FANDOM


マリオシリーズ > キャラクター > オヤ・マー博士

オヤ・マー博士(オヤ・マーはかせ、Professor E. Gadd)は、任天堂が発売したコンピュータゲームソフトのシリーズ、マリオシリーズに出てくる架空の人物。

概要 編集

オバケの研究と同時に様々なハイテク製品の開発を行っている、謎めいた雰囲気をもつ博士。牛乳瓶の底のような眼鏡と独特の髪型がトレードマーク。左利き。

さまざまな発明品を作り出してルイージとマリオの冒険の手助けをする。

声優戸高一生

テンプレート:ネタバレ

歴史 編集

ルイージマンション』で初登場。長年ルイージマンションのある森に住み、オバケの研究を続けている。ゲームのオープニングシーンでオバケに襲われていたルイージを救出し、マリオを探すための協力者としてルイージにオバキュームとゲームボーイ・ホラーを提供した。

その後、『スーパーマリオサンシャイン』に(名前だけ)登場した。ポンプとマジックブラシを開発したとされ、ゲームのオープニングシーンでポンプが「このたびは、オヤ・マー・サイエンス社の商品をお買い上げ頂き、誠にありがとうございます」と話していることから、オヤ・マー博士は自身の会社をもち、驚くべき機能をもった製品を開発・研究していることが予想される。厳密にはマジックブラシはオヤ・マー博士の発明品であるという明確な記述がないが、マジックブラシを所有するクッパJrが、マジックブラシは「白い服の変なおじさんからもらった」と言ったこと、またマジックブラシやポンプの一部分にオヤ・マー・サイエンス社の社章らしきイラストがあったことから、オヤ・マー博士が開発したものと考えることができる。

マリオ&ルイージRPG』では、マメーリア王国にある城下町でスタービーンズカフェというカフェを経営しており、集めたマメでブレンドを作る度にカフェに出没し、冒険に役立つ様々な発明品をマリオとルイージに与えた。最後には、ゲームボーイ・ホラーSPが貰える。

また、『マリオパーティ6』にもボードマップ「トラップファクトリー」と、レアミニゲーム『めいろファクトリー』の迷路の設計者として登場し、ルイージでプレイした場合、「久しぶりじゃのう」とセリフが変わったりする小ネタも用意されていた。

マリオパーティ アドバンス』でもパーティグッズを開発するなどし、登場を果たした。

マリオ&ルイージRPG2』では事件の元凶ともいえるタイムマシンを発明した。マリオとルイージにアドバイスを送ったり、巨大ポンプを開発した。ストーリー上でも重要な位置付けのキャラクターである。ちなみに作中で、オヤ・マー博士が過去にキノコ王国のドッスン・ボルケーノで独自にひっそりと研究を行っていたことが発覚し、また『ルイージマンション』の舞台が、テレサの森という地名だったことも判明する。

主な発明品 編集

オバキューム
主にオバケを吸い込む。火・水・冷気を噴出することも可能。ちなみに人間を吸い込むことも可能である。
オバケ絵になるマシーン
オバキュームで吸い込んだおばけを絵画にする装置。逆もできる。
ゲームボーイ・ホラー
スキャンや周辺見取図の表示、通信などができるポータブル機械。外観はゲームボーイカラーに似ている。
タイムマシン
時間を行き来するもの。『マリオ&ルイージRPG2』に登場した。最初はコバルトスターの力で動くものだったが、エンディングで、タイムホールのエネルギーで動くように改良した。
ポンプ
スーパーマリオサンシャイン』で初登場。背負って使用するもので、ノズル変更で滞空したり高速で泳いだりできる。話すこともできる。『マリオ&ルイージRPG2』では火山の噴火を止めるだけでなく、キノコ王国全域に水をかけられるほどの強力なポンプも登場したが、こちらは話すことができるかは不明。
マジックブラシ
のようなもので、これで描いたものは実体化する。これをもらったクッパJrは、オヤ・マー博士のことを「白い服のへんなオジサン」と言っていた。

他にも、ワープ装置・エンジンなども発明している。

テンプレート:ネタバレ終了

登場作品 編集

テンプレート:Video-game-stubnl:Professor E. Gadd pt:Professor E. Gadd

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki