ゲームボーイカラー:
アメリカ合衆国の旗 2000年11月4日
[[image:テンプレート:Country flag alias EU|border|25x20px|テンプレート:Country alias EUの旗]] 2000年11月17日
Flag of Japan 2001年1月21日
ゲームボーイアドバンス:
アメリカ合衆国の旗 2003年6月6日
[[image:テンプレート:Country flag alias EU|border|25x20px|テンプレート:Country alias EUの旗]] 2003年6月9日
Flag of Japan 2003年12月12日
バーチャルコンソール:
[[image:テンプレート:Country flag alias AUS|border|25x20px|テンプレート:Country alias AUSの旗]] 2006年12月7日
[[image:テンプレート:Country flag alias EU|border|25x20px|テンプレート:Country alias EUの旗]] 2006年12月8日
Flag of Japan 2006年12月12日
アメリカ合衆国の旗 2007年2月19日

[[image:テンプレート:Country flag alias KOR|border|25x20px|テンプレート:Country alias KORの旗]] 2008年5月26日
価格 SFC: 9800円(税抜)
GB: 3900円(税抜)
GBA: 4800円(税抜)
VC: 800Wiiポイント
売上本数 [[image:テンプレート:Country flag alias Japan|border|25x20px|テンプレート:Country alias Japanの旗]]
SFC: 約300万本
GBA: 約25万本
22px
SFC: 約930万本[1]
その他 ゲームボーイ版はスーパードンキーコングGB(日本国外ではDonkey Kong Land)として、ゲームボーイカラー版はドンキーコング2001として発売された。
  

スーパードンキーコング』(Super Donkey Kong)は、任天堂が発売した横スクロールアクションゲームである。日本では1994年11月26日スーパーファミコン向けに発売した。日本国外での題名はDONKEY KONG COUNTRYである。続編もある。

開発はイギリスのレアが行う。当時最新の3DCGを用いる。複数の色を交互に高速に点滅させ、スーパーファミコンの持つ性能以上の色数を表現する[2]

本項では、本作をイメージして製作されたゲームボーイ用ソフト『スーパードンキーコングGB』( - ジービー)についても扱う。この日本国外のタイトルはDONKEY KONG LANDである。

シリーズ作品編集

ゲームボーイアドバンス版は全てスーパーファミコン版の移植だが、オリジナルのステージや敵キャラクター、ミニゲームなどの要素が追加されている。達成率の増え方にも変更がある。ゲームボーイ版は基本的に本編の後に起こったストーリーであったりするような外伝的位置付けのものが殆どで、若干難易度やセーブ方法などに変更がある。また、シリーズ唯一のゲームボーイカラー作品となった「ドンキーコング2001」はスーパーファミコン版の移植でありながら基本的にそれまでのゲームボーイ版のシステムを継承しており、BGMはゲームボーイ版を基本としてスーパーファミコン版と異なるステージもある。また、このソフトでしか遊べないコースが存在している。

海賊版として『スーパードンキーコング99』が中国で発売されていた(発売年月日は不明)。ハードウェアはメガドライブである。ドンキー単身が、プレイヤーが操作するキャラクターとなっており、ローリングアタックは使えず、ジャンプのみの攻撃である。登場するステージは『スーパードンキーコング1』『~2』『~3』がアレンジされて使用されており、敵キャラクターも3作品混じって登場する。この海賊版ゲームは他作品のBGMも使われており、更にコンティニューシステムも導入されている。

灰色以外の色を使ったゲームボーイカートリッジを発売したのは「ドンキーコングGB」が世界で最初である。この作品を元にしたテレビアニメが製作・放送された。

主要記事: ドンキーコング (アニメ)

ストーリー編集

テンプレート:ネタバレ ドンキーの家の真下にあるバナナ倉庫からバナナが盗まれた。犯人がクレムリン軍団と知ったドンキーは、相棒のディディーと一緒にバナナを取り返しに行く。

『スーパードンキーコングGB』は番外編で、『スーパードンキーコング』でドンキーたちに敗れたクレムリン軍団が再びバナナを奪い、ドンキーたちが再度バナナを取り返すという設定。

関連商品 編集

  • 1995年3月 スーパードンキーコングシェーキ(ロッテリア
  • 1995年12月 スーパードンキーコング2シェーキ(ロッテリア)

システム編集

ゲームモード編集

SFC版には3つのモードがある。

  • 1人用 (One player)
    • プレイヤー数は一人で、ステージを進めていき最終クリアを目指す。
  • 2人対戦 (Two players contest)
    • プレイヤー数は2人で、赤チームと黄チームに分かれる。それぞれが独自に攻略していき、どちらが先に最終クリアが出来るかを競う。セーブもそれぞれ別々に行われる。
  • 2人協力(Two players team)
    • プレイヤー数は2人で、プレイヤー1がドンキーを、プレイヤー2がディディーを操作して、1つのデータを協力して攻略する。

基本ルール編集

基本は横スクロールのアクションゲームで、待ち受ける敵を倒したり避けたりしながら、ステージの最後にあるゴール(「EXIT」と書かれた看板のある出口)にたどり着けばステージクリアになる。『スーパードンキーコングGB』では渦巻きが描かれたパネルに飛び込めば同じくステージクリアになる。また、両作品に共通してボスステージではボスを倒すとステージともにクリアになる。コースは6つの「レベル」にそれぞれ5から6のステージで構成され、最後にボスと戦うというシステムになっている(『スーパードンキーコングGB』ではレベルの数が全部で4つしかないが、その分ステージの数が7〜9と多くなっている)。また、ステージの分岐という概念がなく順番にこなしていく必要があり、プレイヤーが任意に好きなステージを選択して進めることはできない(『スーパードンキーコングGB』には例外として一部に分かれ道があり、やり方次第で幾つかのステージには入らなくても進めることが可能)。ただし、一度クリアしたステージは何度でもプレイすることができる。

操作することのできるキャラクターはドンキーコング及びディディーコングの二種類であるが、この二匹を同時に操作することはできず、プレイヤーはどちらかのキャラクターを操作することになる。ただし、状況に応じて操作キャラクターの交代ができるようになっている。これはドンキーコング及びディディーコングに能力差が設けられており、具体的には、ドンキーは↓+Yでハンドスラップで攻撃できたり(『スーパードンキーコングGB』では不可)、踏みつけの攻撃力が高い利点があるが、素早さとジャンプ力はディディーに劣る。ディディーは素早く行動でき、ジャンプ力も高いが、踏みつけ攻撃の攻撃力はドンキーに劣っている。これらを活用することでゲームを有利に進めることができる。

敵への攻撃は上からジャンプで踏みつけたり、横からYボタンを押して体当たり(ローリングアタック)したり、タルを投げつけることで倒せる。ただし、踏めない敵や、ローリングアタックが効かない敵も存在する。

コングが2匹いるときに敵に当たると、操作しているキャラが逃げ出して、もう片方のキャラに自動的に交代する。コングが1匹しかいないときに敵に当たるとミスになる。穴に落ちた場合は2匹いてもミスになる。コングが1匹しかいないときにDK印のタル(DKバレル)を破壊すれば、いなくなったキャラが中から出てくる。

残機はドンキーコングのバルーンでカウントされ、そのバルーンが0のときにミスをするとゲームオーバーとなる。一部の裏技を使用しない限り原則的にコンティニュー機能はなく、セーブはステージマップ上にあるセーブポイントで行うことができるが、レベルによっては後半部分に設けられていることが多く、アクションがあまり得意でなければ苦戦を強いられる箇所がある。

ステージによっては味方キャラ(アニマルフレンド)がいる場合があり、上に乗るとアニマルフレンドを操作できる(オウムのスコークスのように、操作できないアニマルフレンドもいる)。アニマルフレンドを使うことによって、より効率的にステージを進めることができる。ただし、アニマルフレンドは次のステージに持ち越すことはできない。さらに『スーパードンキーコングGB』ではアニマルフレンドをボーナスステージに持ち越すこともできず、ボーナスステージで発見したアニマルフレンドを元のステージに持ち越すこともできない。アニマルフレンドの背後に敵が当たると、アニマルフレンドが逃げ出してしまう(『スーパードンキーコングGB』では強制的に降ろされるだけ)。ただし、背中に乗れば再び操作することができる。

マップ画面編集

このゲームにはレベルを選択する「全体マップ」と「レベル内のマップ」の2種類のマップ画面がある。プレイヤーは遊びたいステージや、利用したい施設を選択することができる。ただしレベル間の移動は自由にできず、全体マップに戻るためには「ファンキーコングの小屋に行く」「そのレベルのボスを倒す」のどちらかの方法を使用しないといけない(『スーパードンキーコングGB』では全体マップが存在せず、マップ上のボスステージの位置から十字キーを特定の方向に押せばレベル間の移動が可能)。

マップ上のレベルやコースに表示される顔はクリアしているか否かを示しており、クレムリン(ワニ)の顔が描かれているならばまだクリアされておらず、コングの顔が描かれているならばクリアしたことになる(ドンキー・ディディーのどちらの顔になるかは、最初にクリアした方のコングとなる)。ただし『スーパードンキーコングGB』では表示方法が違い、光っていないコースはクリアされておらず、光っているコースはクリアされている。後述のボーナスステージを発見していると、ステージタイトルに「!」が付き、これでボーナスステージを発見していたかどうかを判別可能。

マップ画面には通常のステージ、ボスステージの他に、3種類の施設が存在する。いずれも『スーパードンキーコングGB』には登場しない。

クランキーコングの小屋
ボーナスステージの場所のヒントや、操作テクニックなどを教えてくれる。教えてくれる内容は毎回ランダムだが、レベルごとにある程度は決まっている。
話の途中で1度でもボタンを押してメッセージを送ると、無駄な話は無いがヒントも簡単なものだけしか教えてくれない。だが放っておくと次々と長話をはじめ、レアなヒントが隠れていることも多いためプレーヤーが見過ごしがちである。
ファンキーコングの小屋
全体マップに脱出して、レベル間の移動ができる。島の事情に明るいファンキーは、時にはためになる情報を教えてくれることもある。攻略中のレベル内でまだキャンディーコングの小屋を見つけていなくても、ここから前のレベルに戻ることでセーブすることも可能。
キャンディーコングの小屋
クリア状況のセーブができる。セーブしておけば、ゲームオーバーになったり電源を切ってもここから再開できる。
しかし、ドンキーコング2001では「キャンディーのチャレンジ」となっていて、クリアすると特典つきのメダルが貰える。なお、このゲームは自動セーブである。

ボーナスステージ編集

ステージ内の数箇所に、隠し部屋(ボーナスステージ)の入り口が隠されている。(ただし、水中ステージ、「マインカートコースター」、ボスステージには無い)

ボーナスステージは「タルまたはランビを使って特定の壁を壊し、出現した穴に入る」「特定の自動式タル大砲に入る」「どこかに最初から開いている入り口に入る」のいずれかの方法で行くことができる。見落としやすい場所にボーナスステージが隠れている場合は、不自然な場所にバナナが置かれていることが多く、それを目印にして探すと良い(ゲーム中にクランキーコングがこの事に関してヒントをくれる場合もある)。

ボーナスステージは、アイテムが置かれているタイプとミニゲームを遊べるタイプの2種類がある。前者の場合は、「出口に入る」「穴に落ちる」「敵に当たる」と、元のステージに戻される。後者の場合、ミニゲームが終わると元のステージに戻される。

『スーパードンキーコングGB』ではもう一つのタイプがあり、集めたコングトークンを使ってライフを増やすというもの。スイッチを押すことで回転するタル大砲から集めたトークンが1個ずつ発射され、それを取る度にライフが1増える。この場合、「全てのトークンを撃ち尽くす」「出口から出る」のどちらかで元のステージに戻される。

ボーナスステージ内の風景は、元のステージと同じか地形的に違和感のない場所が使われている。ただし『スーパードンキーコングGB』では元のステージと無関係な風景のボーナスステージが珍しくない(例えばジャングルのステージなのに海底遺跡のボーナスステージだったりする)。しかしここでそれぞれのステージにしかない仕掛けが登場することもあるため、まだ行った事のない先のステージにある仕掛けをあらかじめ知ることが出来るとも言える。

ボーナスステージを発見すると、ファイルセレクト画面で表示される「達成率」が増える。ボーナスステージの中で取ったアイテムの数やミニゲームの結果がどうであろうと記録される。

この他に、アニマルフレンドの形をしたトークンを3つ集めると、ライフの増加に繋がるミニゲームが始まるが、このミニゲームは達成率には影響されない。

画面表示編集

残機数はステージ開始時、ミスしたとき、1UPしたときに数秒間表示されるのみである。画面に表示しきれない分もカウントされている。集めたアイテムの数(バナナなど)は、そのアイテムを取ったときに数秒間だけ表示され、プレイヤーの意思で任意に残機数などを確認することはできない。「スーパードンキーコングGB」では残機数のみハートマークで常に表示されている。

ステージ編集

舞台は、ドンキーコングアイランド。ドンキー達コングファミリーが住む島でドンキーの顔に似る。

『スーパードンキーコング』『ドンキーコング2001』のワールド構成 【英語版での名称】編集

レベル1 コンゴジャングル 【KONGO JUNGLE】 編集

1-1「バナナジャングル」【Jungle Hijinx】(ジャングル)
最初のステージ。ドンキーの家もある。ただクリアするだけなら簡単だが、ライフアップバルーンが大量に隠されており、それらを全て回収する場合は基本的なアクションの殆どを使うことになる(一部高度なアクションが必要な場合も)。ランビと初めて会えるステージでもある。ゴールが近くなると天気が一気に悪くなる。なお、ラストボスであるキングクルールを倒しているかどうかでスタート地点の倉庫の内容が変わる。
1-2「ロープジャングル」【Ropey Rampage】(ジャングル)
主にロープを使って進むことになる。雨が降っていて画面が暗いが、ゴールが近くなると晴れる。
1-3「クレムリンの洞窟」【Reptile Rumble】(洞窟A)
最初の洞窟ステージ。クレムリンやスリッパーが住み着いている。ステージ内には、足場として踏みつける事で高くジャンプ出来るタイヤが大量に設置されている。
1-4「サンゴの海」【Coral Capers】(海)
最初の水中ステージ。チョンプスが多数住み着いている。途中でエンガードを仲間にできる。一部、サンゴの壁は通過出来るようになっており、その中にはバナナなどが大量に設置された隠し部屋となっている。なお、この仕掛けは今後の水中ステージ全てにて登場する。
1-5「タル大砲の谷」【Barrel Cannon Canyon】(ジャングル)
タル大砲を次々に使って大きな谷を越えていく。コースの上空に、自動で発射されるタイプのタル大砲を使う事で、ショートカット出来る仕掛けが存在している。
BOSS1「ボスノーティ」【Very Gnawty's Lair】(ボスステージ)

ノーティが巨大化した姿であり、ジャンプしながらコング達に向かってくる。ダメージを与える度にジャンプの距離が長くなる。

レベル2 モンキーマインズ 【MONKEY MINES】編集

2-1「ウインキーの洞窟」【Winky's Walkway】(洞窟B)
その名の通り、途中でウインキーに出会える。無限に敵キャラを吐き出すドラム缶が初登場する。
2-2「マインカートコースター」【Mine Cart Carnage】(廃坑)
スタート地点にあるタル大砲に入るとトロッコに乗せられ、強制的に走らされる。その間にプレイヤーの取れる動きはジャンプのみ。スタート直後のある部分に隠しタル大砲が設置されており、これに入る事でゴール直前までショートカット出来る。
ここでは通常の廃坑のBGMではなく、マインカートコースター専用のBGMが使用されている。
2-3「クレムリンの洞窟2」【Bouncy Bonanza】(洞窟A)
今回はジャンプするタイプのクリッターや、ジンガーが住み着いている。途中でウインキーを仲間に出来れば、後半の攻略が非常に楽になる。ステージ内は全体的に暗い。
2-4「ストップ&ゴーステーション」【Stop & Go Station】(廃坑)
ロッククロックが住み着いた廃鉱。彼らはほとんどの攻撃を受け付けないばかりか、触れるだけでミスになる。しかし、ストップ・ゴーバレルに触れることで、彼らの動きを一時的に封じることができる。後半に行くにつれてストップの時間が短くなっていく。コースのどこかにゴール直前までワープ出来るショートカットルートが隠されている。
2-5「ノーティの遺跡」【Millstone Mayhem】(遺跡)
ノーティやクレムリンが住み着いた遺跡。至る所で赤茶色のノーティが、巨大な石を車輪のごとく回している。このノーティはありとあらゆる攻撃を受け付けない、いわゆる無敵キャラである。コースの途中でウインキーを仲間に出来る。
BOSS2「ボスネッキー」【Necky's Nuts】(ボスステージ)

巨大化したネッキーが首をステージの両側から突き出し、ココナッツを吐き出して攻撃してくる。ボスを踏みつけるには、ステージ中央に設置されているタイヤを利用する。

レベル3 もりのみさき 【VINE VALLEY】編集

3-1「ネッキーのもり」【Vulture Culture】(森)
その名の通りネッキーとミニネッキーが多く登場する。彼らは単なる敵ではなく、足場として利用しなければならない局面が存在する。
3-2「もりのかくれが」【Tree Top Town】(隠れ家)
木で作られた足場などを使って、木から木へと渡っていく。後半は連続するタル大砲を使ってステージを渡っていく。ステージの下にはいくつか隠しタルがあり、落下を防いでくれる。
3-3「ジンガーのもり」【Forest Frenzy】(森)
ここではジンガーが多く登場する。自動的に移動するロープを使って大量のジンガーを避けていく場面もある。また、一か所だけ大量のネッキーが飛んでいるゾーンが存在する。
3-4「ノーティのいせき2」【Temple Tempest】(遺跡)
今回は、ノーティがいる石臼は最初は動かないでいるが、コングたちが通り過ぎると追いかけてくる。
3-5「うらぎりマンキーコングのもり」【Orang-Utan Gang】(ジャングル)
大量のマンキーコングと、クラップトラップが登場。マンキーはタルを投げて攻撃してくる。尚、ボーナスステージの数は全コース中最多。全て入るには、途中でエクスプレッソを仲間にする必要な箇所がある。背景が夕暮れであり、その為かコース内は少し暗めである。
3-6「クランボーの海」【Clam City】(海)
不死身の敵であるクランボーが飛ばしてくる真珠を避けながら進んでいく。また、クランボーのみならず大量の鮫(チョンプスとチョンプス・ジュニア)も生息している。
BOSS3「ボスクイーンB」【Bumble B Rumble】(ボスステージ)

コース内を飛び回るボスで、姿はジンガーが巨大化したものである。タルをぶつけて攻撃するが、ダメージを与えると全身真っ赤になって、画面内を高速で飛行する。

レベル4 ホワイトマウンテン 【GORILLA GLACIER】編集

4-1「ふぶきの谷」【Snow Barrel Blast】(雪山)
雪で覆われた山が舞台となる。地面がよく滑り、急斜面が多く足場も狭い上に、途中から吹雪が吹き始めると視界が悪くなる。ステージ後半は視界がひどくなる上、移動式回転タル砲台とジンガーのコンビネーションという同作最大の難関となっている。これを一定時間内にクリアすると3upバルーンが手に入るが、クリアできない人のために、コースを省略できる隠しタル大砲が用意されている。
4-2「クリスタルトンネル」【Slipslide Ride】(洞窟C)
たくさんのクリスタルが生えている洞窟。地面は滑りやすいが、なぜか自動で上下するロープが沢山存在する。赤いロープに乗ると自動的に下へ、緑のロープに乗ると自動的に上へ流される。BGMは、この作品中でこのコースのみに使用されているもの。
4-3「ふたたびふぶきの谷」【Ice Age Alley】(雪山)
今回はロープを使ったアクションが主体となる。最初は吹雪が吹いているが、途中から晴れていく。スタート地点から反対方向へ進むとエクスプレッソに出会える[3]。後半には雪に覆われた急斜面を上る必要がある局面が何箇所か存在する。
4-4「クロクトパスの海」【Croctopus Chase】(海)
待ち伏せしているタイプのクロクトパスにひたすら追いかけ回されるステージ。クロクトパスはエンガードで倒すことができないので注意。
4-5「トーチライト トンネル」【Torchlight Trouble】(洞窟A)
真っ暗な洞窟。スタート地点にスコークスの箱があり、箱から出すとライトで照らしてくれるようになる(リメイク版はスコークスの箱がない)。前半は炎を出す石油缶、後半はスピナーが障害物として登場する。
4-6「もりのかくれが2」【Rope Bridge Rumble】(隠れ家)
今回は動く足場の上にタイヤが乗っていて、それを乗り継いでいく場面が多い。このステージではウインキーを仲間にできる[4]
BOSS4「いかりのボスノーティ」【Really Gnawty's Rampage】(ボスステージ)

レベル1のボスの色違いであり、行動パターンも異なる。コングがダメージを与える度に、ダメージを与えた回数分だけ大ジャンプしてコングに迫ってくる。

レベル5 カントリーファクトリー 【KREMKROC INDUSTRIES INC.】編集

5-1「オイルこうじょう」【Oil Drum Alley】(工場)
石油缶が大量に置かれた広大な工場が舞台となる。石油缶からは炎が出ている。途中でランビが仲間になる。後半は空中に浮いた石油缶とタイヤだけが足場となる場面もある。また、ここのボーナスステージの1つは「ボーナスステージの中にボーナスステージの入口がある」というかなり特殊な配置になっている。
5-2「トリックトラックリフト」【Trick Track Trek】(洞窟B)
一定のルートを通るリフトに乗って進んでいく。
5-3「エレベーターアンティクス」【Elevator Antics】(洞窟A)
ほとんど普通の洞窟ステージだが、所々でエレベーターが動いている。上に行くものと下に行くものがあり、無限に出現する。これを乗り継いでいく場面もある。
5-4「ヘドロのみずうみ」【Poison Pond】(海)
ヘドロで汚染され、緑色に濁った湖がこのステージの舞台となる(ヘドロはステージ攻略の障害とはならない)。他の海に比べて敵は少なく、スピナーが主な障害物となる。
5-5「マインカートコースター2」【Mine Cart Madness】(洞窟B)
今回は、カートに乗った状態でジャンプすると、コング本体がジャンプするタイプのトロッコが登場する。前回と異なり、頻繁にトロッコを乗り換える。
2-2同様、ここでは通常のBGMではなく、マインカートコースター専用のBGMが使用されている。
5-6「オンボロこうじょう」【Blackout Basement】(工場)
ステージ構成は単純だが、一定時間ごとに電気が付いたり消えたりする。電気が消えているときは、コングとアイテム以外は、敵も含めてほとんど見えなくなる。
BOSS5「ボスダムドラム」【Boss Dumb Drum】(ボスステージ)
大きなドラムが空中に浮かんでおり、そこから何種類かの敵を落としてくる。敵を倒すと、上空からコングを狙ってプレスを仕掛けてくる。ダムドラム自身にダメージを与えることはできないが、敵を全て倒せば勝利となる。

レベル6 やみのいりえ 【CHIMP CAVERNS】編集

6-1「トリックトラックリフト2」【Tanked Up Trouble】(洞窟B)
今回はリフトに燃料の制限があり、燃料が切れると落下してしまう(リフトが途中で落下した場合は強制ミス)。燃料は燃料タンクを取ることで補給できる。
6-2「あばれスピナーのがけ」【Manic Mincers】(洞窟A)
ステージの至る所でスピナーが動き回っている。ステージ序盤でランビに出会える。
6-3「どくガストンネル」【Misty Mine】(廃坑)
白い霧が発生している廃鉱。白い霧が毒ガスかどうかは不明だが、仮に毒ガスだったとしても、コングや敵にとっては無害なようである。ノーティやスリッパーを出すドラム缶が多く存在する。
6-欠番(6-4)「クレムリンのどうくつ3」【Necky's Nutmare】(洞窟A)
『ドンキーコング2001』のみに登場するステージ。銀色のクラッシャは、ドンキーでも踏みつけても絶対に倒せない。
6-4 (6-5)「やみのスイッチトンネル」【Loopy Lights】(廃坑)
真っ暗な廃鉱。オン・オフバレルに触れると照明を付けることができるが、一定時間経つと電源が切れてしまう。
6-5 (6-6)「さいごのステップ」【Platform Perils】(洞窟B)
その名の通り最後の通常ステージになる。乗ると一定時間後に落下するリフトを次々に乗り継いでいく。
BOSS6「いかりのボスネッキー」【Necky's Revenge】(ボスステージ)
ボスネッキーの色違い。木の実のスピードが上がっており、ダメージを与えた回数分だけ木の実を吐き出す回数が増加する。攻撃が終わるまではダメージを与えられない。

ラストレベル キングクルールのふね 【Gang-Plank Galleon】編集

LASTBOSS「キングクルールのふね」【Gang-Plank Galleon】(キングクルールの船)
ラストステージ。このステージはクリアする毎に自動的にセーブされる。

『スーパードンキーコングGB』のワールド構成 【英語版での名称】編集

レベル1 海賊船がやってきた! 【Gangplank Galleon Ahoy!】編集

1-1「ランビ・ジャングル」【Jungle Jaunt】(ジャングル)
最初のステージであり、ランビにも出会える。ボーナスステージは最初から割と多彩。
1-2「吹雪の山」【Freezing Fun】(雪山)
雪山だけあって地面が滑るが、地形は平坦なので地面に足をとられなければ難しくは無い。
1-3「ロープ・ジャングル1」【Simian Swing】(ジャングル)
ロープを活用して進むことになるジャングル。
1-4「海賊船1」【Deck Trek】(海賊船)
かなり広い海賊船が舞台。網の目状に張られたロープがシリーズ初登場となる。
1-5「タイヤ・ジャングル」【Tire Trail】(ジャングル)
地面に埋まっているタイヤが非常に多い。
1-6「ロープの谷」【Rope Ravine】(雪山)
ロープを使って谷を越えながら進むことになる雪山。
1-7「海賊船2」【Riggin' Rumble】(海賊船)
足場の悪い海賊船。
1-8「ロープ・ジャングル2」【Congo Carnage】(ジャングル)
ロープを使って谷を越えながら進むジャングル。足場が狭い。
1-9「雪山のタル置場」【Arctic Barrel Arsenal】(雪山)
多くのタルが置かれた雪山。
BOSS1「ボス:ワイルド・スティング」【Boss:Wild Sting Fling】(海賊船)

レベル2 巨大遺跡 【Kremlantis】編集

2-1「クリッターの遺跡」【Tricky Temple】(遺跡)
クリッターがたむろする広大な遺跡。
2-2「海底遺跡1」【Kremlantis Kaos】(海底遺跡)
初めての海底遺跡。
2-3「サンゴの海」【Reef Rampage】(海)
海のステージであり、構造が海底遺跡より複雑で隠し通路も多い。
2-4「スリッパーの遺跡」【Snake Charmer's Challenge】(遺跡)
多くのスリッパーが登場する遺跡。
2-5「海底遺跡2」【Chomp's Coliseum】(海底遺跡)
最初の海底遺跡よりも、敵が厄介な場所に配置されている。
2-6「ノーチラスの追跡」【Nautilus Chase】(海)
あちらこちらに待ち構えるノーチラスが追いかけてくる、緊張感のあるステージ。
2-7「トルネードの遺跡」【Swirlwind Storm】(遺跡)
小型の竜巻トルネードが登場する。上に乗って足場にする場面が多く、活用する必要がある。
BOSS2「ボス:クランボー」【Boss:Seabed Showdown】(海底遺跡)

レベル3 モンキー・マウンテン 【Monkey Mountain and Chimpanzee Clouds】編集

3-1「ふもとの洞窟」【Pot Hole Panic】(洞窟A)
最初の洞窟ステージ。
3-2「モンキー・マウンテン1」【Mountain Mayhem】(岩山)
最初の岩山ステージ。足場が狭い場所が多い。
3-3「リフト・アタック」【Track Attack】(空中)
空中をトリックトラックリフトで進むステージ。
3-4「スピナーの洞窟」【Spiky Tire Trail】(洞窟A)
スピナーが多く配置されている洞窟。
3-5「空中迷路」【Sky High Caper】(空中)
一定の範囲内なら自由に動かせる新型のトリックトラックリフトを使って進む。
3-6「モンキー・マウンテン2」【Landslide Leap】(岩山)
より足場の悪くなった岩山。落石が頻繁に行く手を塞ぐ。
3-7「スカイ・ハイ」【Collapsing Clouds】(空中)
一度乗ると消えてしまう雲の足場が多く登場するがそれ以外は平坦。エクスプレッソが登場する。
BOSS3「ボス:ハードハット」【Boss:Mad Mole Holes】(洞窟A)

レベル4 大都会 【Big Ape City】編集

4-1「バルーン・リフト」【Balloon Barrage】(大都会)
上下に移動する風船のリフトを乗り継いで、高層ビルの間を渡っていく。
4-2「飛行船1」【Kong Krazy】(飛行船)
K・O・N・Gパネルを取った状態でスイッチを押すと、そのパネルが足場になる。
4-3「工事現場」【Construction Site Fight】(工事現場)
高層ビルの鉄骨の上を進んでいく。しかし完成したビルが並ぶ大都会系のステージよりも足場は広い。
4-4「飛行船2」【Fast Barrel Blast】(飛行船)
足場の非常に少ない飛行船の中を、タル大砲を乗り継いで進む。
4-5「ビル・クライム」【Skyscraper Caper】(大都会)
上下に移動するロープを使って高層ビルを登るステージ。
4-6「ボタンバレル」【Button Barrel Blast】(工事現場)
タル大砲を乗り継いで進むステージで、スイッチを押すことによりタル大砲の方向転換を自分で出来る。
4-7「オイル缶スラム」【Oil Drum Slum】(大都会)
火の付いた危険なオイル缶が行く手を阻むステージ。
BOSS4「ボス:キングクルール」【Boss:K. Rool's Kingdom】(飛行船)
ラストステージ。他のボスステージと異なり、クリアしても束バナナ3つはもらえない。

ステージ区分編集

各ステージは、その特徴によって以下の様に分けられる。また、個々にそれぞれのイメージに合ったBGMも作られている。 スーパードンキーコングとスーパードンキーコングGBのステージ区分を併記する。但しどちらの作品でも、ボーナスステージの風景は例外とする。

ジャングル
  • 1-1 1-2 1-5 3-5(スーパードンキーコング)
  • 1-1 1-3 1-5 1-8(スーパードンキーコングGB)
天候の変化が激しい。ドンキー達のホームグラウンドだが、クレムリンや様々な敵がうろついている。大きな谷がある場合も。ハンドスラップで大きな木の葉と葉の間をたたくとアイテムが出てくる場合がある。
洞窟A
  • 1-3 2-3 4-5 5-3 6-2 6-4(スーパードンキーコング)
  • 3-1 3-4 3-8(スーパードンキーコングGB)
岩で出来た天然洞窟。クレムリンが住み着いている。内部が紫色の洞窟や、スコークスがいるオレンジ色の洞窟や、緑色の洞窟もある。
  • 1-4 3-6 4-4 5-4(スーパードンキーコング)
  • 2-3 2-6(スーパードンキーコングGB)
珊瑚礁で囲まれた海の中を泳いでいく。隠し通路が存在する。基本的にエンガードがいなければ敵が倒せない。
洞窟B(鉱山
  • 2-1 5-2 6-1 6-6(スーパードンキーコング)
上下にとても広い洞窟。足場はパイプで組まれた簡素なものだけで、妙なリフトに乗って進まなければならない場所もある。
廃坑
  • 2-2 2-4 5-5 6-3 6-5(スーパードンキーコング)
壁がで補強されていたり、明かりのためのランプがかかっているなど明らかに人工的な洞窟。石炭を発掘するためのものだったと思われる。真っ暗な洞窟もある。
遺跡
  • 2-5 3-4(スーパードンキーコング)
  • 2-1 2-4 2-7(スーパードンキーコングGB)
かつて栄えていた文明の存在をうかがえる建築物の中を進む。立派な神殿のような建物も、今ではノーティ達の住処になってしまっている。常に昼(晴れ)である。
  • 3-1 3-3(スーパードンキーコング)
ロープや木の上をつたって移動する所が多い森林地帯。ジンガーやネッキーが多い。
隠れ家(木の頂)
  • 3-2 4-6(スーパードンキーコング)
誰が作ったか不明だが、沢山のに隠れ家がある森の頂上。木で組まれた足場を使って木から木へと渡っていく。
雪山
  • 4-1 4-3(スーパードンキーコング)
  • 1-2 1-6 1-9(スーパードンキーコングGB)
に覆われたステージ。急斜面が多く、滑る為に移動しにくい。雪山にも関わらずジンガーやネッキーがいるステージもある。
洞窟C(クリスタルトンネル)
  • 4-2(スーパードンキーコング)
周り中にクリスタルが生えている不思議な洞窟。ジンガーが多く、雪山の中にあるので地面は凍っている。何故か自動で上下するロープがたくさん下ろされており、色によって移動方向が異なる。
工場
  • 5-1 5-6(スーパードンキーコング)
ドンキーコングの世界に不似合いな近代的な工場。何を作っているのか不明だが、石油缶が大量に置いてある。ステージは電気が点いたり消えたりするオンボロ工場もある。
ボスステージ
  • 1-6 2-6 3-7 4-7 5-7 6-7(スーパードンキーコング)
ボス戦用のステージ。背景にはクレムリン軍団が盗んできたと思われる大量のバナナが置かれている。
キングクルールの船
  • 7-1(スーパードンキーコング)
キングクルール戦専用ステージ。木製のように見えるが、キングクルールのジャンプや鉄球の落下に耐えられることからかなり丈夫な作りになっているようである。クルール以外に船員は乗っていない。
大都会
  • 4-1 4-5 4-7(スーパードンキーコングGB)
ビルの合間や空中を浮かぶ風船などを渡っていく。他にも、自動で上下するロープや石油缶などがいたるところに仕掛けられている。
工事現場
  • 4-3 4-6(スーパードンキーコングGB)
工事中のビルを進んでいく。タル大砲による移動がメインとなる。タル大砲の向きを自分で操作することの出来るスイッチなどがある。
海底遺跡
  • 2-2 2-5 2-8(スーパードンキーコングGB)
海に沈んでしまった遺跡のステージ。他の水中ステージと比べると狭いので敵の攻撃を避けにくい。
空中
  • 3-3 3-5 3-7(スーパードンキーコングGB)
雲の上やリフトを渡っていく。非常に足場が狭く、一度踏むと消える足場があったり、移動リフトが極端に狭いなどの理由で、総じて難しい。
海賊船
  • 1-4 1-7 1-10(スーパードンキーコングGB)
デッキマストを進んでいく。下から上へと登っていくステージもあり、その場合は上からの攻撃に対して特に注意が必要。
岩山
  • 3-2 3-6(スーパードンキーコングGB)
険しい岩山を登っていく。上から岩が落ちてくることも。足場も悪く、ランビに乗るとジャンプ力の無さが原因で却って仇になることもある。
飛行船
  • 4-2 4-4 4-7(スーパードンキーコングGB)
バルーンには「DK」の文字が入っている。内部は工場ステージに似ている。ロープやタル大砲による移動がメイン。K・O・N・Gパネルが本来の用途ではなく足場として機能することもある。

キャラクター編集

味方編集

コングファミリー編集

ジャングルに住んでいる猿の仲間達。必ずサポート役のコング達は冒険するコング達の先回りをして現れるという謎がある。

ドンキーコング
「DK」マークが入った赤いネクタイがトレードマークのパワフルゴリラ。ジャングルの王者でバナナが大好物。クランキーの孫(『スーパードンキーコング』の説明書には親戚と記述されているが、孫であることは確かなようである)。祖父からドンキーコングの名を譲り受けた2代目。(実際は3代目になる)初登場時はネクタイは無地だった。パワー重視で鈍重。敵にやられると頭をかく。
ディディーコング
ドンキーの相棒のすばしっこいチンパンジー。ローリングアタック(トンボ返り)が得意。赤い服と帽子を身につけている。身軽だがパワーはドンキーに劣る。続編同様、敵にやられると頬を撫でる。
クランキーコング
若い頃、マリオと戦った事のある元祖ドンキーコング。2代目ドンキーの祖父。ジャングルの長老で物知りだが説教癖がある。ロッキングチェアーに座っている。ちなみに実の息子であるドンキーコングJr.はシリーズ通して名前すら上げられていない。
ファンキーコング
バンダナサングラスをした、名前の通りファンキーでクールなコング。趣味はサーフィン。ファンキーバレル空港を経営している。
キャンディーコング
ドンキーとファンキーの憧れの女性コング。小屋にセーブバレルがある。常にドンキーに投げキスをしている。

アニマルフレンド編集

ほとんど箱に入っていて、コング達が箱を踏むと中から出てきて冒険の手助けをしてくれる動物達。1ステージに数匹登場するものもおり、名前は種族名の可能性もある。GB版はランビとエクスプレッソしか出ない。

ランビ
サイ。突進して鋭い角で攻撃する。壁に隠されたボーナスステージの入口も開くことができる。目の前の敵を勝手に攻撃してくれるが、後ろからの攻撃に弱い。
エクスプレッソ
ダチョウ。足が速く、少しの間飛ぶ事も出来る(ゆっくりと下降していくだけで上昇は出来ない)ボタンを連打すると下降速度が少し遅くなる。足が弱いためか、敵を踏むことは出来ない。なお、足元には当たり判定がないため、小さい敵は無視できる。GB版では敵を踏んだり体当たり攻撃もできる。そのため、GB版のエクスプレッソはランビの強化版という位置づけになっている。
スコークス
オウム。コングたちの後ろをついてきて、暗い洞窟をライトで照らしてくれる。乗ることは出来ず、攻撃もしない。
エンガード
カジキ。水中をスイスイ泳ぐ。長い鼻で突っつき攻撃も出来る。唯一の水中攻撃方法。
ウィンキー
カエル。コング達が届かない高い場所も大ジャンプで楽々届く。足が強いようで、ジンガーも踏んで倒すことが出来る。しかし、横移動の際小刻みにジャンプして進む為にやや使いづらい印象がある。ドンキーが乗った場合とディディーが乗った場合で少々使い勝手が異なる。

編集

クレムリン軍団編集

コング達を苦しめるバナナ泥棒団。団員はおもにワニ。ロッククロック以外全員のイニシャルが「K」。

ザコ編集
クリッター
人型のワニ。色によって行動が異なり、緑色のものは歩くだけで、赤黒いものはその場でジャンプ、青色はジャンプしながら移動、灰色は小ジャンプとハイジャンプを繰り返しながら移動し、黄土色はジャンプしながら同じ所を往復している。ドンキーコング2001ではジャンプして近づくタイプは緑色にオレンジ色でその場でジャンプするタイプは金色でジャンプしながら往復するタイプは赤茶色である。
クラップトラップ
鋭い歯を持つ小型のワニ。ローリングアタックでは倒せないが、踏めば倒せる。水色のものは歩いてくるだけだが、紫色のものはコングのジャンプに合わせて飛び上がる。また、ボーナスステージにいるものは、10回踏まないと倒せないが、踏む度にバナナを吐き、倒されるとライフバルーンやトークンを出す。これもドンキーコング2001では歩くタイプ緑色にオレンジ色でジャンプするタイプは茶色である。
ロッククロック
全身が岩のような硬い皮膚で覆われている。「ストップ・ゴーバレル」が「GO」になっている時は走っており無敵状態だが、このタルに触れて「STOP」にすると岩に変身し動かなくなる。この間ならば通り抜ける事ができ、ドンキーのハンドスラップで倒すことも可能。ただしドンキーコング2001ではハンドスラップは効かない。動いている間もローリングアタックならば無傷ですり抜けられる。クレムリン軍団で唯一、イニシャルが「K」で始まらない(偽エンディング参照)。
クランプ
ヘルメットをかぶっている。ディディーの踏みつけ攻撃は効かず、ドンキーで踏みつけるか、ローリングアタック、タルなどのアイテムで倒すことができる。
クラッシャ
筋肉隆々のワニ。ディディーでは倒せない。水色はドンキーで踏むことで倒せるが、灰色はタルなどのアイテムでないと倒せない。この敵キャラを利用した無限増殖法もある。ハンドスラップを使った場合、水色のクラッシャのみ、バナナを出す。ドンキーコング2001では黄土色と灰緑色である。
クラッシュ
トロッコに乗っているクリッター(緑色)そっくりの敵。コースを逆走しているが、行き場が無くなって立ち往生しているものもいる。トロッコで踏むとダメージを受ける。立ち往生しているタイプのは踏みつけで倒せる。
ボス編集

各エリアの最後のステージにいる。リメイクされた時攻撃方法が変わったものもいる。 『スーパードンキーコングGB』では倒すと自動的にセーブされる。

ボスノーティ(ベリーノーティ)
大きなノーティ。画面中を飛び跳ねる。GBA版ではエリア4のいかりのノーティの色に変更されている。
ボスネッキー(マスターネッキー)
大きなネッキー。画面の端から顔だけ出して巨大なココナッツを吐いてくる。体の構造がどうなっているのかは不明。
ボスクイーンB
大きなジンガーで、その名のとおり女王蜂。画面中を飛び回る。無限にでてくるタルをぶつけると体が赤くなりSFC版は上下に動きながらこちらに向かってくるが、GBA版では自身の周りにジンガーを出現させる。どちらもこの間はダメージを与えられない。
いかりのボスノーティ(リアリーノーティー)
ボスノーティがジャンプ力をアップして帰ってきた。踏みつけるたびに大ジャンプで襲い掛かってくる。GBA版では通常の動きに加えて氷柱を落としてくる。また、色がエリア1のボスノーティに変更されている。
ボスダムドラム
大きなドラム缶。コングたちを押しつぶそうとしながら、様々なザコ敵を出してくる。なおここのザコ敵はハンドスラップが通用しない。
このボス自身にダメージを与える術はないが、出してくる敵を倒していけば最後には自滅する。しかしGBA版ではザコ敵を倒した後に落ちてくるTNTバレルをダムドラムにぶつけないとダメージを与えられないように変更されている。
いかりのボスネッキー(マスターネッキーシニア)
復活したボスネッキー。やはり体の構造は不明。一度に吐くココナッツが増え、狙いもより正確になっている。さらにGBA版では1匹増えている。
ボスワイルドスティング
『スーパードンキーコングGB』に登場。空中を飛び回って攻撃するエイ。数回踏むだけで倒せるが、踏むたびに移動速度がアップする。
ボスクランボー
『スーパードンキーコングGB』に登場。大きなクランボー。1体は真珠を飛ばし、もう1体は端にいる。真珠を跳ね返さないとダメージを与えられない。
ボスハードハット
『スーパードンキーコングGB』に登場。大きなモグラ。地面から現れ、ヘルメットを投げて攻撃する。ヘルメットをかぶっているときは攻撃を受け付けない。
キングクルール
最終ステージで、海賊船(『スーパードンキーコングGB』では飛行船)で対決する。巨体にも関わらず、ステージの端から端までの大ジャンプもする。王冠を投げてきたり、地響きを起こして鉄球を落としてきたりして攻撃する。王冠はクルールを攻撃しなければまた戻ってくる。王冠がないときに頭を踏むとダメージを与えられる。ある程度ダメージを与えると倒れるが、これは死んだふりである(そのとき、偽のスタッフロールが流れる)。それが終わると起き上がってから再び攻撃を仕掛けてくる。GBでは、踏むタイミング次第で、王冠が戻ってくるまで何度も踏むことが出来る。マリオシリーズで言う、クッパのような存在。ちなみに、GB版のグラフィックはSFC版に比べて小さい。
他のシリーズに兄弟が存在し、兄のキャプテンクルール(SDK2)、弟のクランジー(DK64)がいる。SDK3に登場するバロンクルールとの関係性は不明。

通常の敵編集

地上編集
ノーティ
ビーバー。見かけは大きなネズミにも見える動物。ノロノロ歩いており、クリッターよりも弱い敵である。緑色のものは地面を歩いているだけで、赤茶色のものは遺跡でドーナツ状の大きな石を車輪のように回している。回しながら一定の区間を往復するタイプと、ドンキーたちを追いかけるタイプがいる。赤茶色のものは倒せないが、石はローリングアタックで無傷ですり抜けられる。巨大化したものはボスキャラになっている。
アーミー
アルマジロ。近づくと丸まって転がり攻撃をしてくる。転がっているときはドンキーなら一度踏めば倒せるが、ディディーでは丸まりを解くだけである(『スーパードンキーコングGB』ではディディーだと踏みつけ・ローリングアタックのどちらでも二度攻撃しないと倒せない)。何もしていないときは普通に倒せる。
スリッパー
。狭い隙間も入れる。踏んだりローリングアタックで倒せる(『スーパードンキーコングGB』ではロープを利用して落下してくる)。
マンキーコング
オランウータン。昔はコングファミリーだったが、クレムリン軍団に寝返った。タルを投げて攻撃してくる。タルはアニマルフレンドなら踏んで壊せる。同じ画面に2匹以上現れる事があることから、「マンキー」は種族名であると思われる。ドンキーコングなら一度の攻撃で倒せるが、ディディーコングの場合、攻撃するタイミングによって、一度の攻撃で倒せる場合と二度攻撃しないと倒せない場合がある。
空中編集
ジンガー
。空中を浮遊している。橙色は左右移動またはその場付近で静止、黄色は上下移動、緑色は半円を描きながら往復、ピンク色は同一円周上をグルグルと回る。背中にトゲがあるため普通に戦っても踏んでも倒せないが、タルなどのアイテムやアニマルフレンドで倒せる。なおドンキーコング2001では黄色のジンガーしか登場しない。
ネッキー
ハゲワシ。その場で留まるものと移動するものとがいる。足場代わりに使われることが多い。
地上にいてココナッツを投げてくるものもいる(『スーパードンキーコングGB』に出てくるのはこのタイプのみ)。3方向に投げるタイプと下に落とすタイプがいて、投げる間隔はステージによって違う。
ミニネッキー
その名の通り小型のネッキー。ココナッツを吐いて攻撃する。吐く間隔はステージによって違う。基本的にはその場から動かないが、後半のステージでは上下に移動するタイプもいる。
フライングピッグ
『スーパードンキーコングGB』に登場。背中に羽の生えたで、空中を飛び回る。
水中編集
バイトサイズ
ピラニア。コングの動きに関係無く一方向に泳ぎ続ける。
クロクトパス
タコ。回転しながら泳ぐ。紫色のものは近づくとサンゴの周りを回りだし、青色のものは待ち伏せしていて、コングが通り過ぎると追ってくる。エンガードでも倒せない。
チョンプス
サメ。水中を泳いでいるだけ。『スーパードンキーコングGB』では、上下に大きく動くことがある。
チョンプスJr.
小型のチョンプス。特定の場所を往復している。
クランボー
二枚貝真珠を飛ばして攻撃してくる。真珠の数は場所によって異なる。この敵も倒せない。
なお、『スーパードンキーコングGB』に出てくるクランボーはただ貝殻を閉じたり開いたりしてくるだけである。
スクイッジ
イカのような見た目だが、実はクラゲ。ジグザグに泳いでコングたちに近寄ってくる。
フラッハー
『スーパードンキーコングGB』に登場。二枚貝。水中で待ち伏せており、コングが近づくと、急降下した後にゆっくりと元の高さまで上昇、を繰り返す。
ノーチラス
『スーパードンキーコングGB』に登場。オウムガイ。普段は殻の中でじっとしており、コングたちに出会うとしつこく追ってくる。反応させてから引き返すと動きが止まる事がある。
ファングフィッシュ
『スーパードンキーコングGB』に登場。体の大きな魚でゆっくり海中を泳いでいる。時折上下に大きく動くことがある。
グループ
『スーパードンキーコングGB』に登場。三角形の魚。その名の通り群れでいることが多い。
その他編集
ドラム缶
ドクロマークが描かれたドラム缶。中から無限に敵を出してくる。1つの缶からは1種類の敵しか出さない。缶には触れても大丈夫。TNTバレル等で破壊可能。
『スーパードンキーコングGB』に登場。ドラム缶とほとんど同じだが、中には転がってくるものもある。転がってきた場合、回転中は触れるとミス。壁にぶつかると回転が停止して、敵を出すようになる。
石油缶
「OIL」と表記されている石油の入ったドラム缶。缶の上から常に火が出ているものと、一定時間ごとに火が点いたり消えたりするものとがある。缶の横には触れても問題ないが、火が点いている時に乗るとダメージを受ける。一部TNTバレルで破壊できるものがある。
スピナー
トゲ付きのタイヤ。常に回転している。その場に止まっているものと、決まった場所を往復しているものとがある。障害物ゆえ、倒せない。水中ステージにも陸上のステージにも現れる。
トルネード
『スーパードンキーコングGB』に登場。竜巻状で、上から乗ると高くジャンプできるが、横から近づくとダメージを食らう。ローリングアタックで触れた場合は弾かれ、僅かな時間だけ無敵になる。

アイテム編集

タル編集

普通のタル
何の変哲も無い、ただのタル。投げて攻撃する。投げると転がっていく物と、転がらずにすぐ壊れてしまう物があり、やや外見が違う。『スーパードンキーコングGB』では全て転がらずにすぐ壊れる。
DKバレル
パートナーのコングがやられた場合、やられたほうがこのタルの中に閉じ込められている。空中に浮いているものは中が空っぽでも触れると壊れる。「DK」の文字のマークが付いている。もしもパートナーがいない状態でボス戦に入ると必ずこれが出現し、コースに入った直後に強制的に壊してパートナーを加える(『スーパードンキーコングGB』ではこの描写は無いが、パートナーは自動的に加えられている)。
TNTバレル
TNTと書かれているタル。投げて何かに当たるか、いったん持って再度置くと爆発する。コングが爆発に巻き込まれることは無い。
タル大砲
入ると遠くまで飛んでいけるタル。入るとすぐに発射される自動式のものと、ボタンを押して発射する手動式のものが有る。手動式には、一定の向きで動かないタイプ、向きを保ったまま上下左右に動くタイプ、その場で回転するタイプ、回転しながら動くタイプの4種類が存在する。
自動式のものは爆発マークが描かれており、ボーナスステージに行けるものもある。手動式のものは何も描かれていない。
コンティニューバレル
無数の星が描かれているタル。このタルを壊しておくと、ミスしてしまってもここからやり直せる。壊すとキラキラと光る物体が飛び出す。『スーパードンキーコングGB』ではタルではなく外見がパネルになっている(コンティニュー・ポイント)。
セーブバレル
キャンディーコングの小屋にあり、入るとゲームデータをセーブ出来る。コンティニューバレルと同じデザイン。
ストップ・ゴーバレル
「GO」と「STOP」の文字が書かれているタル。触れるとロッククロックを石にさせる(STOPさせる)ことができる。ストップにしてから少し経つとGOになる。
オン・オフバレル
真っ暗な廃坑の照明を点ける(オンにする)ことができる。オンにしても少し経つとオフになる。
ワープバレル
SFC版は、一定のコースにある。GBA版は、ステージ2までのコースと「トリックトラックリフト」にある。隠し表示なので探すのに苦労することもある。中にはタルではないがワープバレルと同じ役割をもつ入口も存在する。
ボムバレル
『スーパードンキーコングGB』に登場。黒い爆弾が上に乗っているタル。但し武器として使ったり、トラップになっているわけではない。このタル自体を手に入れることが可能で、これを置いてあるステージでは取らないとゴールに入れない。マップ上の通路を塞ぐ岩をこれを使って破壊できる。一度手に入れた後も、再度同じコースで手に入れることが出来る。

タンク編集

鋼鉄製タンク
タルと同じように投げて使用するが、投げても壊れず、壁に当たると跳ね返る。跳ね返って転がってきたタンクの上に乗る事も出来、タンクに乗っているときは無敵である。
燃料タンク
トリックトラックリフトの燃料を増やすタンク。燃料タンクに描かれている赤丸の数(1・3・5個のいずれか)は、増える燃料の数を表している。

乗り物編集

コース中編集

トロッコ
洞窟の炭鉱にある。乗り込むと自動的に前へ進んでいく。このとき、プレイヤーが取れる行動はジャンプのみ。ジャンプ時の挙動が
  • トロッコごとジャンプする。
  • トロッコとは別にコングのみがジャンプ
の2種類ある。前者のタイプは敵を踏むことができない。
クラッシュが乗っていたり、レール上で横転しているものもある。
エレベーター
工場の近くの洞窟で動いている。リフトの様な簡素な作りで、石炭を満載している。
一見、工場に石炭を運んでいるように見えるが、上から来るのも下から来るのも石炭を積んでいて、降ろされている形跡が無いので別の目的に使われているのかもしれない。
トリックトラックリフト
ベルトコンベアーの様なリフトで、一度上に乗ると自動的に終点までレールに沿って移動していく。
闇の入り江に登場するものは、燃料を補給し続けないと落下してしまう。
燃料式のはリフトが最後までたどり着かないうちに燃料切れで落下した場合、足場にいても(置き去りにされて先に進めなくなった場合)1ミスとなる。
『スーパードンキーコングGB』ではリフトの幅が非常に狭い。空中迷路に登場するものは矢印が描かれており、リフトの上でジャンプすると移動する向きを変えることが出来る。

ファンキーコングのレンタル編集

ファンキーバレル
島中の行った事のある場所ならどこでもいける。旅客機にタルをはめ込んだデザインをしている。

足場となるもの編集

タイヤ
踏むと大きくジャンプできる。地面に半分埋まっていたり宙に浮いていたり転がして持ち運ぶものとがある。
ステップ
薄い板状のもの。矢印が描いてあり、乗ると矢印の方向に動く。規定の場所に来ると落ちていく。何故か敵やアイテムが乗っていても動かない。

その他編集

バナナ
100本集めれば1UPする。1本の物と、5、10本組のものがある。10本組はハンドスラップでよく出る。GBC版『ドンキーコング2001』では緑色のものの近くにシールが埋まっていて、ハンドスラップで出して取るとスクラップブックに写真が追加され、周辺機器のポケットプリンタで印刷もできる。
K・O・N・G パネル
4種類、それぞれの文字のパネルが、同じコース1枚ずつあり、それをすべて揃えれば1UP。ほかのコースに持ち越しすることはできない。『スーパードンキーコングGB』では1UPはしないが、全て揃えてからゴールするとセーブが可能になるという非常に重要なアイテムとなっている。
ライフバルーン
ドンキーの顔をかたどった風船。赤が1UP、緑が2UP、青が3UPで、この順に出現度が下がる。その場で静止しているタイプと、早く取らないと上へ飛んでいってしまい、取れなくなるタイプがある。ボーナスステージの景品は全て前者のタイプ。『スーパードンキーコングGB』では画面が白黒なので登場するバルーンは1UPのみとなっている。
アニマルコンテナ
アニマルフレンドが中にいる箱。踏みつけなどで攻撃すると壊すことができ、箱の絵に描いてあったアニマルフレンドに乗ることができる。スコークスの場合はコンテナを壊したと同時に独自に動き出す。
トークン
アニマルフレンドの形をしている黄金色の物体。ほかのコースに持ち越せる。3つ取るとそのアニマルフレンドがミニトークンを制限時間内にたくさん集めるボーナスステージが始まる。この中では100個集めるごとに1UPする。終わるとステージの初めかコンテニューバレル(ボーナスステージは除く)まで戻される。
タイトル画面の前のシーンで隠しコマンドを入力すると、ひたすらボーナスステージをプレイし続けるモードに突入する。もしも一度クリアしたことのあるステージでゲームオーバーになった場合、その直後にこのモードに突入すると、このモードの専用ステージから通常通りポーズ中にセレクトボタンを押すことで、ゲームオーバーになったステージから再開することが出来る。
ビックトークン
トークンボーナスステージに出る特殊なアイテム。取ると持っているミニトークンの数が倍になる。
コングトークン
『スーパードンキーコングGB』のアイテムで、コングの顔の刻まれたコイン。あるボーナスゲームで、コインの数だけ1UPチャンスがある。
ゴール
『スーパードンキーコングGB』のコースにあるゴール地点で、渦巻きの模様が書かれているパネル。ここに飛び込むとステージクリアとなり、KONGパネルを揃えているならば直後にセーブが出来る。通常はステージの終点にあることが殆どだが、意外な場所にもう一つゴールのあるステージも中には存在する。
『スーパードンキーコングGB』のみに登場。足場になるが、一度乗ると崩れてしまう。
カメラ
GBA版に登場。おもに敵キャラクターなどの上にあり、その敵キャラを倒すとスクラップブックに写真が追加される。写真の場所はクランキーがヒントを教えてくれる。
達成率
ステージクリア、ステージ内のボーナスステージクリアで増えていき、101%を達成するのが目的(『スーパードンキーコングGB』では100%まで)。ボーナスステージを全て見つけた場合にはステージ名に「!」がつく(『スーパードンキーコングGB』ではマップ上のステージがあるポイントに「!」がつく)。GBA版ではKONGパネルとスクラップブックも対象になっている。

使用されているBGM 編集

作曲担当は主にデビッド・ワイズイーヴリン・フィッシャーである。

ステージBGM(ワイズ作曲)
Donkey Kong Island Swing (ジャングル)
Aquatic Ambience (海中)
Mine Cart Madness (マインカートコースター専用)
Misty Menace (廃坑)
Fear Factory (工場)
Cave Dweller Concert (洞窟)
Life in Mines (鉱山)
Gang Plank Galleon(キングクルール専用)
ステージBGM(フィッシャー作曲)
Voice of the Temple (遺跡)
Treetop Rock(木の隠れ家)
Northern Hemispheres (雪山)
Forest Frenzy (森)
Ice Cave Chant (洞窟C…クリスタルの洞窟のみ)

テンプレート:節stub

スタッフ 編集

変更点 (GBAリメイク版) 編集

リメイク版ではいくつか変更された箇所がある。

  • ドンキーとディディー両方がいるとき、空中のDKバレルは壊れなくなった。
  • KONGパネルが一回り大きくなり回転している。
  • ライフアップバルーンが浮き上がるスピードが速くなった。ただしスピードが遅い赤バルーンを除く。また、バルーンを取ったときの効果音も変わった。
  • 鋼鉄製タンクの上に乗っているとき、地面に埋まっているアイテムが出てこなくなった。
  • 「ロープジャングル」の背景が変更された。(SFC版では、雷が鳴るたびに背景が白く光った。GBA版では背景が白く雷は効果音のみとされている。)
  • 敵の声が変わっている。
  • ディディーの声が変わった。(後に発売されたスーパードンキーコング2の声と同じもの)
  • ステージをゴールしたキャラの顔アイコンを変えることが出来るようになった。
  • マンキーコングはどのタイミングで攻撃しても1度の攻撃で倒せる。
  • 「ノーティのいせき2」と「クランボーのうみ」の位置が変わった。
  • クラップトラップは、背後からのローリングアタックが有効になった。
  • ロッククロックは、ローリングアタックをしてもダメージを受けるようになった。
  • ボーナスステージに行くことのできるタル大砲には「B」の文字が入り、シリーズ他作品と統一された。
  • ボーナスステージに入る前に内容が表示されるようになった。
  • ショートカットをするとショートカット専用のコースが追加された。
  • トークンボーナスステージの変更点
    • ボーナスステージ内でトークンボーナスステージが始まると、スタートかコンティニューバレルまで戻るようになった。
    • タイムの減少が1つに統一された。
  • 日本版はポーズ中に背景に地図が映っていたが、海外版では地図が無くなった。
  • 日本版はポーズ中にPAUSEと表示していたが、海外版ではPAUSEDとなった(なお、日本版では、続編でもポーズ中にPAUSEDと表示されていて、背景に地図が映っていない)。

脚注 編集

  1. テンプレート:Cite web
  2. 小学館『ワンダーライフスペシャル スーパードンキーコング 任天堂公式ガイドブック』より
  3. このエクスプレッソを仲間にしないと、もう一つのボーナスステージに入ることは出来ないので注意。
  4. 当ステージではジンガーが大量に生息しているので、ここで仲間にしておいて損は無い

外部リンク編集

be:Donkey Kong Country

ca:Donkey Kong Countryko:동키콩 컨트리 nl:Donkey Kong Countrypt:Donkey Kong Countrysimple:Donkey Kong Country sv:Donkey Kong Country uk:Donkey Kong Country

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki