FANDOM


イギー (Iggy Koopa) は、任天堂が発売したコンピュータゲームソフトのシリーズ、マリオシリーズに出てくる架空のキャラクター。クッパの子供、コクッパ7人衆の一人。

概要 編集

レインボー(『New スーパーマリオブラザーズ Wii』では)のモヒカンに4本の、青い甲羅が特徴。外見はレミーに似ているが、大きい眼鏡をかけており、の焦点も合っている。また、他のコクッパと比較するとやや痩せ型。眼鏡をかけてるので、漫画等ではインテリのイメージがあるが、実際には「ウキャキャキャキャ!」と言ったり、マリオ達に向かって尻を叩く等、挑発的な態度をとる。また、戦闘力が高くないので、体力が無いイメージもあるが、マリオ&ルイージRPGでは、レミー・ウェンディラリーより体力がある。

スーパーマリオブラザーズ3』(1988年)で初登場。ワールド4、巨大の国の王様怪獣(SFC版・GBA版では、ドンキーコングJr.)に変えていた。マリオとの対決の時は、今までの3人と違い、踏んで復活後にフェイントでジャンプを仕掛けて来る。しかし、ウェンディと違い、特別な技を繰り出すわけでもなく、対して強敵ではない。『スーパーマリオワールド』(1990年)では、ワールド1「ヨースター島」のボス。溶岩に浮いていて傾く島で対決する。時々、頭を引っ込めて火の玉を繰り出してくる。マリオがイギーを踏むと島が傾き、溶岩に落とせば勝ち。イギーは何度も踏んでも倒れない。

久しぶりに登場する『マリオ&ルイージRPG』(2003年)では、クッパ城の中ボスで、コクッパの1番手として登場。コクッパ7人衆は、戦う前にミニゲームを行う。イギーは、マリオとルイージを目回しにさせ、操作をめちゃくちゃにさせてしまう。イギーは、ジャンプして目回しになったマリオとルイージを待つ。火の玉を避けイギーに触れたら、戦闘開始。技は炎攻撃と回転攻撃。回転攻撃は、最初にマリオとルイージの回りを何回か回転して、目回しにさせる。

NewスーパーマリオブラザーズWii』(2009年)では、イギーのヘアーが緑色に変更されている。W5の砦と城のボス。砦の時は、動く3つの足場がある。城の時は、ワンワンカメックの魔法で巨大化している)を連れている。イギーを攻撃すると、ワンワンが赤くなり、怒ったようになる。しばらくしてイギーが起き上がると元に戻る。イギー自身も杖で攻撃してくる。なお、攻撃する時は正確に頭を踏む必要があり、手のあたりを踏むと、逆にマリオがダメージを受ける。

米アニメでは、Hop Koopa(ホップ・クッパ)の名で登場。Hip Koopa(レミー)とは双子で、コクッパ兄弟の中では下のほうである。

スーパーマリオ 魔界帝国の女神』ではコクッパの中で唯一登場した。但し、クッパの部下スパイク(ガボン)とは従兄弟という設定。フィッシャー・スティーヴンスが演じた。  

登場作品 編集

テンプレート:Video-game-stub

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki