FANDOM


スーパーキノコは、任天堂ゲームソフト、「マリオシリーズ」に登場する架空のキノコである。

特徴 編集

マリオシリーズを代表するアイテム。赤く巨大な傘に白い斑点、白色の太くて短い柄と柄の中心部についた目が特徴的である。基本的な効果はマリオの体が約2倍の大きさになる、いわゆるスーパーマリオに変身するというものである。

初登場した『スーパーマリオブラザーズ』では、マリオの体が小さい時(チビマリオ時)に特定のはてなブロックを叩くと現れる。とることで体が2倍の大きさになり、レンガブロックを壊せるようになる。また、スーパーキノコを取った状態でダメージを受けてもミスにならず、元の小さいマリオに戻る。スーパーマリオの状態ではスーパーキノコが出るはずのブロックを叩いてもファイアフラワーしか出て来ないが、後のシリーズでは例外がある。例えば『スーパーマリオワールド』ではマリオの状態に関わらずきいろブロックを叩くと現れたり、『Newスーパーマリオブラザーズ』では連続でコインが出てくるブロックを多く叩くと、最後にスーパーキノコが出てくる。

なお、RPGシリーズでは回復アイテムの扱いだった。「スーパーマリオ64DS」では、取ると体が一定時間巨大化し無敵になり、障害物を壊せるようになる。8回壊すとそれ以上は壊すたびに1upとなる。これはルイージワリオヨッシーでも使用できる。「マリオカート」では使用するとカートが加速する効果がある。マリオカート64及びマリオカートDSでは「パワフルキノコ」という一定時間カートの加速がし放題になる金色のキノコがある。

ピクミン2』では、初代のスーパーキノコを彷彿とさせる茸が「お宝」として登場。そして「お宝一覧」でも主人公のキャプテン・オリマーが「これは食べると体が約2倍の大きさになる成分が入っているようだ。」と語っている。

容姿の変化 編集

  • 一作目に登場したスーパーキノコは、ゲーム内では橙色の傘に赤い斑点、そして柄の中心部には顔がないなど茸そのものであった(パッケージイラストでは顔も描かれていた)。しかし、『スーパーマリオブラザーズ2』からイラスト同様の目が付き、『スーパーマリオブラザーズ3』から現在の独特の姿になったが、白い傘に赤い斑点(キノピオの頭部と同色)と、現在と違う色をしていた。赤い傘に白い斑点という現在の姿になったのは『スーパーマリオワールド』からである。
  • ワリオスーパーキノコを食べ過ぎた際、数週間の間、体や排泄物に赤い斑点が出て、スーパーキノコのような柄になったらしい。本人は「あと100本食べていたらキノピオになってしまうところだった」と話している。

その他 編集

  • マリオの好物ではあるが、ニンニク好きなワリオの口にはあまり合わないようだ。しかし「スーパーマリオ64DS」ではスーパーキノコをワリオでも問題なく使うことができる。(スーパーキノコの食べすぎで体を壊した過去を持っている[1])。
  • スーパーキノコと同じ形だが、1UPキノコなど色の違うキノコも存在する。それぞれ効果も違っている。
  • スーパーキノコのモチーフは不思議の国のアリスに登場するキノコからと宮本茂が海外でのインタビューに答えている[2]

注釈 編集

  1. ワリオ様の部屋~ワリオ様からの回答その3
  2. http://gamez.itmedia.co.jp/games/articles/1003/10/news089.html 日々是遊戯: あなたが知らない(かもしれない)、マリオの恐るべき秘密10選 ITmedia Gamez

関連項目 編集

ar:سوبر ماريو

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki